例、SQL Server 2000 Desktop Engine コールバック関数を実装する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:315463
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
ここ SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) のインストール時にコールバック関数を実装する方法について説明し、コールバック関数が正しく実行かどうかを確認するために満たす必要がありますすべての条件についても説明します。

SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) は、Microsoft SQL Server 2000 リレーショナル データベース エンジンの再配布可能なバージョンです。アプリケーションのセットアップ プロセスの一環として、エンジンをインストールするのには、SQL Server データベースのリレーショナル エンジンを使用するアプリケーションを許可します。

MSDE 2000 インストール パッケージを使用すると、進行状況を追跡するために、または、セットアップ中にカスタム アクションを実行するのには、コールバック関数を使用できます。

back to the top

コールバック関数の使用の条件

コールバック関数を正常に実行するのには、次の条件を満たしていなければなりません。
  • Windows インストーラー カスタム アクションの種類 1 ダイナミック リンク ライブラリ (DLL として) は、コールバック関数を実装しなければなりません。たとえば、コールバック DLL を作成するのには、Microsoft Visual C 拡張ストアド プロシージャ ウィザードを使用できます。

    Windows インストーラー ライブラリの種類の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
  • コールバック関数は、次のフォルダーのいずれかでを置く必要があります。
    • 返されるフォルダーを GetTempPath Win32 呼び出しです。
    • {製品コード} が返されるフォルダーがあるフォルダーを GetTempPath Win32 呼び出しです。

      メモ {製品コードですが、コンピューターにインストールされている MSDE 2000 インスタンスの製品コードのプレース ホルダーです。
    返されるフォルダーは、通常、 GetTempPath Win32 呼び出しは、 TMP % 環境変数です。場合は、 TMP % 環境変数が利用可能ではありません、それは、 %TEMP% 環境変数です。

    詳細については、 GetTempPath Win32 関数に、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
  • Desktop Engine コールバック関数する必要があります、Desktop Engine の終了コードを含む追加の UINT パラメーターを受け取るまたはコードを返します。コールバック関数の定義に似ています
    UINT __stdcall MyCallbackFunction(MSIHANDLE hinstall, UINT uExitCode)						
    場所 uExitCode Desktop Engine のセットアップの終了コード、またはリターン コード。

back to the top

サンプルの手順とコードは、コールバック関数を実装するのには

Visual Studio 6.0 の Microsoft を使用してサンプルのコールバック関数の実装、次の手順を説明します。

  1. Microsoft Visual C 6.0 IDE をクリックします。 ファイル、し 新しい.で、 プロジェクト タブで、[ストアド プロシージャの拡張ウィザード] をクリックします。
  2. プロジェクトの名前を指定します。たとえば、 MyCallback.プロジェクトを作成する場所を指定することもできます。クリックしてください。 [OK].
  3. コールバック関数の名前を指定します。たとえば、 MyCallbackFunction.この例は、コールバック DLL を作成するストアド プロシージャの拡張ウィザードを使用することに注意してください。ウィザードは、「xp _」で始まる名前を指定することをお勧めします。ただし、推奨事項を無視して、コールバック関数の名前を指定することができます。クリックしてください。 終了日.
  4. これは、クラスを作成して、 CPP 必要なファイル。[ワークスペース] ウィンドウで、このプロジェクトのワークスペースが表示されます。選択、 クラス ビュー、、を展開し、 グローバル変数 フォルダーには、 MyCallback クラス ツリー。定義が表示されますが、 MyCallbackFunction 関数です。

    コールバック関数のサンプル コードは、次のようにです。 サンプル コード 見出しです。次のコードをコピーして、プロジェクトをテストすることができます、 MyCallbackFunction 関数です。

    サンプル コード

    #include <stdafx.h>#define XP_NOERROR 0#define XP_ERROR 1#define MAXCOLNAME 25#define MAXNAME 25#define MAXTEXT 255#ifdef __cplusplusextern "C" {#endifUINT __declspec(dllexport) MyCallbackFunction(HANDLE hinstall, UINT uExitCode);#ifdef __cplusplus}#endifUINT __declspec(dllexport) MyCallbackFunction(HANDLE hinstall, UINT uExitCode){     TCHAR buffer[1024];     wsprintf(buffer, TEXT("**Callback** Return code is %d"), uExitCode);     MessageBox(NULL, buffer, TEXT("MyCallbackFunction Dialog"), MB_OK);     return 0;}					
    このコールバック関数のサンプルにはすべての呼び出しでこのテキストがメッセージ ボックスが表示されます。
    **Callback** Return code is 0					
  5. 使用して、MyCallback.dll ファイルを作成、 ビルド メニューです。DLL を構築/という名前のサブフォルダーに保存 デバッグ、手順 2 で指定した同じ場所にします。
  6. DLL をビルドすると、DLL をコピーする必要があります場所がコンピューターにインストールされている MSDE 2000 のバージョンによって異なります。
    • Microsoft SQL Server 2000年デスクトップ エンジンの SP2 を使用している場合は、次の環境変数のいずれかによって定義されている場所に DLL をコピーする必要があります。
      • TMP %
      • %TEMP%.
      環境変数の値を特定のコンピューターに現在ログオンしているユーザーを取得するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      セット
      このコマンドを含むすべての環境変数を表示します。 TMPTEMP.
    • Microsoft SQL Server 2000年デスクトップ エンジン SP3a を使用している場合は、いずれか、次の場所に DLL をコピーする必要があります。
      • %TMP%\{製品コード}
      • %TEMP%\{製品コード}
      メモ {製品コード} コンピューターにインストールされている MSDE 2000 インスタンスの製品コードのプレース ホルダーです。

      たとえば、製品コード E09B48B5-E141 ・ 427A ・ AB0C ・ D3605127224A の MSDE 2000 のインスタンスを持つ場合は、DLL にコピーする必要があります、 %TMP%\{E09B48B5-E141-427A-AB0C-D3605127224A 件 または %TEMP%\{E09B48B5-E141-427A-AB0C-D3605127224A 件 フォルダーです。
  7. デスクトップ エンジンの Windows インストーラーのコールバックのオプションを使用して、セットアップ中にコールバック関数を呼び出します。たとえば。
    CALLBACK=Dllname!CallbackFunctionName
    次の使用例の構文を示します。
    setup.exe /L*v c:\msde_setup.log CALLBACK=MyCallback!MyCallbackFunction					

back to the top
関連情報
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
299795Microsoft Visual Studio インストーラー 1.1 MSDE 2000 セットアップ パッケージを作成する方法


Windows インストーラー SDK の Microsoft プラットフォーム ソフトウェア開発キット (SDK) の一部です。プラットフォーム SDK の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SQL Server 2000年オンライン ブックです。トピック:「SQL Server アプリケーションの構築」です。「SQL Server アプリケーションを配布する」です。「SQL Server アプリケーションを配布する」です。「Windows インストーラーのデスクトップ エンジンのリターン コード」です。「デスクトップ エンジン Windows インストーラーのコールバック関数」
back to the top
MSDE コールバック関数 uExitCode kbAudDeveloper kbSQLServ2000Search kbZNotKeyword5 kbSQLServSearch

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:315463 - 最終更新日: 07/14/2011 20:38:00 - リビジョン: 5.0

  • kbhowtomaster kbmt KB315463 KbMtja
フィードバック