FIX チェックポイントのサイズの大きいディスクの使用状況でメモリの最適化のファイル グループの以外のメモリの負荷の高いワークロードの中に発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3147012
現象
含むデータベースを使用するいると仮定します。 ファイル グループのメモリの最適化 通常のテーブルです。さらに、データベースがメモリ内のオンライン トランザクション処理 (OLTP) を含む可能性があります。 テーブルなメモリの最適化.通常のテーブルのインデックスの再構築などのデータ操作言語 (DML) 操作を実行すると、チェックポイント ファイルの数が増加し続けています。
解決方法
1 mb (メガバイト単位) ごとにチェックポイント ファイルを減らすことによってディスクの使用量を減らすために更新プログラムをリリースしました。この更新プログラムは SQL Server の次の累積的な更新プログラムに含まれています。


この更新プログラムを有効にするには、9929 の起動時やユーザー セッションでトレース フラグを有効する必要があります。このトレース フラグは、グローバル レベルの影響です。9929 のトレース フラグを有効にするを使用して、 DBCC TRACEON (9929,-1)コマンドまたは– T 9929を起動時のパラメーターとして使用します。このトレース フラグは、インスタンス レベルであるために、そのインスタンスのメモリの最適化ファイル グループを持つすべてのデータベースのチェックポイント ファイルのサイズに影響します。このトレース フラグを使用するときに注意する必要があります。

有効またはトレース フラグを無効にする方法の詳細については、グローバルおよびセッション レベルのトレース フラグの説明については、SQL Server Books Online の以下のトピックを参照してください。
SQL Server 用の累積的な更新プログラムのバージョン情報
SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

SQL Server 2014 用の最新の累積的な更新プログラム

2016 の SQL Server 用の累積的な更新最新バージョン
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 マイクロソフトは、ソフトウェアの更新に使用します。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3147012 - 最終更新日: 07/27/2016 19:16:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2016 Developer, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2016 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3147012 KbMtja
フィードバック