現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP または Windows Server 2003 でプログラムを削除しようとすると「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」のエラーが発生しました。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

315346
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティングおよびラーニング リソースでの検索の スモール ビジネス向けのサポート サイトです。

Windows 用のセキュリティ更新プログラムを受信を続行するには、Windows XP Service Pack 3 (SP3) を実行していることを確認します。詳細についてには、このマイクロソフト web ページを参照してください。いくつかのバージョンの Windows のサポートを終了します。

この問題をWindows 7Windows Vistaのサポートについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 2642495: エラー「、Windows インストーラー サービスをインストールまたは Windows 7 または Windows Vista でプログラムを更新するとアクセスできなかった」
重要この資料では上級レベルのコンピューター ユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、問い合わせをすることができます。または、Microsoft カスタマー サポートからのヘルプを表示するには、お問い合わせweb ページ。
現象
Windows XP または Windows Server 2003 では、ソフトウェア アプリケーションをインストールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。これはセーフ モードで Windows を実行している場合、または Windows インストーラーが正しくインストールされていない場合に発生します。サポート担当者に問い合わせてください。
この問題はソフトウェア ・ アプリケーションをアンインストールしようとするとにも発生します。
原因
この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • コンピューターで Windows インストーラー ファイルが破損しているかが不足しています。
  • インストールまたは Windows インストーラーの Microsoft ソフトウェア インストール (MSI) パッケージ ファイル (.msi) を使用しているプログラムを削除します。Microsoft Office は、コンピューターにインストールしようとすると、この発生します。
解決方法
この問題を解決するには、以下の方法を使用します。

方法 1: Windows インストーラーを再登録します。

Windows インストーラーを再登録するには、コンピューターと Windows のレジストリ内の Msiexec.exe ファイルの場所を確認し、Windows インストーラーを再登録します。これを行うには、 このセクションを展開するには、ここをクリックします。次の手順を実行します。

複数のバージョンの Microsoft Windows のための次の手順にはコンピューターによって異なることがあります。場合を参照してください、製品マニュアルこれら手順を実行します。
  1. コンピューター上のMsiexec.exeファイルの場所を確認します。以下が手順例となります:
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] %windir%\system32プロパティ ].

      ここでは、 Msiexec.exeファイルが保存されているフォルダーが開きます。
    2. Msiexec.exeファイルの場所に注意してください。Msiexec.exeファイルの場所の値の組み合わせには、アドレスボックスし、 Msiexec.exeファイル自体の名前を付けます。

      たとえば、する場合、アドレスボックスに、 C:\Windows\system32の値が含まれています、 Msiexec.exeファイルの場所はC:\Windows\system32\Msiexec.exeです。
  2. 重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


    レジストリ エディターでの Msiexec.exe ファイルの場所が正しいかどうかを確認します。以下が手順例となります:
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、 続いて と入力して [ ].
    2. 展開 HKEY_LOCAL_MACHINEを展開 システムを展開 対処を展開 サービスプロパティ MSIServer.
    3. 右側のウィンドウで右クリックします。 ImagePathプロパティ 変更.
    4. で、 [値のデータボックスに入力、手順 1 で特定したMsiexec.exeファイルの場所は、 /Vの値が続きをクリックして ].

      Msiexec.exeファイルの場所がC:\Windows\system32\Msiexec.exeの場合は、次のテキストをたとえば、入力、 [値のデータ テキスト ボックス:
      C:\WINDOWS\System32\msiexec.exe/V
    5. クリックしてください。 ] 閉じるには、 [文字列を編集します。 ダイアログ ボックスします。
    6. で、ファイル メニューをクリックして 終了 レジストリ エディターを終了します。
  3. コンピューターをセーフ モードで起動し、登録をMsiexec.exe ファイルです。以下が手順例となります:
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、プロパティ コンピューターの電源をオンにします。 または シャット ダウン.
    2. 詳細 再起動 オプションをクリックし. ]、、またはをクリックして 再起動.
    3. F8 をキーを押して、Windows の画面の前に表示されます。
    4. で、 Windows の詳細オプション メニューの [を選択する方向キーを使用、 セーフ モードオプション、Enter キーを押します。
    5. デュアル ブートまたはマルチ ブート コンピューターを使用すると、表示される一覧から該当するオペレーティング システムを選択し、Enter キーを押します。
    6. コンピューターにログオンします。
    7. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] msiexec/regserver 続いて と入力して[].

      64 ビット オペレーティング システムでは、また、64 ビットの MSI インストーラーを再登録する必要があります。これを行うをクリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] %windir%\Syswow64\Msiexec/regserver 続いて と入力して [ ].

      上の 64 ビット バージョンの Windows オペレーティング システムの 32 ビット バイナリがregedit.exe であります。64 ビットのバイナリは、 %systemroot%\System32フォルダーにあります。
    8. クリックしてください。 ボタンをクリックし、プロパティ コンピューターの電源をオンにします。 または シャット ダウン.
    9. 詳細 再起動 オプションをクリックし. ]、、またはをクリックして 再起動.
まだ問題が発生、し、引き続き、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示される場合は、方法 2 手順を実行します。

方法 2: Windows インストーラーの再インストールします。

Windows インストーラーを再インストールするには、破損した Windows インストーラーのファイル、名前を変更して、Windows インストーラーを再インストールします。これを行うには、 このセクションを展開するには、ここをクリックします。次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmd 続いて と入力して [ ].
  2. 種類 cd %windir%\system32をクリックし、Enter キーを押します。
  3. 種類 attrib-r-s-h dllcacheをクリックし、Enter キーを押します。
  4. 種類 ren msi.dll msi.oldをクリックし、Enter キーを押します。
  5. 種類 ren msiexec.exe msiexec.oldをクリックし、Enter キーを押します。
  6. 種類 ren して msihnd.oldをクリックし、Enter キーを押します。
  7. 種類 終了をクリックし、Enter キーを押します。
  8. コマンド プロンプトで 終了をクリックし、Enter キーを押します。
  9. クリックしてください。 ボタンをクリックし、プロパティ コンピューターの電源をオンにします。 または シャット ダウン.
  10. 詳細 再起動 オプションをクリックし. ]、、またはをクリックして 再起動.
  11. コンピューターにログオンします。
  12. ダウンロードして、Windows インストーラーの最新バージョンをインストールします。 Windows インストーラーを入手する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    893803Windows インストーラー 3.1 v2 (3.1.4000.2435) 利用できます
  13. クリックしてください。 ボタンをクリックし、プロパティ コンピューターの電源をオンにします。 または シャット ダウン.
  14. 詳細 再起動 オプションをクリックし. ]、、またはをクリックして 再起動.
詳細
この問題の詳細についてを参照してくださいするには、ここをクリックします。 Windows のインストーラー 4.0 は Windows Vista の再頒布可能として利用できません。Windows のインストーラー 4.0 は、Windows Vista オペレーティング システムに付属です。

この資料で説明されている方法で問題が解決しない場合は、マイクロソフト カスタマー サポート サービスについての詳細については問い合わせてください。

この問題は、値を無効にするに、Windows インストーラー サービスの [スタートアップの種類プロパティが設定されている場合にも発生します。Windows インストーラー サービスを無効にする値に設定されていることを確認するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] services.msc 続いて と入力して [ ].
  2. で、 サービス (ローカル) ボックスの一覧で右クリック Windows インストーラープロパティ をクリックします。.
  3. 場合は、 [スタートアップの種類 ドロップダウン リストの値に設定します。 無効にします。を選択、 マニュアル オプション、 [スタートアップの種類 ドロップ ダウン リストをクリックし. ].
  4. で、 ファイル メニューをクリックして 終了.
Windows インストーラーの詳細についてを参照してください。 Windows インストーラーの概要 マイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトにします。 詳細については方法は、Windows インストーラー エンジンの入手については、次の資料番号をクリックします。「サポート技術情報」資料を参照するには。
292539Windows インストーラーのエンジンを入手する方法

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:315346 - 最終更新日: 07/31/2012 02:45:00 - リビジョン: 26.0

  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • kbresolve kberrmsg kbprb kbmt KB315346 KbMtja
フィードバック