[SDP 3][527f0061-fb98-48b3-af4c-230914a1fbad] 管理レポーター 2012年例外のコール スタックの診断

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3146041
概要
この診断では、選択したローカル プロセスに接続し、指定された例外の種類からのコール スタックを出力します。
詳細
求められます。

1 に接続するプロセスを選択します。

2. プロセスの最初の例外をログに記録し、これらの例外の呼び出し履歴をログに記録するのいずれかを選択するかどうかを決定します。

または

例外の種類を手動で入力 (例:"System.InvalidCastException")


例外のコール スタックが記録されている場合は、選択した例外の種類に一致するし、notepad.exe が開き、その出力します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3146041 - 最終更新日: 05/09/2016 18:43:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 10.0 Service Pack 2, Microsoft Dynamics GP 10.0 Service Pack 3, Microsoft Dynamics GP 10.0 Service Pack 4, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 2010 R2, Microsoft Dynamics GP 2010 Service Pack 1, Microsoft Dynamics GP 2010 Service Pack 2, Microsoft Dynamics GP 2010 Service Pack 3, Microsoft Dynamics GP 2010 Service Pack 4, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2013 R2, Microsoft Dynamics GP 2013 Service Pack 1, Microsoft Dynamics GP 2013 Service Pack 2, Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2015 R2, Microsoft Dynamics GP 2016, Microsoft Dynamics AX 2012, Microsoft Dynamics AX 2012 R2, Microsoft Dynamics AX 2012 R3, Microsoft Dynamics AX 2012 R3 CU8, Microsoft Dynamics SL 2011, Microsoft Dynamics SL 2011 Feature Pack 1, Microsoft Dynamics SL 2011 Service Pack 1, Microsoft Dynamics SL 2011 Service Pack 2, Microsoft Dynamics SL 2011 Service Pack 3, Microsoft Dynamics SL 2015, Microsoft Dynamics SL 2015 Cumulative Update 1, Microsoft Management Reporter, Microsoft Management Reporter 2012

  • kbmbsmigrate kbsurveynew kbmt KB3146041 KbMtja
フィードバック