Windows セキュリティ センターの診断ログを有効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3155606
概要
この資料では、Windows の 10 の Windows セキュリティ センターの診断ログを有効にする方法について説明します。
詳細
重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

Windows セキュリティ センターの診断ログを有効にするには、*.reg ファイルとして、次の内容を保存し、キーをインポートします。
Windows Registry Editor Version 5.00[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\WMI\Autologger\WscLogger]"GUID"="{FFFAC41B-9B97-4DCA-98CE-611471DF0F85}""FileName"="%SystemRoot%\\System32\\LogFiles\\WMI\\WscTrace.etl""ClockType"=dword:00000002"Start"=dword:00000001"Status"=dword:00000000"MaxFileSize"=dword:00000000"FlushTimer"=dword:00000001"LogFileMode"=dword:10000004 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\WMI\Autologger\WscLogger\{1B0AC240-CBB8-4d55-8539-9230A44081A5}]"Enabled"=dword:00000001"EnableFlags"=dword:0000ffff"EnableLevel"=dword:0000000f"MatchAnyKeyword"=hex(b):ff,ff,ff,ff,00,00,00,00
レジストリ データをインポートする方法の詳細については、次を参照してください。レジストリの一部または全部をインポートします。.

結果のログ ファイルは、マイクロソフトの内部のチームで使用されるように設計されていて、公開ツールを使用して使用するため変換できません。

これらのキーを作成して、コンピューターを再起動する必要が、データをキャプチャし、後は、すぐに開始されます。再起動し、オペレーティング システムのアップグレードの間でデータのキャプチャが行われます。

ログを停止するには、次のキーの下で有効値を変更します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\WMI\Autologger\WscLogger\{1B0AC240-CBB8-4d55-8539-9230A44081A5}

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3155606 - 最終更新日: 05/02/2016 08:10:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2016 Technical Preview 5, Windows Server 2016 TP4, Windows Server 2016 Technical Preview, Windows 10 Insider Preview

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbhowto kbinfo kbmt KB3155606 KbMtja
フィードバック