現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Azure のサイトの回復用の更新プログラム ロールアップ 13

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3155002
概要
この資料では、次のように Microsoft Azure サイト復旧のための更新プログラムのロールアップ 13 で修正される問題について説明します。
  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (バージョン 5.1.1700)
  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン: 9.1.4139.1)

について説明します 修正される問題の詳細 とは、 前提条件 この更新プログラムをインストールする前に検証する必要があります。
概要
Microsoft Azure のサイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップの 13には、Microsoft Azure のサイト回復サービス プロバイダーがインストールされたすべてのシステムが適用されます。これらを以下に示します。
  • Microsoft Azure の System Center Virtual Machine Manager (3.3.x.x) のサイト回復プロバイダー
  • HYPER-V (4.6.x.x) の Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー
  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (5.1.x.x)

更新プログラムのロールアップ 13 マイクロソフト Azure サイト復旧のための統合セットアップ(Azure に VMware) は、Microsoft Azure サイト復旧サービス統合のセットアップのバージョン 9.0.4016.1 またはそれ以上がインストールされているすべてのシステムに適用されます。

この更新プログラムで修正される問題
この更新プログラムを適用した後は、次の問題が修正されます。

Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー

機能強化
  • 機能強化が含まれてないです。

修正される問題
  • Azure のサイト回復のプロバイダーは、Virtual Machine Manager 2012年の更新プログラムのロールアップ 9年をインストールした後に、エラーの接続状態に入ります。
  • 高速なローカル ネットワーク上の他のコンポーネントとの通信を有効にするプロバイダーのバイパス リスト機能が追加されます。

Microsoft Azure サイト回復の統合セットアップ

機能強化
  • サービスの Url の確認をするための前提条件は、インストールが完了する前にアクセスできます。

修正される問題
  • 仮想マシンの reprotection が発生し、次のエラー メッセージが表示されます。
    VCenter/vSphere.Exception の詳細情報への接続中に例外が発生します。
    System.Net.WebException: HTTP ステータス 403 で要求が失敗しました: 禁止されています
  • 統合されたインストーラーは、再起動する前にユーザーからの同意を要求しません。
  • VMware vCenter の検出は、英語以外の言語で失敗します。

モビリティ サービス

機能強化
  • 機能強化が含まれてないです。

修正される問題
  • Azure へのフェイル オーバー後に、SUSE 11 SP3 仮想マシンに SSH ができませんしています。
  • 常に true を返す場合でも、エラーが発生しました cdpcli.exe を使用してホストを登録します。
  • 仮想マシンのレプリケーションを停止し、ホスト ・ ログに次のエラーを参照してください。
    VX: アプリケーション設定の talwrapper.cpp(98) を取得中に例外をキャッチしました [TalWrapper::post] CurlWrapper の投稿に失敗しました: サーバー: 172.16.0.218、ポート: 443、phpUrl: request_handler.php、セキュリティで保護された: true の場合、ignoreCurlPartialError: エラーのため、false を指定: [curlwrapper.cpp:CurlWrapper::processCurlResponse:198] でサーバー エラーが返されました: 500
  • 仮想マシンのレプリケーションを停止し、ホスト ・ ログに次のエラーを参照してください。
    ソースでブロックされているデータのアップロード

Microsoft Azure のサイトの回復 (サービス側の修正プログラム)

機能強化
  • 機能強化が含まれてないです。

修正される問題
  • フェイル オーバーのテストに失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    ソース ・ マシンのフェールオーバーに失敗しました。(エラー コード: 78066)
    原因が考えられます: フェイル オーバー ・ オペレーションの実行中に予期しないエラーです。
    に関する推奨事項: これが回復可能なサポート チームにお問い合わせください。
  • 仮想マシンのフェイル オーバーに失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー メッセージ: 'Azure V2 に VMWare' レプリケーション プロバイダーが、要求されたアクションを実行することができませんでした。
    考えられる原因: プロバイダーの操作に失敗しました。詳細については、他のエラーを確認してください。
    推奨される操作: 問題を解決し、操作を再試行してください。
  • 仮想マシンのフェイル オーバーに失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー メッセージ: ソース ・ マシンのフェールオーバーに失敗しました。
    考えられる原因: フェイル オーバー ・ オペレーションの実行中に予期しないエラーがします。
    推奨される操作: これが回復可能なサポート チームにお問い合わせください。
  • 仮想マシンのフェイル オーバーに失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー ID 78066
    エラー メッセージ: ソース ・ マシンのフェールオーバーに失敗しました。
    考えられる原因: フェイル オーバー ・ オペレーションの実行中に予期しないエラーがします。
    に関する推奨事項: これが回復可能なサポート チームにお問い合わせください。
    エラー ID 539
    エラー メッセージ: 'Azure V2 に VMWare' レプリケーション プロバイダーが、要求されたアクションを実行することができませんでした。
    考えられる原因: プロバイダーの操作に失敗しました。詳細については、他のエラーを確認してください。
    に関する推奨事項: は、問題を解決するには、操作を再試行してください。
  • 無効にするには、保護が失敗した場合とするには、次のエラー メッセージが表示されます。
    障害の保護を無効にします。
    エラー (1):
    内部エラーが発生しました。(エラー コード: 499)
    考えられる原因: 内部エラーのため操作に失敗しました。
    推奨される操作: 直前の操作を再試行します。問題が解決しない場合は、サポートに問い合わせてください。
  • VM の最初のレプリケーション実行中ですと仮想マシンの状態が表示されています。さらに、ポータルには、次のエラー メッセージが表示されます。
    プライマリまたは回復の仮想マシンが使用可能ではありません。(エラー ID: 60013)
    考えられる原因: プライマリまたは回復の仮想マシンは、設置サイトから削除されています。
    推奨される操作: リカバリ サイトの仮想マシンが使用可能な場合は、仮想マシンのフェイル オーバーを開始または、Azure のサイトの回復から仮想マシンを削除します。
  • 仮想マシンが失敗し、次のエラー メッセージが表示されるは、保護を有効にします。
    保護を有効にできませんでした (エラー コード: EP0856)
    考えられる原因: 移行元コンピューターにモバイル サービスのインストールをプッシュします。 Source_VM_IP エラー コード EP0856 が失敗しました。ソース マシンが実行されていない、または、プロセスのサーバー間でネットワーク接続の問題があります。 サーバー名 ソース ・ マシンです。
    アクションをお勧めします。
    1. ソース ・ マシンでは、プロセスのサーバーからアクセスできることを確認します。 サーバー名.
    2. ファイルとプリンターの共有が Windows ファイアウォールを使用できます。[Windows ファイアウォールの設定] オプションを選択します。
  • 仮想マシンのフェイル オーバーをテストに失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー メッセージ: 操作は中止されました。
    考えられる原因: 再試行の制限を超えたために、操作は中止されました。
    推奨される操作: は、しばらくしてから、操作を再試行してください。
  • フェイル オーバーは、同じ ip アドレスを複数回再利用しようとして、次のエラー メッセージが表示される場合に失敗します。
    エラー メッセージ: レプリカの IP アドレス IP アドレス 仮想マシンのネットワーク アダプターを更新することができませんでした。 VM_NAME.
    IP アドレスの原因が考えられます。 IP アドレス Azure の仮想ネットワークで Azure_Network_Name 仮想マシンのネットワーク アダプター用に予約されて VM_NAME.
    推奨される操作: は、このネットワーク アダプターに異なる IP アドレスを割り当てることをしてください。
  • 先となる仮想マシンは、フェールオーバーにサブネットとして、GatewaySubnet を選択して、次のエラー メッセージが表示される場合は、フェイル オーバーが失敗します。
    クラウドの例外のエラー ・ コード: GatewaySubnet、エラー メッセージ: のみのゲートウェイ リソースを元のメッセージ名 'GatewaySubnet' を使用してサブネットを使用することができます: {
    [エラー]: {
    「コード」:"GatewaySubnet"、
    「メッセージ」:「'GatewaySubnet' の名前を使用してサブネット使用できますゲートウェイ リソースに対してのみ」、。
    [詳細]:
    }
    }、応答の本体のコードです。
  • 仮想マシンのフェイル バックに失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    フェイル バック用の仮想マシンを準備することができませんでした。(エラー コード: 25052)
    プロバイダー エラー: (E14A3E37-C729-418C-815A-E0FD64D701C8) を仮想マシンの仮想ハード_ディスクを作成できませんでした。例外メッセージ - (アサーション エラー!)
    HYPER-V への接続に失敗しました。 Microsoft Azure のサイト回復のサービスまたはホストに十分な空き領域がありません。
    ホスト問題を解決し、再度実行してください。(プロバイダーのエラー コード: 31354)
    原因が考えられます。 詳細については、プロバイダー エラーをチェックします。
    に関する推奨事項: は、問題を解決するには、操作を再試行してください。
  • 仮想マシンのレプリケーションが失敗して、エラー 0x8079ffff が発生します。

Azure のサイトの回復を更新設置型のコンポーネント

シナリオ手順
2 つの設置型 VMM のサイト

- または -

設置型 VMM の 2 つのサイト間で SAN アレイのレプリケーションを使用します。
  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 13 のダウンロードします。.
  2. まずリカバリ ・ サイトを管理している設置型 VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 13 をインストールします。
  3. リカバリ ・ サイトが更新されると、プライマリ サイトを管理している VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 13 をインストールします。

注: <b> VMM が、高度利用できる VMM (VMM のクラスター化) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードでアップグレードをインストールすることを確認します。
VMM のサイトを設置し、Azure の間
  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 13 のダウンロードします。.
  2. 設置型 VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップ 13 をインストールします。

注: <b> VMM が、高度利用できる VMM (VMM のクラスター化) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードでアップグレードをインストールすることを確認します。
HYPER-V のサイトを設置し、Azure の間
  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 13 のダウンロードします。.
  2. Azure のサイトの回復に登録されている場合、HYPER-V サーバーの各ノードには、プロバイダーをインストールします。
注: <b> 場合は、HYPER-V ホスト クラスター化された HYPER-V サーバーを確認、クラスターのすべてのノードでアップグレードをインストールすること
Azure への設置型 VMware/物理サイト間
  1. Microsoft Azure のサイトの回復の設定を統一された更新プログラムのロールアップ 13 のダウンロードします。.
  2. 設置管理サーバー上の最初にこの更新プログラムをインストール、これは、ロールを含む、サーバー構成およびプロセス サーバー上にインストールされているサーバーです。
  3. スケール アウト プロセス サーバーの場合は、次に更新します。
  4. 次に、保護されている項目またはレプリケートされたアイテムの pate に Azure ポータルに移動します。
  5. このページのすべての VM を選択すると、下部に [エージェントの更新] ボタンが表示されます。
  6. 保護されたすべての仮想マシンのモビリティ サービス エージェントを更新するには、各 VM では、このボタンをクリックします。

更新プログラムの情報

これらの問題を解決するには、次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。 Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

Microsoft Azure サイト復旧プロバイダーの更新プログラムのロールアップ 13 (バージョン 5.1.1600) をインストールするがインストールされている次のいずれかする必要があります。
  • Microsoft Azure HYPER-V 回復マネージャー (バージョン 3.4.486 またはそれ以降のバージョン)
  • Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー (バージョン 4.6.660 またはそれ以降のバージョン)
  • Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー (バージョン 5.1.1000 またはそれ以降のバージョン)

Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ更新プログラムのロールアップ 13 (バージョン 9.1.4139.1) をインストールするには、以下がインストールされてが必要です。
  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン 9.0.4016.1 またはそれ以降のバージョン)

<b>コントロール パネルの [プログラムと機能] でインストールされているプロバイダーのバージョンをチェックすることができます。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。この更新プログラムは自動的に、システム Center Virtual Machine Manager サービスを停止します。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3155002 - 最終更新日: 08/02/2016 20:48:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbbug kbmt KB3155002 KbMtja
フィードバック