Windows 製品のライセンス認証ウィザードで、空白の "Windows のライセンス認証" ページが表示される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Windows 製品のライセンス認証 (WPA) ウィザードの起動時に、空白の "Windows のライセンス認証" ページが表示され、ライセンス認証手続きを継続できないことがあります。
原因
この問題は、以下のいずれかが原因で発生することがあります。
  • レジストリが破損しているか、変更されている。
  • Windows XP のインストール中にファイルが破損したか、ファイルが失われている。
  • ビデオの解像度に問題がある。
解決方法
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。 : 30 日間の認証ウィンドウの終了後、コンピュータをセーフ モードで起動して以下の手順を実行できます。
この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. コンピュータを再起動し、起動中に F8 キーを押し、[Windows 拡張オプション メニュー] で [VGA モードを有効にする] を選択します。WPA ウィザードを起動し、再度 Windows XP のライセンス認証を試みます。Windows XP のライセンス認証ができた場合、残りの手順はスキップします。Windows XP を起動できない場合は、次の手順に進みます。
  2. [マイ コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] をクリックし、[ハードウェア] タブをクリックして [デバイス マネージャ] をクリックします。標準 VGA ビデオ ドライバを使用してコンピュータを起動するため、使用しているビデオ アダプタを右クリックし、[無効] をクリックします。コンピュータを再起動して WPA ウィザードを起動し、再度 Windows XP のライセンス認証を試みます。Windows XP のライセンス認証を実行できた場合、残りの手順はスキップします。Windows XP のライセンス認証ができない場合は、次の手順に進みます。
  3. 次のレジストリ キーと関連する値を探します。
    HKEY_CLASSES_ROOT\.htm
    "PerceivedType"="text"
    (既定) = "MozillaHTML"
    "Content Type"="image/x-xbitmap"
    このレジストリ キーが存在しない場合は、次の手順に進みます。レジストリ キーが存在する場合は、値を次のように編集します。
    "PerceivedType"="text"
    (既定) = "htmlfile"
    "Content Type"="text/html"
    コンピュータを再起動して、WPA ウィザードを起動し、再度 Windows XP のライセンス認証を試みます。Windows XP のライセンス認証ができた場合、残りの手順はスキップします。Windows XP のライセンス認証ができない場合は、次の手順に進みます。
  4. Oobe.inf ファイルを再インストールします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに inf と入力し、[OK] をクリックします。
    3. Inf フォルダで [oobe.inf] を右クリックし、[インストール] をクリックします。
    4. CD-ROM の挿入を要求するメッセージが表示されたら、Windows XP または Windows Server 2003 CD を挿入します。
  5. Jscript.dll および Vbscript.dll ファイルを手動で登録します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します (各コマンドの後で Enter キーを押します)。

      regsvr32 jscript.dll
      regsvr32 vbscript.dll
    3. コマンド プロンプトを閉じます。
  6. インストールされている既存の Windows XP を修復します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    315341 Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法
プロパティ

文書番号:314935 - 最終更新日: 11/29/2005 08:44:00 - リビジョン: 3.2

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbtool kbenv kbsetup kbui kbprb kbpubtypekc KB314935
フィードバック