Windows PE ブート イメージは、システム センター構成マネージャーを初期化しないでください。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3143760
現象
評価の Windows および Windows 10、1511年のバージョンの展開キット (ADK) に含まれている Windows プレインストール環境 (Windows PE) のブート イメージには、オペレーティング システムのインストール中にネットワーク アダプターを構成するために必要な情報が不足しています。したがって、ADK をシステム センター構成マネージャーを使用する場合、10.0.10586 のバージョンの Windows PE イメージに基づくオペレーティング システムの展開タスク シーケンスを Windows PE 環境を再起動中に初期化できません。

さらに、「ハードウェア デバイスの初期化中」の段階で次のエラー メッセージが表示します。

エラー コード 0x80220014 で、Windows PE の初期化に失敗しました。

ターゲット コンピューター上の smsts.log ファイルには、次のようなエントリが含まれています。
m_pImpl-> AddAdapterTcpIpSettings (XMLAnswerFileImpl::WindowsPE、adapterInfo)、HRESULT = 80220014
pAnswerFile-> AddNetworkAdapter(adapterInfo)、HRESULT = 80220014
0 のアダプターの構成に失敗しました。
adapterSettings.Configure (pAnswerFile)、HRESULT = 80220014
実行がエラー 80220014 で失敗しました。

注: <b>読みやすくするため、このログ エントリが切り捨てられます。

この問題が記載されています、 Windows ADK の Windows 10、1511年のバージョンを発行します。 ブログ投稿します。
解決方法

修正プログラムのインストール

次の手順は、この修正プログラムを適用すると、Windows イメージ ファイル (boot.wim) を更新して、構成マネージャーの配布ポイント上のイメージを更新するために必要です。次の手順は、Windows ADK の Windows 10、1511年のバージョンが既にインストールされているとの手順を実行したユーザーが、ローカル管理者グループのメンバーであると仮定します。Amd64 または x86 を使用することでコマンドをここでは、必要なプロセッサのアーキテクチャによって認識されます。この手順では、書き込まれると、64 ビット (amd64) アーキテクチャを想定しています。

次の手順 1 ~ 9 は、新しいブート イメージが Windows ADK のインストールの後で書き込まれます。新しいブート イメージを作成するには、代わりに同じ ADK に基づく既存のブート イメージ更新することも、次の手順を使用します。既存のブート イメージを更新するには、以下の手順ですが、既存のブート イメージを指すようにコマンド ・ ラインでパスを変更します。

手順 1: 準備

  1. 修正プログラムの内容を抽出します。たとえば、%userprofile%\downloads フォルダーに内容を抽出します。
  2. 展開とイメージング ツール環境」でコマンド プロンプトを昇格した特権を開始します。

ステップ 2: Windows PE を準備します。

Windows PE のカスタマイズの作業ディレクトリを作成し、イメージ ファイルをマウントし、します。これを行うには、次のコマンドを入力し、コマンドごとに Enter キーを押します。

copype.cmd amd64 の c:\WinPE_amd64

dism/mount-wim の/wimfile:C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim/index:1/mountdir:C:\WinPE_amd64\mount

注: <b>、 copype.cmd amd64 の c:\WinPE_amd64 コマンドは、既存のブート イメージに必要ではありません。

Dismコマンドの詳細については、次を参照してください。 DISM のイメージ管理のコマンド ライン オプション.

手順 3: schema.dat の状態を保存します。

置換を実行する前に既存の schema.dat ファイルに適用されるアクセス許可をバックアップします。ファイルをバックアップするには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

icacls の c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat の"%temp%\aclfile"を保存/

手順 4: schema.dat ファイルを更新します。

更新されたバージョンの schema.dat ファイルを置き換えるには、するにはファイルの所有権を取得し、ローカルの administrators グループに権限を与えます。これを行うには、次のコマンドを入力し、コマンドごとに Enter キーを押します。
takeown/F c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat/A

icacls c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat/grant BUILTIN\Administrators:(F)

xcopy の"% userprofile%\Downloads\schema-x64.dat"c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat/Y

手順 5: アクセス許可と所有権をリセットします。

Schema.dat ファイルが置き換えられると、次のコマンドを実行して、手順 5 で保存するアクセス許可を復元する必要があります。
icacls c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat/setowner「NT SERVICE\TrustedInstaller」

icacls c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\/restore] %temp%\aclfile」

手順 6: Windows PE の変更をコミットします。

Boot.wim ファイルに変更をコミットします。この操作を行うには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
/Commit dism ・/unmount-wim ・/mountdir:C:\WinPE_amd64\mount

Dismコマンドの詳細については、次を参照してください。DISM のイメージ管理のコマンド ライン オプション.

ブート イメージを追加する手順 7。

注: <b>この手順は、既存のブート イメージに必要ではありません。

ブート イメージを追加するには、次の TechNet の記事に記載されているメソッドを使用します。

手順 8: 配布ポイントを更新します。

次の TechNet の記事に記載されているメソッドを使用してブート イメージを更新します。

Windows ADK の Windows 10、1511年のバージョンの修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトのサポートから使用できます。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b>その他の問題が発生した場合、または任意のトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するにする必要があります、次のいずれかだけでなく、Windows ADK の Windows 10 1511年のバージョンの製品がインストールされています。
  • システム センター構成マネージャー (現在の分岐)
  • システム センター 2012 R2 の構成マネージャー
  • システム センター構成マネージャーで 2012

再起動に関する情報

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付プラットフォーム
スキーマ x64.dat該当なし94,2082016 年 2 月-13-該当なし
スキーマ x86.dat該当なし94,2082016 年 2 月-13-該当なし
Win10adk の修正プログラム-kb3143760.exe11.0.10586.0178,3522016 年 2 月-18-x64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3143760 - 最終更新日: 03/16/2016 05:53:00 - リビジョン: 4.0

Windows 10 Version 1511, System Center Configuration Manager version 1511, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager

  • kbqfe kbautohotfix kbfix kbhotfixserver kbexpertiseinter kbmt KB3143760 KbMtja
フィードバック