Skype ビジネス 2016年のクライアントの"MAPI を使用できません"エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3147130
現象
特定の状況で Exchange Server への MAPI 接続のビジネス 2016年のクライアントに対しては、Skype を使用しない場合があります。この問題は、次のシナリオで発生します。

  • Office の 2016 年の新しいインストールまたは新しい 2016 の Outlook プロファイルを作成します。
  • Office の 2016年を既存の Office 2013 のインストールをアップグレードして、新しい 2016 Exchange Server の Outlook プロファイルを作成します。
この問題は、Office 365 オンライン Exchange または Exchange オンプレミス ユーザーの発生する可能性があります。この問題が発生した場合、MAPI 接続はビジネス 2016年のクライアントに対しては、Skype を使用します。さらに、次の現象が発生する可能性があります。

  • 構成情報のビジネス機能 (キーを押し、Ctrl キーと右クリックし、Skype ビジネス 2016年システム トレイ アイコンの) Skype は、ように"MAPI 使用不可"の状態を示しています。

    MAPI 状態のスクリーン ショット
    [会話] タブ (をクリックした場合[会話] タブ)、し、 Outlook で複数のビューをクリックして、次のエラー メッセージが表示されます。

    Outlook プロファイルが正しく構成されていません。この情報をサポート チームに問い合わせてください。
  • デリゲートの機能は、破損している可能性があります。たとえば、他のユーザーに代わって会議をスケジュールできません。オンライン会議を作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    このアカウントの所有者のためのオンライン会議をスケジュールするアクセス許可がありません。Lync で代理アクセス権を取得するのには、アカウントの所有者に問い合わせてください。
原因
この問題は、Skype ビジネス 2016年のPR_PROFILE_USERプロパティを使用して空き時間情報を取得するために発生します。ただし、Microsoft Outlook 2016 には、信頼性の高いプロファイル機能の一部としてプロパティを作成できません。
解決方法
この問題を解決するには、Office インストールの種類に応じて、以下の方法のいずれかを使用します。かどうかを Office のインストールの詳細」セクションを参照してください。 MSI ベースまたはクイック実行。

ビジネス 2016年の Skype のバージョンの MSI ベースの

この問題を解決するにはインストール、 2016 年 7 月 5 日、更新プログラム (KB3115268) ビジネス 2016年の Skype です。

ビジネス 2016年の Skype のバージョンをクイック実行

現在チャネル (CC): ビルド 16.0.7167.2040 で修正され、後で

最初のリリース遅延チャネル (FRDC): ビルド 16.0.6965.2078 で修正され、後で

チャネルの遅延 (DC): ビルド 16.0.6965.2092 で修正され、後で

C2R チャネルのビルドの詳細については、次を参照してください。Office 365 クライアント更新プログラムのチャネルのリリース.
回避策
重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

ビジネス 2016年の Skype のクイック実行のバージョンでこの問題を回避するには、ここで回避策を使用します。

<b>のみこの回避策自体は、Outlook チームでサポートされています。最初の手順に必要な準備はサポートされていません。ただし、この手順は、この回避策を完了するために必要な情報を提供します。次の手順では、この回避策が正しく展開されていることを確認して、変更をバックアップする必要がある場合にメソッドも提供します。

暫定的な手順を実行 (サポートされていません)

重要 次の手順は、Outlook チームでサポートされていないし、Outlook の他の問題が発生する可能性があります。ご自身の責任でこの手順を使用します。この手順を使用することはお勧めしません。ただし、ように、ここで以前公開されていましたし、その後PR_PROFILE_USER の MAPIプロパティ (またはレジストリ キー) を削除するのには次の手順を使用する必要がありますので修正がすべてのクイック実行製品のチャネルのリリースはします。

  1. レジストリ エディターを起動します。

    Windows 10 の場合

    Regedit.exe を開始] 画面で、入力や] をタップし、検索結果に「regedit」をクリックします。

    Windows 8.1 および Windows 8 の場合

    チャームを開くには、検索] を選択して右からの機械に通すし、入力し、 regedit.exe [検索] ボックスにします。

    Windows 7 および Windows Vista の場合

    開始] をクリックしての種類 regedit検索の開始] ボックスで、Enter キーを押します。管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または許可] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    KEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Profiles

  3. このサブキーの下を見つけて、Outlook プロファイルの名前を展開します。

    <b>既定では、プロファイル名は、"Outlook"にします。ただし、プロフィールは、手動で作成した場合、別の名前があります。

  4. プロファイルの下を見つけて、 9375CFF0413111d3B88A00104B2A6676キーを展開します。

  5. 9375CFF0413111d3B88A00104B2A6676キーの下のプロファイルには、アカウントごとにサブフォルダーが表示されます。(00000001)、最初のサブフォルダーを選択し、値をダブルクリックすると、アカウント名のバイナリ値のデータを確認します。SMTP アドレスが含まれているアカウントの名前の値が見つかるまでこの手順を繰り返します。

  6. SMTP アドレスが含まれています \0000000x のサブキーの下には、UID のサービスのバイナリ値を探します。

    <b>この値は、(たとえば、c3 d1 9a 7b 80 1b c4 4a 96 0a e5 b6 3b f9 キー 7 c 7 e) の GUID を表します。

  7. 手順 6 (\c3d19a7b801bc44a960ae5b63bf97c7e など) で示されている GUID の値に一致するプロファイルのサブフォルダーを検索します。

  8. 手順 7 では、サブキーの下には、 01023d0dのバイナリ値を確認します。

    <b>この値は、(たとえば、5f cf d5 f1 ba 5 c 6 f 45 b3 57 cc 5e 0 d 16 94 58) GUID を表します。

  9. 手順 8 から GUID 値 (\5fcfd5f1ba5c6f45b357cc5e0d169458 など) に一致するプロファイルのサブフォルダーを検索します。

  10. ように、この場所で 001e6603、という名前の文字列値を作成します。

    文字列値
  11. ユーザーの従来の Exchange ドメイン名 (DN) を検索します。

  12. キーを押して ctrl キーを押しながら Outlook システム トレイ アイコンを右クリックします。テスト電子メールの自動構成を選択します。

  13. ダイアログ ボックスが開き、使用 GuessSmartGuessmart 認証のセキュリティ保護の両方のチェック ボックスをオフでし、[テスト] をクリックします。

  14. テストが完了した後、[ XML ] タブを選択しのように、古い DN の値を探します。

    自動設定

    従来の識別名情報をコピーします。全体のタグ付きのエントリは、このスクリーン ショットで強調表示されますが、コピーする値は<LegacyDN>タグの間のすべてのものです。この例では/o = Contoso/ou = Exchange 管理グループ (FYDIBOHF23SPDLT)/cn = 受信者と cn = 4ef0d05da334258afda34a7ce08a430 TestDir1

    </LegacyDN>
  15. は、レジストリには、ように、コピーした従来の識別名情報を使用して値のデータフィールドを読み込みます。[Ok]をクリックします。

    MAPI 文字列の値

(サポート) の回避策

  1. MFCMapi ツールを次の CodePlex の web サイトから入手します。
  2. 影響を受けるユーザーのコンピューターでツールを起動します。

    MFCMapi

  3. プロファイル] をクリックし、[プロファイルの表示] をクリックします。

  4. 影響を受けるユーザーのプロファイルをダブルクリックします。この状況では、「Outlook。」の名前は既定のプロファイルのみユーザーに複数のプロファイルがある場合は、この問題が発生しているプライマリ ユーザー アカウントを表す 1 つを選択します。

    Outlook プロファイル

  5. サービステーブルを開くに、"Microsoft Exchange"の表示名を持つサービスを検索し、開くには、そのサービスをダブルクリックし、します。、

    サービス

  6. プロバイダー テーブルを開きます。検索してありエントリを使用する"PR_PROVIDER_DISPLAY"にします影響を受けるユーザーの SMTP アドレスを持つプロバイダーを選択します。

    プロバイダー

  7. MFCMapi ツールで、ユーザーの SMTP アドレスのプロバイダーが選択されているかどうかを確認するのには、[プロバイダー] ウィンドウを確認します。PR_PROFILE_USERをという名前は、プロパティを検索し、します。このプロパティが存在する場合は、手順 10 に進みます。このプロパティが存在しない場合、[プロパティ] メニューに追加のプロパティ] をクリックし、[追加] をクリックします。

    プロバイダーのプロパティ

  8. プロパティ タグ] ダイアログ ボックスで次のように入力します。 PR_PROFILE_USER.

    <b>MFCMapi は、ようにに、名前付きのプロパティ タグを適切な値に変換します。

    プロパティ タグ エディター

  9. [OK] をクリックします。追加のプロパティ] ウィンドウで[ok]をクリックします。

    追加のプロパティ

  10. 影響を受けるユーザーの従来の Exchange DN (個人用) を取得するのには準備作業の手順には、テストの自動検出を実行します。この情報をクリップボードにコピーします。

  11. ウィンドウで、プロバイダーは、 PR_PROFILE_USERプロパティを右クリックし、し、[編集] をクリックします。

    プロパティ エディター

  12. Ansiテキスト ボックスで、ユーザーの個人用の情報を貼り付けるし、[ OK] をクリックします。

    プロパティ エディターの終了

    <b>MFCMapi は、 PR_PROFILE_USERの 2 つのエントリが表示されます可能性があります。これは、安全に無視できる既知の表示の問題です。

  13. オプション:MFCMapi によって作成された新しいレジストリ値を確認するのには回避策の 1 に記載されているメソッドを使用し、影響を受けるユーザー用の正しい Outlook プロファイル内にあることを確認します。

    Outlook プロファイル

  14. MFCMapi のウィンドウと、レジストリ エディターをすべて閉じます、MAPI 接続をテストします。また、完全に Skype からログオフし、プログラムが実行されていないことを確認します。
  15. Skype に再度ログオン 1 分または 2 つを待ってから、Skype の構成を確認します。MAPI のステータス[ok]として表示されますが表示されます。



    <b>変更を反映するため時間がかかることができます。Outlook とビジネス用の Skype からログアウトして、再度サインインする変更を参照してくださいする必要があります。
詳細
Office のインストールは、クイック実行または MSI ベースかどうかを決定するには、以下の手順を実行します。

  1. 2016 の Office アプリケーションを起動します。
  2. ファイル ] メニューの [アカウントを選択します。
  3. 2016 クイック実行の Office インストールでは、の更新オプション の項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、の更新オプション の項目は表示されません。
Office 2016 クイック実行のインストールMSI ベースの Office 2016 年
スクリーン ショットを実行する Word] をクリックします。Word の MSI のスクリーン ショット


サードパーティの情報に関する免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号:3147130 - 最終更新日: 10/19/2016 05:22:00 - リビジョン: 7.0

Skype for Business 2016

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3147130 KbMtja
フィードバック