現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[VSO2002] 起動オプションを使って Visio を起動する方法とスイッチの用途

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP314392
概要
この資料では、起動オプションを使って Visio 2002 を起動する方法と、スイッチの用途について説明します。
詳細
起動オプションを使って Visio を起動するには、次のいずれかの手順で実行します。

方法 1 : コマンド ラインを使用する

  1. [スタート] ボタンをクリックして、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [参照] をクリックします。
  3. Visio.exe ファイルを選択して [開く] をクリックします。デフォルトでは、このファイルは次のフォルダにあります。
    C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10
    : Visio.exe ファイルのパスは二重引用符で囲みます。
  4. [名前] ボックスの内部をクリックし、パスの末尾にある閉じる側の二重引用符の後ろにカーソルを置きます。
  5. スペースを 1 つ入力してから、使用するスイッチを入力します。

    たとえば、スプラッシュ画面を表示せずに Visio を起動するには、[名前] ボックスに次のスイッチを指定します。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe" /nologo

方法 2 : ショートカットを使用する

ショートカットを作成して Windows デスクトップ画面から Visio を起動できるようにします。
  1. Windows デスクトップ画面を右クリックし、表示されるメニューの [新規作成] をポイントして [ショートカット] をクリックします。
  2. [ショートカットの作成] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックします。
  3. [フォルダの参照] ボックスで、次のフォルダを選択します。
    C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10
    : システムによっては、このフォルダの場所が異なることがあります。

  4. Visio.exe ファイルをクリックして [OK] をクリックします。
  5. [項目の場所を入力してください] ボックスの内部をクリックし、表示されたパスの末尾にカーソルを置きます。このとき、ボックスには次のようなパスが表示されています。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe"
  6. 閉じる側の二重引用符の後にスペースを 1 つ入力してから、使用するスイッチを入力します。このとき、[項目の場所を入力してください] ボックスには、次のようなパスが表示されています。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe" /nologo
  7. [ショートカットの作成] ダイアログ ボックスの [次へ] をクリックします。
  8. [このショートカットの名前を入力してください] ボックスに、作成するショートカットの名前を入力して [完了] をクリックします。

注意点

閉じる側の二重引用符より前にスイッチを入力して [OK] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
ファイル 'C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe /nologo' が見つかりません。
スイッチの後ろに、スペースを含んだパスまたはファイル名を指定する場合は、パスを二重引用符で囲みます。たとえば、Visio を起動して基本図に基づいたドキュメントを自動作成する場合は、次のようなコマンド ラインを入力します。
"C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe" "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\1033\Solutions\Block Diagram\Basic Diagram (US units).vst"
/p および /pt スイッチを使用する場合も、これと同様にします。

Visio の起動スイッチの一覧を以下に示します。

コマンド ライン                説明-----------------------------------------------------------------------/nonew                      起動時に [図面の種類の選択]                             ダイアログ ボックスが表示されません。/nologo                     起動時にスプラッシュ画面が表示されません。/p ファイル名               [印刷] ダイアログ ボックスが表示され、                            指定したファイルをすばやく印刷できます。ファイル名                  指定した Visio ファイルが開かれます。指定する                            ファイルは、[ツール] メニューの [オプション] を                            クリックしたとき表示される [オプション]                             ダイアログ ボックスで、[ファイルパスの設定] タブ                            の [図面] に表示されるパスに存在しなければなり                            ません。または、ファイルのパスは絶対パスで指定します。/1, /2, /3, .../9           最近開いたファイルの一覧から指定した番号の                            ファイルが開かれます。番号は最近使ったファイル                            の一覧に表示される順番を表します。/noreg                       Visio の登録が行われません。/u                           Visio の登録が解除されます。/r                           Visio が登録されます。/s                           メッセージなしで Visio が登録されます。/pt ファイル名,[プリンタ名,  指定したファイルが特定のプリンタでドライバ名,ポート名]         印刷されます。                             このスイッチは Visio 5.0C 以降で利用可能です。::ODMA                       ODMA を使用して Visio にファイルが開かれます。
関連情報
スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
299541 Visio2002: How to Manually Re-register Visio
299541[VSO2002] 手動で Visio を再登録する方法
293947 Visio2002: Cannot Save Visio Drawing as XML, No Save as Options in ODMA Dialog Box
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 314392 (最終更新日 2001-12-14) をもとに作成したものです。

visio2002 vso2002 start-up commandline start up switch option
プロパティ

文書番号:314392 - 最終更新日: 08/22/2007 07:36:00 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Visio Standard Version 2002
  • Microsoft Visio Professional Version 2002
  • kbinfo kbdta KB314392
フィードバック