現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

変換先テーブルが SQL Server の 2014 年の空の場合、スナップショットまたはログ リーダー エージェントが失敗します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3144065
現象
2014 年の Microsoft SQL Server のトランザクション レプリケーションでは、SQL クエリ内のアーティクルが変換先テーブルに空の文字列を持つ (@destination_table = N"")、Transact SQL ステートメントにします。このような状況では、指定された場所に次のエラー メッセージが表示されます。
  • スナップショット エージェント。
    値を null にすることはできません。パラメーター名: strObjectName

  • ログ リーダー エージェント。
    プロセスは 'サーバー' に ' sp_replcmds' を実行できませんでした。

  • エラー ログ ファイルにします。
    SQL Server アサーション: ファイル: <replrowset.cpp>、行 = 2853年失敗したアサーション = 'dwColLen' です</replrowset.cpp>。

    注: <b>このエラーは、タイミングに関連する可能性があります。ステートメントを再実行した後に、エラーが解決しない場合は、データベースの構造的整合性をチェックするのには DBCC CHECKDB を使用します。または、サーバーを再起動してインメモリ データ構造が破損していないかどうかを確認します。アサーションの詳細を含む\Logフォルダーには、ダンプ ファイルが作成されます。

注: <b>2 番目と 3 番目のエラーは、ドキュメントには、即時同期オプションを有効にする場合にのみトリガーされます。
原因
この問題は、空の文字列が有効な接続先のテーブル名ではないために発生します。
回避策
この問題を回避するのには、有効な変換先テーブル名を設定または無効な変換先テーブル名を削除します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3144065 - 最終更新日: 04/06/2016 02:01:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt KB3144065 KbMtja
フィードバック