Exchange Server 2013年/2007年の共存シナリオでは、EWS の要求に対して「500」エラーが断続的に発生が発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3152392
現象
次のような状況を考えます。

  • 共存環境で Microsoft Exchange Server 2013年と Microsoft Exchange Server 2007年を展開するとします。
  • 次の条件のいずれかに該当します。

    • 構成されていない、 従来の名前空間 Exchange Server 2007年の EWS のトラフィック。
    • 従来の名前空間を構成するが、自動検出を利用するのには EWS アプリケーションを構成していません。
このシナリオでは、2013 の Exchange Server メールボックスの役割が Exchange Server 2007年でホストされているメールボックスを対象としては、EWS のトラフィックから断続的に「500」エラー回答を受信するだけです。HttpProxy ログを Exchange Server 2013年のクライアント アクセス サーバー (CAS) の役割のインターネット インフォメーション サービス (IIS) ログには、これらの応答を識別できます。
解決方法
解決するか、この問題を回避するには、従来の名前空間を使用してください。自動検出を使用することを強くお勧めします。それ以外の場合、Exchange Server 2013年の名前空間または、メールボックスの場所に基づいて Exchange Server 2007年古い名前空間を使用する意思決定には、管理上のオーバーヘッドを追加する手動の作業が含まれます。
詳細
構成では、Exchange Server 2013年と Exchange Server 2007年の共存は、従来の名前空間は、クライアント接続用の EWS と OWA の両方のサービスの必要があります。EWS のトラフィックを Exchange 2013 メールボックス サーバーから Exchange 2007 CAS のプロキシ処理はサポートされていませんし、一貫性のない結果が発生します。

OWA では、従来の名前空間へのサイレントのリダイレクトを使用します。ただし、EWS では、サイレント リダイレクトがサポートされていません。したがって、Exchange Server 2013年の既定の動作はプロキシに従来のサーバーに送信されるトラフィックです。これは、Exchange Server 2010年の EWS のトラフィックを期待どおりに動作、信頼性の高い Exchange Server 2007年ではありません。代わりに、従来の名前空間に EWS のクライアント トラフィックを手動でリダイレクトする必要があります。
関連情報
Exchange Server 2013年の共存環境でのクライアント接続の詳細については、次の Exchange チームのブログ記事を参照してください。



2013年の計画では、Exchange Server の名前空間の詳細については、次の Exchange チームのブログ記事を参照してください。



Exchange 2013 の従来の名前空間の詳細については、TechNet の次のトピックを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3152392 - 最終更新日: 04/07/2016 01:28:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition

  • kbmt KB3152392 KbMtja
フィードバック