読み取り専用のユーザーが SharePoint でエクスプ ローラー ビューでファイルを削除することと思われる

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3143139
概要
エクスプ ローラー ビューでファイルを削除することができる読み取り専用の権限を持つ SharePoint ユーザーが表示されます。ただし、更新は、ファイルが実際に削除されていないことを示しています。
詳細
この現象は、現在の SharePoint 設計および関連するテクノロジの制限を反映しています。ユーザーには、項目を削除するのには十分なアクセス許可がないし、ユーザーはファイルを削除しようとしていますが成功するため一時的にアクションが表示されます。ただし、そのまま使用し、削除されていないファイルが残ります。

WebDAV を使用すると、ユーザーがファイルを削除する権限を持っているかどうかをオペレーティング システムが検出積極的にできません。削除の試行が行われると、ユーザーが必要なアクセス許可を持っていない場合、削除が失敗します。ただし、エクスプ ローラー ビューでは、UI からアイテムを削除する前に完了するのには削除要求を待機しません。アイテムがこのシナリオでは実際に削除されていないため、画面の更新は、アイテムを再び表示されます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3143139 - 最終更新日: 02/22/2016 22:58:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office SharePoint Server, Microsoft Office SharePoint Server 2007, Microsoft SharePoint Server 2010, Microsoft SharePoint Server 2013, Microsoft Office SharePoint Online

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3143139 KbMtja
フィードバック