SharePoint 2010 形式ワークフローを発行した際に TEMP フォルダが削除されることがある

現象
SharePoint 2010 形式ワークフローを発行した際に、アプリケーション プール実行アカウントの TEMP フォルダが削除されることがあります。
該当フォルダは、ワークフロー定義ファイル (XOML) だけでなく、ASPX ページなどの実行時コンパイル時に一時フォルダとして使用されるため、サーバー全体の動作に幅広く影響します。
原因
本現象は .NET Framework 4 の Windows Workflow Foundation ワークフロー相互運用機能における不具合に該当します。
解決方法
.NET Framework 4.6 を適用します。
回避策
TEMP フォルダ内に読み取り専用のファイルを配置することで、フォルダが削除される状況を回避できます。
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3153791 - 最終更新日: 09/29/2016 12:48:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SharePoint Server 2013, Microsoft .NET Framework 4.0

  • KB3153791
フィードバック