Outlook on the web の予定表へアクセスをしようとすると、"This calendar isn't available" エラーが表示される

現象
ユーザーが、Outlook on the web (旧名称 Outlook Web App) を使用して予定表へアクセスしようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
"This calendar isn't available. Please try again later."
(現在予定表が利用できません。後でもう一度やり直してください。)
さらに、組織内の他のユーザーが、当該ユーザーの空き時間情報を閲覧できない可能性があります。
原因
この問題は、以下のいずれか、または複数の理由で生じます。
  • ユーザーの予定表に破損したアイテムがある
  • カスタム ビューが破損している
  • ナビゲーション ウィンドウ設定が破損している
解決方法
この問題を解決するには、以下の手順に従ってください。本手順を実行する前に、ユーザーが Outlook のプロファイル設定を構成していることを確認してください。
  1. 以下の手順に従って、Calendar Checking Tool for Outlook (CalCheck) を実行します。
    1. 以下のサイトから CalCheck をダウンロードしてインストールします。
      http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=28786 (英語)
    2. コマンド プロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。
      calcheck -f -r
      注: 本コマンドにより、CalCheck フォルダーの作成、フラグの付いたエラー アイテムの当該フォルダーへの移動、およびレポートが作成され、受信トレイへの送信が実行されます。
    3. CalCheck によってフラグのついたアイテムを確認します。必要ないアイテムであれば削除します。
  2. Outlook (起動中の場合) を終了し、以下の手順を実行します。

    注: Outlook for Windows クライアントへのアクセス権がない場合は、Office 365 サポートへ問い合わせてください。
    1. [スタート] をクリックし、検索ボックスに「outlook /resetnavpane」と入力して Enter キーを押下します。

      注: コマンドを実行した後、以前に共有されていたすべての予定表を、ユーザーの Outlook のプロファイルへ再度追加する必要があります。
    2. [スタート] をクリックし、検索ボックスに「outlook /cleanviews」と入力して Enter キーを押下します。
  3. Outlook on the web を起動し、再度予定表へのアクセスを試みます。
追加情報
CalCheck のインストールおよび実行方法の詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2678030: ツールをチェック (CalCheck) を Outlook の予定表についての情報
Outlook のコマンド ライン スイッチの詳細については、「Outlook for Windows のコマンド ライン スイッチ」を参照してください。

Internet Explorer で、F12 開発者ツール追跡を実行している場合、以下のいずれか、または複数のエラー メッセージが表示されます。
  • 他のユーザーが、特定のユーザーの空き時間情報を閲覧できない場合、以下のエラーが表示されます。
    "GetCalendarFolderConfigurationAction returns a 200 with errorcode 31
    {"ErrorCode":31,"WasSuccessful":false,"CalendarFolder":null,"MasterList":null}
    ResponseCode":"ErrorNoFreeBusyAccess"
  • 予定表に 1 つ以上の破損したアイテムがある場合、以下のエラーが表示されます。
    "S:ErrInfo=Microsoft.Exchange.Services.Core.Types.CalendarExceptionInvalidPropertyValue: The property has an invalid value. --->
    Microsoft.Exchange.Data.Storage.CorruptDataException: Invalid global object ID:
    "ResponseCode":"ErrorCalendarInvalidPropertyValue"
    X-OWA-Error: Microsoft.Exchange.Services.Core.Types.CalendarExceptionInvalidPropertyValue"
その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3152066 - 最終更新日: 04/01/2016 04:28:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Online

  • o365e o365m o365022013 o365 o365a KB3152066
フィードバック