クラウド プラットフォーム システム プレミアムの 1603年を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3143326
概要
1603 は、クラウド プラットフォーム システム (CPS) 1.0 のプレミアムには、Windows Server 2012 R2、Microsoft システム センター 2012 R2 および Windows Azure のパックの更新プログラムが含まれて ために更新します。1603 の更新には、更新プログラムを実行する前に、タイムスタンプのチェックを実行することを可能にする機能も含まれています。更新プログラムの一覧では、この資料の末尾に含まれています。さらに、新しい機能を使用すると、更新プログラムが正常にインストールされているかどうかを確認するのには、コンプライアンスのスキャンを実行できます。

注: <b>この更新プログラム パッケージには、ドライバー、構成の更新だけでなく、ファームウェアの更新プログラムが含まれています。
詳細
CPS プレミアム 1.0 2.3 更新プログラムをインストールするのには以下の手順を実行します。この更新手順では、2.0 の更新が既にインストールされていると仮定しています。

手順 1: パッケージを準備します。

アカウント ・ チームによって提供されている CPS 管理者ガイド 』 の「更新プログラムの適用環境を準備する」セクション手順に従います。

重要: 更新プロセスは開始されません。代わりに、手順 2 で、チェックを実行します。

手順 2: の稼働状況チェックを実行し、問題を解決

CPS プレミアム管理者ガイド 』 の「コンピューターの更新」セクションで、ステップ 1 を完了します:「稼働状態チェックを実行して、検出された問題を解決。これを確認し、実行中のバックアップ ジョブを無効にできるようにする新しい機能が含まれます。

1603 の更新プログラムをインストールする前に、手順 3: インストールの前提条件の VMM の修正プログラム

重要: 更新 2.1 またはそれ以降この手順に記載されている Virtual Machine Manager (VMM) 修正プログラムを必要とする、インストール済みの場合は、この手順を省略できます。更新 2 がインストールされている CPS の 1.0 のインストールを使用する場合は、この手順を完了する必要があります。

VMM 2012 R2 の秘密の修正プログラムを適用する方法

可用性の高い Rack_Prefix の HA-VMM のクラスター化されたロールには、2 つのノード: Rack_Prefix-VMM-01、02-Rack_Prefix-VMM。次の手順では、Node1 と Node2 としてこれらを参照してください。VMM 2012 R2 の修正プログラムを適用するには、次の手順を実行します。

  1. C:\HostModeHotfix など、コンソールのバーチャル マシン (VM) 上のフォルダーに HostMode_Hotfix.exe ファイルをコピーします。
  2. HostMode_Hotfix.exe ファイルをダブルクリックし、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を確認、 [はい] をクリックします。
  3. C:\HostModeHotfix など、展開されたファイルを格納するフォルダーを選択し、し、[ OK] をクリックします。
  4. VMM のパッシブ ノードを決定します。これを行うには、Windows PowerShell ISE のセッションを開くし、<Rack_Prefix-HA-VMM>が、スタンプのプレフィックスを次のスクリプトを実行します。
    </Rack_Prefix-HA-VMM>
    $VmmServerName = "Rack_Prefix-HA-VMM" $vmmServer = Get-SCVMMServer -ComputerName $VmmServerName $activeNode = $vmmServer.ActiveVMMNode $passiveNodes = @() $vmmServer.FailoverVMMNodes | ForEach- Object { if($.ToLower() -ne $activeNode.ToLower()){ $passiveNodes += $ } } $passiveNodes" $vmmServer = Get-SCVMMServer -ComputerName $VmmServerName $activeNode = $vmmServer.ActiveVMMNode $passiveNodes = @() $vmmServer.FailoverVMMNodes | ForEach- Object { if($.ToLower() -ne $activeNode.ToLower()){ $passiveNodes += $ } } $passiveNodes
    注: <b>このスクリプトでは、VMM のパッシブ ノードのサーバー名を返します。(この例では、仮定最初にパッシブ ノードがノード 2 である。)
  5. ファイル エクスプ ローラーで、パッシブ ノードの次のフォルダーを見つけます。
    \\Rack_Prefix-VMM-0#>\c$\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Virtual Machine Manager\bin 
  6. \Bin フォルダーに次のファイルのバックアップ コピーを作成します。

    • Engine.Common.dll
    • Utils.dll
  7. VMM コンソールでは、VMM のパッシブ ノードが実行されている (クラスター内のホストの管理) を決定します。
  8. HYPER-V マネージャーを開き、手順 4 で特定した管理クラスター ホストへの接続し、VMM のパッシブ ノードに接続します。
  9. VMM のノードで、次のように入力します。 powershell 、昇格した特権の Windows PowerShell セッションを開き、次のコマンドを実行しています。

    Stop-Service SCVMMService Stop-Service SCVMMAgent
  10. サービスが停止していることを確認します。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    Get-Service SCVMMService Get-Service SCVMMAgent
    それぞれの状態が停止であることを確認します。

    注: <b>システム センター管理サービスのホスト プロセスを終了するメッセージが表示されたら、[無視] をクリックします。
  11. VM では、コンソール、パッシブ ノードの次のフォルダーを見つけます。
    \\Rack_Prefix-VMM-0#>\c$\Program Files\Microsoft システム センター 2012 R2\Virtual マシン Manager\bin
  12. \Bin フォルダーには、修正プログラム パッケージから抽出したファイルの新しいバージョンを使用して以下のファイルを置き換えます。

    • Engine.Common.dll
    • Utils.dll
  13. VMM のパッシブ ノード上のサービスを開始するのには次のコマンドを実行します。
    Start-Service SCVMMAgent
    注: <b>SCVMMService サービスでは、VMM サーバーのパッシブ ノードがアクティブでない場合は起動しません。SCVMMService では、ノードがアクティブ ノードになったときにのみを開始します。この動作は仕様です。
  14. フェールオーバー クラスター マネージャーでは、フェイル オーバーを開始します。Node2 (これは既に更新されています)、新しいパッシブ ノード Node1 は、このアクティブ ノードです。
  15. フェールオーバー クラスター マネージャーを開き、-CL VMM のクラスターに接続します。
  16. [ロール] をクリックします。

    注: <b>ロールウィンドウには、所有者のノード列で、アクティブなノードが表示されます。
  17. アクティブ ノードを右クリックしポイントを移動するにして、ノードの選択] をクリックします。
  18. 他のノードを選択し、新しいアクティブ ノードの状態が変更を実行するかどうかを確認します。数秒をかかります。
  19. (この例では、ノード 1) では新しいパッシブ ノード上の VMM のファイルを更新するには、7 ~ 13 の手順に従います。

更新プログラムを元に戻す方法

(必要な場合)、更新プログラムのインストールを元に戻すには、次の手順に従います。

  1. VMM のパッシブ ノードで、SCVMMService サービスを停止および SCVMMAgent サービスを停止します。
  2. バックアップ ファイルを使用して、Virtual Machine Manager のインストール フォルダー内のファイルを交換してください。
  3. SCVMMAgent サービスを開始します。
  4. SCVMMService サービスを開始します。
  5. フェールオーバー クラスター マネージャーでのフェイル オーバーを開始する-高可用性-VMM のクラスター化された役割。
  6. 新しいパッシブ ノードに手順 1 ~ 4 を繰り返します。

P & U ステップ 4: 実行するパッケージを更新します。

CPS 管理者ガイド 』 の「コンピューターの更新」セクション次の」手順 2: P & U の更新プログラム パッケージを適用」と「手順 3: 後のクリーンアップを更新」1603 の更新を適用します。

注: <b>1603 の更新、マイクロソフトの修正プログラム、およびフレームワークの更新 (P & U) での起動を自動的に更新プロセスの一部として稼働状態チェックを実行します。オペレーション ・ マネージャーの重要な警告が検出された場合の動作を制御できます。これを行うには、 – ScomAlertActionパラメーターの値を変更します。詳細については管理者ガイドを参照してください。

更新プログラムのインストールが完了した後は、DPM エージェントを無効にした場合、以前 (『 管理者ガイド 』 で説明します) を有効にするのに注意してください。

オプション対応スキャンを実行する手順 5。

対応スキャンを実行するには、次のフラグを渡します。
\\SU1_InfrastructureShare1<CPSPU Folder Name>\Framework\PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 -PUCredential $cred -ComplianceScanOnly
注: <b>コンプライアンスのスキャンの出力は、更新プログラム パッケージの展開先の場所に書き込まれます。スキャンが「PURoot"\MissingUpdates.json にどのように書き込まれるなど。

手順 6: ネットワーク スイッチのファームウェアを更新します。

重要: 1603 の更新のスイッチのファームウェアを更新する必要がある 2014年ハードウェア (S4810 と S55 スイッチ) を使用して CPS プレミアムを実行したユーザーのみです。

ネットワーク スイッチのファームウェアを更新するには、プレミアムの CPS 管理者ガイドの「ネットワーク スイッチ ファームウェアをアップデートする」セクションで、手順を実行します。

F5 キーを押してロード バランサー機器のファームウェアを更新する手順 7。

ネットワーク スイッチのファームウェアを更新するには、CPS プレミアム管理者ガイド 』 の「更新 f5 キーを押してロード バランサーのファームウェア」セクション手順を実行します。

Windows Server 2012 R2 の更新プログラム


アプリケーションは、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 R2 のファイルを読み取るときに、"STATUS_CONNECTION_RESET"エラー https://support.microsoft.com/en-us/kb/3076950

MS15-105: 説明のハイパー-v: セキュリティ更新プログラム、2015 年 9 月 8 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3087088

Windows シェル用のセキュリティ更新プログラムの MS15-109: 説明: 2015 年 10 月 13 日 https://support.microsoft.com/en- ご/kb/3080446

HYPER-V ホストがクラッシュして、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で VM のライブ マイグレーションを実行するとエラーが発生 https://support.microsoft.com/en- ご/kb/3031598

ファイルが完全に最適化されていないし、Windows Server 2012 R2 の重複除外のキャッシュ ロック競合の問題が発生します。 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3094197

Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-115: 説明: 2015 年 11 月 10 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3097877

MS15 128 と MS15 135: Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 12 月 8 日 https://support.microsoft.com/en- ご/kb/3109094

MS15-127: セキュリティ更新プログラムを Microsoft Windows DNS アドレス リモートでコードが実行する: 2015 年 12 月 8 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3100465

PGM の Windows セキュリティ更新プログラムの MS15-133: 説明: 2015 年 12 月 8 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3109103

Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-132: 説明: 2015 年 12 月 8 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3108347

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの MS15-128: 説明: 2015 年 12 月 8 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3099864

Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-132: 説明: 2015 年 12 月 8 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3108381

Windows カーネルのセキュリティ更新プログラム MS16-008: 説明: 2016 年 1 月 12 日 https://support.microsoft.com/en- ご/kb/3121212

Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3110329

Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日 https://support.microsoft.com/en- ご/kb/3121918

Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-005: 説明: 2016 年 1 月 12 日 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3124001

10 の Windows ベースのホストで実行されている Windows 仮想マシンを HYPER-V 統合コンポーネントの更新します。 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3063109

Windows Server 2012 R2 での再割り当てによって容量が再度発生しません。 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3090322

サイト間 VPN が Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のダウンします。 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3091402

システムは、配列のコピーではなくホストのコピーに失敗するか、記憶域 LUN のリセットでは、Windows Server 2012 R2 の後 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3121261

ストレージ プール内のすべてのディスクをオンラインにできません Windows Server 2012 R2 ベースのクラスターでは- https://support.microsoft.com/en-us/kb/3123538

Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-035: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3135985

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-035: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3135991

セキュリティ更新プログラムの Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 MS16-035: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3135994

PDF ライブラリを Windows のセキュリティ更新プログラム MS16-028: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3137513

Windows USB 大容量記憶域クラス ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-033: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3139398

Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-034: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3139852

Windows セカンダリ ログオン サービスのセキュリティ更新プログラム MS16-032: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3139914

セキュリティ更新プログラム Windows OLE MS16-030: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3139940

グラフィックのフォントのセキュリティ更新プログラム MS16-026: 説明: 2016 年 3 月 8 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3140735

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3122651

セキュリティ更新プログラムの Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3122654

PDF ライブラリを Windows のセキュリティ更新プログラム MS16-012: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3123294

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のセキュリティ更新プログラム MS16-014: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3126434

リモート デスクトップのディスプレイ ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-017: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3126446

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 の、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のセキュリティ更新プログラム MS16-014: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3126587

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 の、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のセキュリティ更新プログラム MS16-014: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3126593

MS16-021: サービスのアドレスの拒否を NPS RADIUS サーバー用のセキュリティ更新プログラム: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3133043

Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-018: 説明: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3134214

MS16-020: セキュリティの更新を Active Directory フェデレーション サービスのアドレスにサービス拒否: 2016 年 2 月 9 日 - https://support.microsoft.com/en-us/kb/3134222

システム センター 2012 R2 および Windows の更新プログラム Azure パック

ハードウェアの更新

ファームウェアとドライバーの更新プログラムは、このリリースで、マイクロソフトの修正プログラムと更新プログラムのフレームワーク (P & U) に組み込まれます。P & U プロセスの一環として、すべてのノードは、テスト済みの最新バージョンのファームウェアまたはドライバーが最適なシステム パフォーマンスを実現するために更新されます。

CPS 1.0 更新 1603年の一部として、以下の自動ファームウェア更新プログラムが適用されます。
コンポーネントプラットフォームバージョン
LSI 9207-8 e (デルのパーツ番号 4G89X)R6202.00.78.00
LSI 9207-8 e (デルのパーツ番号 4G89X)R620 v22.00.78.00
LSI 9207-8 e (デルのパーツ番号 4G89X)R6302.00.78.00
BMCC6220 II2.62
BIOSC63201.1.4
IDRAC8C63202.30.30.30
iDRAC7R6202.30.30.30
iDRAC7R620 v22.30.30.30
BIOSR6301.5.4 以降としましました。
iDRAC8R6302.30.30.30
ライフ サイクル Controller2R6302.30.30.30
PERC H330R63025.4.0.0015
東芝フェニックス M2 メモリ ユニットの部品番号 K41XJR630A3AF
アクティブなファブリックのマネージャー (AFM)Force10AFM の CPS ・ 2.0.0.0PX
スイッチS48109.9.0.0
スイッチS558.3.5.6
ロード バランサーVIPRION 215011.5.3 HF2
ロード バランサーVIPRION 210011.5.3 HF2
注: <b>この更新プログラムでは、VMM サービス テンプレートのバージョンは、 3.2.8226.0です。

構成の変更

ノード更新プログラム
ストレージセット ItemProperty のパス"HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\spaceport\Parameters"-ResetInterval という名前の DWord を入力-値の 20000
ストレージセット ItemProperty のパス"HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\spaceport\Parameters"-ResetUnresponsiveTimeout という名前の DWord を入力-10000 の値

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3143326 - 最終更新日: 04/05/2016 19:43:00 - リビジョン: 3.0

Cloud Platform System

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbhowto kbmt KB3143326 KbMtja
フィードバック