10 1511年のバージョンの Windows でネットワークの IrDA デバイスが機能しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3150989
現象
Windows 10 バージョン 1511年、IrDA デバイスは通信できません。ネットワークの IrDA デバイスがデバイス マネージャーに表示され、IrDA ドライバーがインストールされるように表示される場合でも、この問題が発生します。デバイスが機能していないことの IrDA 通信がないこと以外はありません。
原因
Windows 10 IrDA ネットワークのバインドを正しく処理されない更新されたネットワーク バインディング エンジン (NetSetup) があるために、この問題が発生します。場合でも、デバイスが認識されるがインストールされているドライバーとデバイスを起動すると、このシステムはドライバー、ネットワーク プロトコルがバインドされていないために、IrDA デバイスを使用して通信できません。
解決方法
この問題を修正します。 10 バージョン 1511 の Windows と Windows サーバーの 2016年テクニカル プレビュー 4 の累積的な更新、2016 年 4 月 12 日にリリースされました。

<b>10 の Windows システムでは、この累積的な更新プログラムは Windows 10 バージョン 1511年にのみ適用されます。

累積的な更新プログラムをインストールした後は、いくつかのコマンドを実行し、IrDA プロトコルをバインドし、IrDA サービスを有効にするコンピューターを再起動する必要があります。

IrDA が累積的な更新プログラムをインストールした後にネットワークを有効にするには、以下の手順を実行します。

<b>これらのコマンドは、Windows 10 バージョン 1511年にのみ適用されます。

  1. バインドを解除し、IrDA プロトコルをバインドする IrDA ネットワークを手動で構成します。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. 管理者特権でコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
    2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。

      netcfg –u ms_irdanetcfg –c p –I ms_irda
  2. 更新された構成情報をレジストリをフラッシュします。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. コントロール パネルデバイス マネージャー ] をダブルクリックします。
    2. すべてのネットワーク デバイスを表示するのには [ネットワーク アダプター ] ノードを展開します。
    3. IrDA ネットワーク デバイスを右クリックし、プロパティ] を選択します。
    4. IrDA デバイスの [プロパティ] ウィンドウで、[詳細設定] タブをクリックします。
    5. [OK] をクリックします。
    6. デバイス マネージャーを閉じます
  3. コンピューターを再起動します。
  4. Irda実行して irmon IrDA サービスが実行されているかどうかをチェックして IrDA が復元されたことを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. 管理者特権でコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
    2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      sc query irda

      次の例のようにを実行しているが、 irdaサービスの状態の値にする必要があります。

      C:\>sc query irdaSERVICE_NAME: irda    TYPE              : 1  KERNEL_DRIVER    STATE             : 4  RUNNING           (STOPPABLE, NOT_PAUSABLE, IGNORES_SHUTDOWN)    WIN32_EXIT_CODE   : 0  (0x0)    SERVICE_EXIT_CODE : 0  (0x0)    CHECKPOINT        : 0x0    WAIT_HINT         : 0x0
    3. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      sc query irmon
      次の例のようにを実行しているが、実行して irmonサービスの状態の値にする必要があります。

      C:\>sc query irmonSERVICE_NAME: irmon    TYPE              : 20  WIN32_SHARE_PROCESS    STATE             : 4  RUNNING           (STOPPABLE, NOT_PAUSABLE, IGNORES_SHUTDOWN)    WIN32_EXIT_CODE   : 0  (0x0)    SERVICE_EXIT_CODE : 0  (0x0)    CHECKPOINT        : 0x0    WAIT_HINT         : 0x0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3150989 - 最終更新日: 08/28/2016 00:36:00 - リビジョン: 5.0

Windows 10 Version 1511

  • kbmt KB3150989 KbMtja
フィードバック