Exchange Server の状態管理のワーカー プロセスは、Exchange Server 2013年で頻繁に再起動します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3142157
現象
Exchange Server の状態管理のワーカー プロセスは、Microsoft Exchange Server 2013年環境で頻繁に再起動します。この問題は、追加または上書きを追加 servermonitoringoverrideコマンドレットを使用して、監視サーバーを変更した後に発生します。

この状況では、5 分ごとのように頻繁に報告された次のイベントを確認できます。

ログ名: アプリケーション
ソース: MSExchangeHM
日付: & の日時
イベント ID: 1010年
タスク カテゴリ: 作業者
レベル: 情報
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: コンピューター
説明:
Microsoft Exchange の稼働状態マネージャーの作業者は、(8808) の受信の再起動要求を処理し、停止します。再起動の理由: メンテナンスします。

メンテナンスの結果: OverrideEndpointMaintenance。


ログ名: システム
ソース: マイクロソフトの Windows のイベント ログ
日付: & の日時
イベント ID: 104
タスク カテゴリ: ログの消去
レベル: 情報
キーワード:
ユーザー: システム
コンピューター: コンピューター
説明:
Microsoft Exchange-ActiveMonitoring/MonitorDefinition のログ ファイルが消去されました。


イベント ログにこれらのイベント アイテムを確認することによってこれらの現象が発生するかどうかを指定できます。またからの出力を確認することによってこれらのイベントを確認しますGet Servermonitoringoverrideサーバー名> | fl * 名前 * 時間次の条件のコマンドレット:

  • ExpirationTime値では、月/MM/日の日付の形式以外の usessomething をオーバーライドします。たとえば、値は、aMM/月/日形式を使用します。
  • 日付値 (DD) は、12(月の 12 日間) を超えています。
原因
この問題は、上書きの監視サーバーが追加され、米国以外の地域の設定を使用するサーバーが構成されている場合に発生します。これにより、年/月/日形式に準拠しない日付形式で表示します。

このシナリオでは (たとえば、月/MM/日)、ローカライズされた日付の形式を使用して、上書きの有効期限が設定されます。場合は有効期限の日付は、可用性の管理システム can'tevaluate の有効期限 datecorrectly 月 12 日より後の日付になります。

オーバーライドの監視サーバーが 12 より大きい値の日付に作成し、期間パラメーターはありませんが、この問題に発生するもことができます ' 指定します。このシナリオでは、作成日から 1 年間有効期限を持つオーバーライドを監視するサーバーを作成します。
解決方法
この問題を解決するのには次のようにインストールします。 累積的な更新 13 Exchange Server 2013年またはそれ以降の Exchange Server 2013年の累積的な更新.

注:
  • 更新プログラムを適用すると、オーバーライドを監視する任意の新しいサーバーで日付の形式は、alignwith グローバル監視オーバーライドするために現象が発生しません。
  • 更新プログラムを適用した後、既存のサーバーの監視が残っている、ExpirationTime値の日付の形式で上書きこのような asDD/MM/日と日付の値が12を超える再作成しなければなりません。
回避策
この問題を回避するには、anincorrect ExpirationTime値の上書きが12を超える日付の値を監視する任意のサーバーを削除します。

オーバーライドを再作成し、使用、-期間パラメーターに有効期限の日付が月の 12 日より前に発生するかどうかを確認します。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3142157 - 最終更新日: 07/14/2016 11:11:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise

  • kbsurveynew kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt KB3142157 KbMtja
フィードバック