Exchange 2010 管理コンソールを使用して Exchange Online へ接続しようとすると、“Format of the Exchange object version is wrong" エラーが表示される

注: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。  詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
Exchange Server 2010 で Exchange 管理コンソール (EMC) を使用して Exchange Online へ接続しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
"The following error occurred while attempting to connect to the specified Exchange server 'PS.Outlook.com'

The format of the Exchange object version is wrong
Parameter name: ExchangeBuild"

(指定された Exchange サーバー 'PS.Outlook.com' への接続試行中に、次のエラーが発生しました

Exchange オブジェクトのバージョンの形式が正しくありません
パラメーター名: ExchangeBuild)

この問題による影響:
  • EMC でハイブリッド構成ウィザードを実行できません。
  • EMC から、Exchange Online における受信者のプロパティを表示できません (EMC では受信者のプロパティを表示できないだけであり、受信者管理は継続して実行できます)。
回避策
状況に応じて以下のいずれかまたは両方を実行してください。
  • Office 365 ハイブリッド構成ウィザード (http://aka.ms/HybridWizard) を実行します。
  • ディレクトリ同期が有効な環境内のメールボックスに対する受信者のプロパティを表示するには、Exchange Online の Exchange 管理センターまたは Exchange Online PowerShell を使用してください。
追加情報
Exchange 2010 で Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用する詳細については、「Office 365 ハイブリッド構成ウィザードが Exchange 2010 に対応」を参照してください。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトまたは Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3143722 - 最終更新日: 05/19/2016 07:01:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3

  • o365e o365m o365022013 o365 o365a hybrid KB3143722
フィードバック