削除の数が Office 365 専用/ITAR (vNext) で Azure AD で構成されている削除のしきい値を超えています

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3142856
現象
Microsoft Azure Active Directory 接続 (AAD 接続) または Azure Active ディレクトリ同期 (AAD の同期) では、Microsoft Office 365 専用/ITAR、Azure AD でオブジェクトの削除の数が構成されている削除しきい値を超えています、電子メール通知が表示されます。
原因
この問題は、保留中の削除は、AAD の接続または AAD の同期で構成されている削除のしきい値を outnumbered がある場合に発生します。
解決方法
多くの削除が保留中であると、意図していることを確認したら、偶発的な削除を防ぐためのしきい値を増やすか、または、承認された範囲内で削除の数になるまで、一時的にこの機能を無効にします。

AAD で次のように接続します。

既定の削除のしきい値は、500 オブジェクトです。このしきい値は、多くの偶発的な削除から保護するために確立されます。

しきい値機能を一時的に無効にするには、次の手順を実行します。

  1. 現在の削除のしきい値の設定に注意してください。
  2. AAD の接続のサーバー上で Windows PowerShell を開きます。
  3. 次のコマンドを実行します。

    Import-Module ADSync
  4. 機能を無効にするには、次のコマンドを実行します。

    Disable-ADSyncExportDeletionThreshold
  5. 機能を無効にする必要がありますようになりましたし、削除を再開する必要があります。
  6. この機能を再度有効に、次のコマンドを実行します。

    Enable-ADSyncExportDeletionThreshold
    注: <b> この処理中に、しきい値の値を指定する必要があります。以前の値をリセットするか、新しい値を設定します。

AAD の同期

既定では、この機能は無効になります。ように偶発的な削除を管理するには、以下の手順を実行します。

  1. AAD の同期サーバーで Windows PowerShell を開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。

    Import-Module DirSync
  3. 機能を無効にするには、次のコマンドを実行します。

    Set-PreventAccidentalDeletes -Disable
  4. 機能を無効にする必要がありますようになりましたし、削除を再開する必要があります。
  5. この機能を再度有効に、次のコマンドを実行します。

    Set-PreventAccidentalDeletes -Enable -ObjectDeletionThreshold <Integer>

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3142856 - 最終更新日: 03/01/2016 10:14:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB3142856 KbMtja
フィードバック