現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

クラッシュが発生した場合に Windows によって作成される、最小メモリ ダンプ ファイルを読み取る方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315263
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:315263
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを検索します。 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
概要
この資料では、最小メモリ ダンプ ファイルを調査する方法について説明します。最小メモリ ダンプ ファイルは、なぜ、コンピューターがクラッシュしたかを判断することができます。

最小メモリ ダンプ ファイル



コンピューターがクラッシュした場合は、どのように問題とその回避どのような happened、修正参照してください。最小メモリ ダンプのファイルこのような状況で利用すると便利な機能です。最小メモリ ダンプ ファイルには、コンピューターがクラッシュした理由を識別する役に立つ情報の最小量が含まれます。メモリ ダンプ ファイルには、次の情報が含まれます。
  • Stop メッセージやパラメーターのデータ
  • 読み込まれているドライバーの一覧
  • 停止したプロセッサのプロセッサ コンテキスト (PRCB)
  • [プロセス情報とカーネル コンテキスト」(プロセス) が停止しているプロセスの
  • [プロセス情報とカーネル コンテキスト (ETHREAD) 停止したスレッドの
  • 停止したスレッドのカーネル モードの呼び出し履歴
メモリ ダンプ ファイルを作成するのには、Windows では少なくとも 2 メガバイト (MB) のサイズが、ブート ボリューム上のページング ファイルが必要です。Microsoft Windows 2000、またはそれ以降のバージョンの Windows を実行しているコンピューターでは、メモリ ダンプ ファイルを新しいコンピューターに問題が発生する可能性がありますたびに作成されます。これらのファイルの履歴はフォルダーに格納されます。別の問題が発生した場合、Windows は、2 つ目の最小メモリ ダンプ ファイルを作成する場合、Windows は、以前のファイルを保持します。Windows の各ファイルを個別の日でエンコードされたファイル名を示します。たとえば、Mini022900 年、2000 年 2 月 29 日に生成された最初のメモリ ダンプ ファイルです。Windows のすべての小さなメモリ ダンプ ファイルが %SystemRoot%\Minidump フォルダーに保持します。

最小メモリ ダンプ ファイルはハード ディスクの空き容量が限られている場合に役立ちます。ただし、限定の情報が含まれているため、問題の時に実行していたスレッドによって直接引き起こされたエラーは、このファイルの分析からは発見することができません。

ダンプの種類を構成します。



最小メモリ ダンプ ファイルを使用するのには、スタートアップおよび回復オプションを構成するのには、次の手順を実行します。

メモ Microsoft Windows にはバージョンが複数あるため、コンピューターによって次の手順が異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照して次の手順を完了してください。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティ コントロール パネル.
  2. ダブルクリックします。 システムプロパティ システムの詳細設定.
  3. クリックして、 高度な タブとクリック 設定[起動と回復.
  4. で、 デバッグ情報を書き込み ボックスの一覧でをクリックしてください 最小メモリ ダンプ (64 k).
    最小メモリ ダンプ
    最小メモリ ダンプのファイル用のフォルダーの場所を変更するのには、新しいパスを入力します。 ダンプ ファイル ボックス (または、 最小ダンプ ディレクトリボックス、Windows のバージョンによって異なります)。

最小メモリ ダンプ ファイルを読み取るツール



ダンプ チェック ユーティリティ (Dumpchk.exe) を使用して、メモリ ダンプ ファイルを読み込むまたは、ファイルが正しく作成されていることを確認します。

注: ダンプ チェック ユーティリティ デバッグ シンボルにアクセスする必要はありません。シンボル ファイルは実際には、バイナリを実行する場合必要はありませんが、デバッグ プロセスで非常に役に立つ可能性がありますデータのさまざまなを保持します。

ダンプ チェック ユーティリティでは、Windows NT、Windows 2000、Windows Server 2003 または Windows Server 2008 の使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください資料 156280: [Dumpchk.exe でメモリ ダンプ ファイルを確認する使用する方法.

ダンプ チェック ユーティリティでは、Windows XP、Windows Vista または Windows 7 を使用する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 315271: Dumpchk.exe を使用してメモリ ダンプ ファイルを確認する方法.

または、Windows デバッガー (WinDbg.exe) ツール、またはカーネル デバッガー (KD.exe) ツールを使用して最小メモリ ダンプ ファイルを読み取ることができます。WinDbg および KD.exe Windows 用デバッグ ツール パッケージの最新バージョンが含まれます。

デバッグ ツールをインストールするのを参照してください、 ダウンロードして、Windows 用デバッグ ツールをインストールします。 web ページ。標準インストールを選択します。既定では、デバッグ ツール、次のフォルダーにインストールされます C:\Program Files\Debugging Windows 用ツール。

この Web ページは Windows 用のダウンロード可能なシンボル パッケージへのアクセスを提供します。Windows のシンボルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 311503: [Microsoft シンボル サーバーを使用してデバッグ シンボル files311503 を取得する: Microsoft シンボル サーバーを使用するデバッグ シンボル ファイルを入手するのには、、、 Windows シンボル パッケージをダウンロードします。 web ページ。


Windows でダンプ ファイルのオプションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 254649: Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のオプションのメモリ ダンプ ファイルの概要 

ダンプ ファイルを開く



インストールの完了後、ダンプ ファイルを開くには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. Windows 用デバッグ ツール フォルダーに変更します。これを行うには、コマンド プロンプトで、次を入力し、ENTER キーを押します。
    cd c:\program files\debugging ツール ウィンドウを
  3. デバッガーにダンプ ファイルを読み込むには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    windbg y SymbolPath ・ i イメージパス ~ z DumpFilePath
    kd y SymbolPath ・ i イメージパス ~ z DumpFilePath
次の表は、これらのコマンドで使用されているプレース ホルダーの使用について説明します。
プレース ホルダー説明
SymbolPathシンボル ファイルをダウンロードして、ローカル パスまたはキャッシュ フォルダーなど、シンボル サーバーのパス。最小メモリ ダンプ ファイルに限られた情報が含まれているため、シンボルを正しく読み取ることがするには、ダンプ ファイルと実際のバイナリ ファイルを読み込む必要があります。
イメージパスこれらのファイルのパス。Windows XP CD-ROM の I386 フォルダー内のファイルが含まれます。たとえば、パスが C:\Windows\I386 ことがあります。
DumpFilePath調査対象のダンプ ファイルのパスとファイル名。

サンプル コマンド



次のサンプル コマンドを使用すると、ダンプ ファイルを開くことができます。これらのコマンドは、次のと仮定します。
  • Windows CD-ROM の I386 フォルダーの内容が C:\Windows\I386 フォルダーにコピーされます。
  • ダンプ ファイルは、C:\Windows\Minidump\Minidump.dmp と呼ばれます。
例 1:
kd の y srv*c:\symbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols-i c:\windows\i386 ~ z c:\windows\minidump\minidump.dmp
例 2。デバッガー、コマンド ライン バージョンの代わりにグラフィカルなバージョンを好む場合は、代わりに、次のコマンドを入力します。
windbg -y の srv*c:\symbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols -i c:\windows\i386 ~ z c:\windows\minidump\minidump.dmp

ダンプ ファイルを調査します。



次のコマンドを含むダンプ ファイル内の情報を収集するために使用することができますいくつかのコマンドがあります。
  • ! 解析・表示 コマンドには、Stop エラー コードとそのパラメーターが表示されます。Stop エラー コードでは、バグ チェック コードとも呼ばれます。
  • ! Analyze-vコマンドの詳細出力を表示します。
  • Lm N Tコマンドは指定した読み込み済みのモジュールを示します。出力には状態とモジュールのパスが含まれます。
メモ ! ドライバー拡張コマンドで読み込まれるすべてのドライバーの一覧をコピー先のコンピューターのメモリの使用方法についての概要情報を表示します。! ドライバー拡張子が Windows XP では廃止されており、後で。読み込まれているドライバーとその他のモジュールに関する情報を表示するのには、 lmコマンドを使用します。Lm N Tコマンドは、前のような形式で情報が表示されます! ドライバーの拡張機能。

完全なコマンド構文の他のコマンドの詳細については、デバッグ ツールのヘルプ ドキュメントを参照してください。次の場所でデバッグ ツールのヘルプ ドキュメントを参照してください。
C:\Program Files\Debugging ツール Windows\Debugger.chm
メモ シンボルに関連する問題がある場合は、Symchk ユーティリティを使用して、正しいシンボルが正常にロードされていることを確認します。Symchk の使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 311503: [Microsoft シンボル サーバーを使用するデバッグ シンボル ファイルを入手するのには .

バッチ ファイルを使用して、コマンドを簡素化します。



メモリ ダンプの読み込みに必要なコマンドを確認したら、ダンプ ファイルを確認するのには、バッチ ファイルを作成できます。たとえば、バッチ ファイルを作成して、Dump.bat という名前を付けます。デバッグ ツールがインストールされているフォルダーに保存します。バッチ ファイルに次のテキストを入力します。
cd「c:\program files\debugging ツール for windows」

kd の y srv*c:\symbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols-i c:\windows\i386 z %1
ダンプ ファイルを調査する場合は、バッチ ファイルにダンプ ファイル パスを渡すためには、次のコマンドを入力します。
c:\windows\minidump\minidump.dmp をダンプします。
その他のリソース
応答を停止ハング、再起動再起動クラッシュのブルー スクリーン死の bsod の終了する. します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:315263 - 最終更新日: 07/16/2013 01:24:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Business N, Windows Vista Business N 64-bit Edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Basic N, Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate

  • kbhowto kbenv kbinfo kbmt KB315263 KbMtja
フィードバック
rClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("