Outlook を Exchange Server で web 上で共有フォルダーを開くことができません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3152857
現象
次のような状況を考えます。

  • 2016 の Microsoft Exchange Server または Exchange Server 2013 の Exchange Server 2010年環境で coexistent があります。
  • User1 には、2016 の Exchange Server や Exchange Server 2013年上のメールボックスがあります。
  • User2 には、Exchange Server 2010年のメールボックスがあります。
  • User1 では、User2 のメールボックスにフル アクセスの権限を持っています。

このシナリオでは、User1 を展開できないメールボックス User2 の共有フォルダーの追加を使用して、彼女とオプションです。代わりに、User1 は、次のエラー メッセージを受け取ります。

要求を完了することはできません。

この操作を実行する権限がありません。
原因
AddSharedFolder要求が成功し、フォルダー一覧に、共有されているメールボックスを追加します。ただし、共有メールボックスを展開する要求は、ユーザーのメールボックス サーバーにプロキシ処理です。これは、WrongServerVersionExceptionメッセージおよびHTTP 500ステータスをトリガーします。HTTP 応答は、次にあります。

{"Body":{"ErrorCode":500,"ExceptionName":"WrongServerVersionException","FaultMessage":"The Client Access server version doesn't match the Mailbox server version of the resource that was being accessed. To determine the correct URL to use to access the resource, use Autodiscover with the address of the resource.","IsTransient":false,"StackTrace":"Microsoft.Exchange.Services.Core.Types.WrongServerVersionException: The Client Access server version doesn't match the Mailbox server version of the resource that was being accessed. To determine the correct URL to use to access the resource, use Autodiscover with the address of the resource.\u000d\u000a   at Microsoft.Exchange.Services.Core.Types.StoreSessionCacheBase.ConnectOnce(ExchangePrincipal mailboxToAccess, CallContext callContext, Boolean unifiedLogon)\u000d\u000a   at 

回避策
この問題を回避する別のメールボックスを開くのを使用して、、web 上の Outlook で共有されているメールボックスを開くにはオプションです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3152857 - 最終更新日: 04/14/2016 21:31:00 - リビジョン: 1.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbprb kbexpertiseinter kbmt KB3152857 KbMtja
フィードバック