Microsoft Edge で印刷画面終了後にスクリプトで呼び出し元の画面を閉じることができない

現象
Microsoft Edge で Web ページを表示し Ctrl+P もしくは window.print() 関数を利用して印刷ダイアログを表示します。
この印刷ダイアログを印刷、キャンセル、✕(閉じる)などの方法に関わらず終了した後に window.close() 関数を利用して該当の Web ページを閉じようとしても、画面を閉じることができません。また、この事象発生時にはエラーは表示されません。 
原因
Microsoft Edge では Web ページの印刷に当たり印刷中に元となる画面の情報が失われてしまわないよう、スクリプトで印刷対象の画面が閉じられないようなフラグによる制御が行われています。
 
本事象は、Microsoft Edge 内でこの印刷対象の画面を閉じないようにするフラグが印刷ダイアログの終了に伴い適切に解除されない事による事象です。 
回避策
Web ページの実装で本事象を回避することはできません。

window.close () 関数を利用した Web ページ内での「閉じる」ボタンを利用して画面を閉じることができない場合には、ウィンドウやタブの "✕" を利用し画面を終了してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3147617 - 最終更新日: 09/29/2016 16:08:00 - リビジョン: 3.0

  • kbbug KB3147617
フィードバック