UNIX および Linux のシステム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアント用の累積的な更新 5 の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3153319
概要
この資料では、UNIX および Linux クライアントの Microsoft システム センター構成マネージャー 2012 R2 の累積的な更新 5 で修正される問題について説明します。システム センター構成マネージャーの 2012 R2 の累積的な更新 5 のインストール手順も含まれています。CU5 UNIX および Linux クライアントのシステム センター 2012 R2 の構成マネージャーの次の構成マネージャーのインストールで使用するものでは。
  • システム センター 2012 R2 の構成マネージャーのサービス パック 1
  • システム センター 2012 R2 の構成マネージャー
  • システム センター 2012年構成マネージャーのサービス パック 2
  • システム センター 2012年構成マネージャーのサービス パック 1

この更新プログラムに含まれる変更

サポートされているクライアント ・ オペレーティング ・ システムへの変更を以下に示します。
  • Debian GNU/Linux サーバー 8 (x86 または x64) のサポートを追加します。

この更新プログラムで修正される問題

  • いくつかの場合、ccmexecプロセスには、セグメンテーション ・ フォルトが発生した。UNIX や Linux クライアントは、ccmexec プロセスで実行されます。ただしで、さまざまなシナリオでは、ccmexec プロセス可能性があります無効なデータが発生し、次のようなセグメンテーション フォールトをトリガーします。
    ccmexec.bin[xxxx]: xxxxxx ip xxxxxxx sp xxxxxxx エラー 15 ではセグメンテーション フォールト

    この更新プログラムは、UNIX および Linux クライアントが不要になったこのような状況でクラッシュするようにセグメンテーション ・ フォルトが発生する原因を修正します。

  • マルチファイルのソフトウェア配布パッケージが正常にダウンロードされません。マルチ ディレクトリ構造を使用するソース ファイルを含むソフトウェア配布パッケージを作成するとき、UNIX および Linux のクライアント構成マネージャーは、すべてのファイルをダウンロードできません。このアップデートにより、複数ファイルのパッケージとは目的の場所へダウンロードした correctlyand です。

  • 構成マネージャー管理ポイントといくつかの場合では、UNIX および Linux クライアントを登録できません。UNIX や Linux クライアントをインストールすると、HTTP 1.1 の準拠が適用されていた場合構成マネージャー管理ポイントの登録に失敗します。この更新プログラムが、UNIX や Linux クライアントからの HTTP 要求はこれで完全に HTTP 1.1 に準拠していません。

  • ソフトウェアの配布のスケジュールは、正確な UTC 時間を使用しています。特定のスケジュールで実行する予定し、選択されている UTC 時間] チェック ボックスがある、ソフトウェアの配布は、正確な UTC 時間を使用しません。このアップデートにより、スケジューラ エンジンは、今すぐを使用して、適切なタイム ゾーンと UTC 時刻では、有効になっている場合。

  • ハードウェア インベントリには、MAC アドレスのプロパティがありません。UNIX および Linux クライアントのハードウェア インベントリには、ネットワーク アダプターのプロパティ使用して、MAC アドレスなどにはが含まれています。この更新プログラムには、ハードウェア インベントリの一部として、このプロパティは表示されます。

  • UNIX および Linux の構成マネージャーのクライアント構成マネージャーのディレクトリを削除します。構成マネージャーのクライアントは、UNIX のルート レベルの名前または Linux サーバーのディレクトリに一致するディレクトリ構造からのソース ファイルを含むパッケージを使用してソフトウェアの配布を実行するときは、ルート レベルのディレクトリが削除されます。たとえば、ソフトウェアの配布のソース ファイルが、C:\Windows\LinuxPkgdirectory,and で LinuxPkg ディレクトリには、\tmp フォルダーが含まれています。構成マネージャーのクライアントは、ソフトウェア配布プロセスを完了し、クリーンアップを実行して、UNIX または Linux サーバー上の \tmp ディレクトリが削除されます。この更新プログラムが、UNIX および Linux の構成マネージャーのクライアントは、ソフトウェアの配布作業が完了すると、すぐに削除するフォルダーより厳密な解析を適用します。

  • 、UNIX および Linux のクライアントが配布ポイントで使用可能なパッケージのダウンロードを再試行しません。場合によっては、UNIX や Linux クライアントのソフトウェア配布パッケージは、構成マネージャーの配布ポイントには分散されません。これにより、UNIX や Linux クライアントが WAITING_RETRY 状態です。コンテンツを配布するとすぐにこの更新プログラムを適用した後、UNIX および Linux 用のクライアントは新しい場所の要求を受信し、コンテンツを処理します。

UNIX および Linux のシステム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアント用の累積的な更新 5 を取得する方法

ダウンロード情報

システム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアントの forUNIX 用の累積的な Update5 と Linux は、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。


UNIX および Linux のクライアントをアップグレードする方法について参照してください。 ここで.

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

注: <b>この更新プログラムをインストールする前に、構成マネージャー管理コンソールを閉じることをお勧めします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラム replacesthe の次は、以前の更新プログラムをリリースしました。
3069152 累積的な更新 4 システム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアント用の Linux および UNIX の説明

2998616 累積的な更新 3 システム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアント用の Linux および UNIX の説明

2976481 累積的な更新 2 システム センター 2012 R2 の構成マネージャー クライアントの Linux および UNIX の説明

2957122 UNIX および Linux のシステム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアント用の累積的な更新プログラム 1 の説明


この累積的な更新プログラムのインストールを確認する方法

この累積的な更新は、次の構成マネージャーのバージョン番号を変更します。

管理者コンソール

システム センター構成マネージャーの詳細] ダイアログ ボックスに表示されるバージョンは、 5.00.7958.1254です。

クライアント

次のコマンドを実行することによって、クライアントのバージョン番号が表示ことができます。

/opt/microsoft/configmgr/bin/ccmexec – v

バージョン番号は、 5.00.7958.1254をする必要があります。
関連情報
この累積的な更新プログラムをインストールする方法の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。


について説明します 用語集 を参照してください。

サードパーティ情報の免責事項

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3153319 - 最終更新日: 04/01/2016 05:00:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager Service Pack 1, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 2, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3153319 KbMtja
フィードバック