現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

"HeapDecommitFreeBlockThreshold" レジストリ キーについて

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315407
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
概要
この資料では、HeapDecommitFreeBlockThreshold レジストリ キーについて説明します。

メモリがあるアドレスで解放されるとき、ヒープ マネージャはそのアドレスの周囲の空き連続バイト数をチェックします。チェックが完了した後、ヒープ マネージャでは次のいずれかを実行できます。
  • 連続メモリ ブロックをコミットされたままにします。
  • 連続メモリ ブロックをデコミットし、予約済みとしてマークします。
HeapDecommitFreeBlockThreshold レジストリ キーは、メモリが保持されて再使用される (最初のオプション) のではなく、デコミットされる (2 番目のオプション) 場合の連続バイト数を指定します。

: 1 GB 以上の RAM を搭載しているコンピュータでは、パフォーマンスを最大限にするために次の設定を適用します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager HeapDeCommitFreeBlockThreshold = REG_DWORD 0x00040000
RAM が 1 GB 未満のコンピュータでは、メモリの断片化が頻発する場合を除き、HeapDecommitFreeBlockThreshold レジストリ キーは使用しないでください。
詳細
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

デフォルトでは、ヒープ マネージャが必ずしもすべての空きブロックを結合したり、新しい割り当てを行ったりするとは限りません。そのため、ブロックがデコミットされて、仮想アドレス領域に不要な空間が生じることがあります。HeapDecommitFreeBlockThreshold レジストリ キーによって、メモリの解放時のメモリ管理方法を詳細に制御できます。このキーを追加するには、レジストリを編集する必要があります。

HeapDecommitFreeBlockThreshold レジストリ キーを追加するには、以下の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。
  2. レジストリの次のキーに移動し、クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager
  3. [編集] メニューの [値の追加] をクリックし、以下のレジストリ値を追加します。
    値の名前 : HeapDecommitFreeBlockThreshold
    データ型 : REG_DWORD
    基数 : 10 進数
    値のデータ : バイト数

    この値で指定された空きバイト数を超えると、ヒープ マネージャはメモリの保持および再使用を行わずに、デコミットします。このレジストリ キーに大きな値 (たとえば 262144) を設定すると、メモリがデコミットされないことがヒープ マネージャで保証されます。したがって、仮想アドレスの断片化は減少するか、まったく発生しません。


    : この値は、バイト数を 10 進数で示したものです。推奨される値は 262144 (16 進値 0x00040000 に相当) です。
  4. レジストリ エディタを終了します。
  5. コンピュータを再起動します。
VM, virtual memory, fragmented, exchange, store, e2k VA XADM
プロパティ

文書番号:315407 - 最終更新日: 11/26/2007 01:43:00 - リビジョン: 5.2

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • kbhowto KB315407
フィードバック