エッジ トランスポート サーバーは、有効な受信者に送信されたメッセージを拒否します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3152396
現象
Microsoft Exchange Server 2016年のエッジ トランスポート サーバーは、次の条件に該当する場合に有効な内部受信者に送信されたメッセージを拒否します。

  • Exchange Server 2016年累積的な更新 1 (CU1) は、サーバーにインストールされます。
  • 受信者の検証がサーバー上で有効になります。

この問題があるため、エッジ トランスポート サーバーがメッセージを拒否すると、送信者は 5.1.10 のステータス コードを含む配信不能レポート (NDR) を受信します。さらに、送信者は、次のエラー メッセージを受け取ります。

受信者の SMTP アドレスの検索では見つかりませんでした。

注: <b>受信者は、送信されたメッセージを受信しません。
回避策
この問題を回避するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 次のコマンドを実行することによって影響を受けるエッジ トランスポート サーバーで受信者の検証を無効にします。

    Set-RecipientFilterConfig -RecipientValidationEnabled $False
  • ファイアウォールや Exchange 2016 CU1 のインストールを設定していないエッジ トランスポート サーバーにメールを送信するのには、外部のメール エクスチェン ジャー (MX) DNS レコードを構成します。TCP を使用するようにファイアウォールを構成する必要がありますポート 25 は、新しいインターネットに接続するサーバーに接続します。

  • ファイアウォールや 2016年のメールボックスを Exchange サーバーにメールを送信する外部の DNS の MX レコードを構成します。新しいインターネットに接続するサーバーに接続する 25 の TCP ポートを使用するようにファイアウォールを構成する必要があります。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
2016 の Exchange Server を正常に展開する方法に関する重要な情報を参照してください、 Exchange 2016 のリリース ノート TechNet web サイトのトピックです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3152396 - 最終更新日: 03/31/2016 23:57:00 - リビジョン: 1.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition

  • kbexpertiseinter kbprb kbsurveynew kbmt KB3152396 KbMtja
フィードバック