プーリングが有効なは、COM + オブジェクトを作成するときに DLL の 2 つのホストが開始します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3148846
概要
アプリケーション プールを使用する COM + アプリケーションが構成されると、DLL の 2 つのホストを開始する 1 つのホストではなく起動します。
詳細
COM + アプリケーションのアプリケーション プールを有効にすると、オブジェクト作成要求は、RPC サービスを介してルーティングされます。アプリケーション プールでは、「ラウンド ロビン」アルゴリズムを使用して開始されている DLL のホスト プロセスにオブジェクトの作成要求を送信します。

COM オブジェクトを作成するときに主に、 CoCreateInstance(ex)関数を使用します。COM オブジェクトを作成する 2 番目の方法は、DLL からのクラス ファクトリを取得し、クラス ファクトリ オブジェクトを使用することです。このメソッドは一度に 1 つ以上の COM オブジェクトを作成するときによく使用されます。

CoCreateInstanceは、1 つのオブジェクト作成の要求としてカウントされます。クラス ファクトリのアプローチを使用する場合は、2 つのオブジェクトの作成要求としてカウントします。クラス ファクトリ オブジェクトには、最初の作成のためです。アプリケーション プールが有効になっている場合は、この構成は、2 つの Dllhost.exe プロセスを開始します。

.NET は、COM オブジェクトを作成するクラス ファクトリのメソッドを使用するため、対象の COM + アプリケーションからオブジェクトを作成すると、.NET クライアントで 2 つの DLL のホストが開始されます。
状況
この動作は仕様です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3148846 - 最終更新日: 04/08/2016 01:07:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft COM+ 1.5

  • kbmt KB3148846 KbMtja
フィードバック