Lync Server 2010 Web コンポーネント サーバーの累積的な更新 4.0.7577.726 年 2016年 4 月

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3155851
この累積的な更新プログラムを修正します。 問題の範囲 Microsoft Lync Server 2010 では、Web コンポーネント サーバーです。この更新プログラムのバージョン番号は、4.0.7577.726 です。
この更新プログラムで解決される問題
この累積的な更新プログラムには、次の問題が修正されます。

さらに、この累積的な更新プログラムには、以前にリリースされた以下の資料に記載されている問題も修正されます。
Lync Server 2010 Web コンポーネント サーバーの累積的な更新プログラム KB3155851 を取得します。
次のファイルはマイクロソフト ダウンロード センターからダウンロードできます。
ダウンロードWebcomponents.msp の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。
リリース日: 4 月の 2016 年

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この累積的な更新プログラムをインストールするための前提条件はありません。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージに更新プログラム パッケージのいずれかを使用、レジストリに変更を加える必要はありません。

パッケージのインストール情報を更新します。

この更新プログラム パッケージをインストールするには、次のプラットフォームを実行しているコンピューターに WebComponents.msp パッケージをインストールします。
  • Lync Server 2010 の標準エディション
  • Lync Server 2010 のエンタープライズ エディションのフロント エンド

アンインストール情報

この更新プログラム パッケージを削除するには、コントロール パネルの [プログラム追加と削除機能を使用します。

この累積的な更新プログラムをアンインストールすると、ソース CD を挿入またはソース ファイルがある場合はこれを行うメッセージが表示されたら、パスを指定します。

この更新プログラム パッケージをアンインストールすると、インターネット インフォメーション サービス (IIS) が実行を停止することがあります。この問題は、この更新プログラム パッケージをアンインストールすると、ApplicationHost.config ファイルに次の変更が適用されるために発生します。

注: <b>ApplicationHost.config ファイルは、次のディレクトリにあります。
%Windir%\System32\inetsrv\config\

  • 重複したエントリは、<location path="Lync Server Internal Web Site" overridemode="Allow">の後 2 つのセクションで作成したタグと<location path="Lync Server External Web Site" overridemode="Allow">タグです。

    重複したエントリが作成されると、これら 2 つのセクションは、次のようになります。</location></location>
    <location path="Lync Server Internal Web Site" overridemode="Allow">
    <system.webServer>
    <security>
    <authentication>
    <windowsAuthentication></windowsAuthentication>
    <windowsAuthentication></windowsAuthentication>
    </authentication>
    <authentication></authentication>
    </security>
    <security></security>
    </system.webServer>
    <system.webServer></system.webServer>
    </location>
    <location path="Lync Server External Web Site" overridemode="Allow">
    <system.webServer>
    <security>
    <authentication>
    <windowsAuthentication></windowsAuthentication>
    <windowsAuthentication></windowsAuthentication>
    </authentication>
    <authentication></authentication>
    </security>
    <security></security>
    </system.webServer>
    <system.webServer></system.webServer>
    </location>
  • ファイルの最後にあるタグの前に、次のエントリが作成されます。
    • <location path="Lync Server Internal Web Site" overridemode="Allow"></location>
    • <location path="Lync Server External Web Site" overridemode="Allow"></location>
手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. <location path="Lync Server Internal Web Site" overridemode="Allow">の後の 2 つのセクションで重複したエントリを削除し、<location path="Lync Server External Web Site" overridemode="Allow">のタグです。2 つのセクションのエントリを削除すると、次のように:</location> </location>
    <location path="Lync Server Internal Web Site" overridemode="Allow">
    <system.webServer>
    <security>
    <authentication>
    <windowsAuthentication></windowsAuthentication>
    </authentication>
    </security>
    </system.webServer>
    </location>
    <location path="Lync Server External Web Site" overridemode="Allow">
    <system.webServer>
    <security>
    <authentication>
    <windowsAuthentication></windowsAuthentication>
    </authentication>
    </security>
    </system.webServer>
    </location>
  2. ApplicationHost.config ファイルの末尾に次のエントリを削除します。
    • <location path="Lync Server Internal Web Site" overridemode="Allow"></location>
    • <location path="Lync Server External Web Site" overridemode="Allow"></location>
  3. ApplicationHost.config ファイルを保存し、IIS を再起動します。

ファイル情報

この更新プログラム パッケージには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この更新プログラム パッケージには、この資料に記載されている問題を修正するに必要なファイルのみが含まれています。

この更新プログラム パッケージのグローバル バージョンは、更新プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
関連情報
について説明します 標準的な用語集 マイクロソフトのソフトウェアを更新する使用します。

取得します Lync Server 2010 用の最新の更新プログラム.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3155851 - 最終更新日: 04/16/2016 08:12:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Lync Server 2010 Enterprise Edition, Microsoft Lync Server 2010 Standard Edition

  • kbfix kbsurveynew atdownload kbexpertiseinter kbmt KB3155851 KbMtja
フィードバック