修正プログラムのロールアップ (ビルド 4.3.2201.0) は、SharePoint ユーザー プロファイル ストアの Forefront ユーザー マネージャーのコネクタの使用

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3156030
はじめに
修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド4.3.2201.0) は、Microsoft Forefront ユーザー マネージャーのコネクタを SharePoint ユーザー プロファイル ストアに使用できます。このプログラムのロールアップ パッケージでは、「関連情報」セクションに記載されている SharePoint のコネクタの問題を解決します。

更新プログラムの情報

サポートされている更新は、Microsoft ダウンロード センターから利用可能です。すべてのお客様が、本番システムにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

Microsoft ダウンロード センター


必要条件

この更新プログラムを適用するには、以下がインストールされてが必要です。
  • Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 では、または Windows Server 2012 R2
  • マイクロソフトの.NET Framework 4.5
  • Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョンがマイクロソフトの個人情報管理の 2016年を含む

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Sharepointconnector.msi該当なし1,105,9202016 年 4 月-29-16:12該当なし
詳細

修正される問題

この修正プログラム ロールアップは、マイクロソフト サポート技術情報をこれまでに記載されていなかった以下の問題を修正します。

はじめに

ユーザー プロファイル サービス アプリケーションのスキーマ内の属性のTermSetID値を設定すると、SharePoint の Forefront ユーザー マネージャーのコネクタは、唯一のエクスポート属性フロー ルールを有効にするには、その属性の既定のスキーマを変更します。この変更の前に既存のインポート属性フロー ルールを定義すると、コネクタ インスタンスの構成が無効になります。

この更新プログラムで変更 SharePoint コネクタは、接続のプロパティ ページに追加の設定を追加することにします。この新しいプロパティは、自動的に更新される属性のインポートと呼ばれます。
プロパティ

このプロパティを有効にすると、属性フロー ルールのインポートのTermSetID値が NULL でない SharePoint ユーザー プロファイル ストアから定義済みの againstattributes を使用できます。

インストールし、新しいコネクタの定義を構成する手順を実行します。

インストール方法
(存在する場合)、ユーザー マネージャーの FIMSynchronizationService と FIMService のフル ・ バックアップを行うことをお勧めするは、この新しいコネクタをインストールする前にデータベースです。新しいコネクタをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. ユーザー マネージャーがインストールされているサーバーには、SharepointConnector.msi ファイルをコピーします。
  2. 管理 cmd.exe ウィンドウでは、SharePointConnector.msi ファイルを実行します。
  3. 現在インストールされているコネクタを更新する指示に従います。

新しい定義を反映するためには、現在の SharePoint コネクタ インスタンスを更新します。
  1. MIISClient.exe ファイルを実行します。
  2. [管理エージェント] タブでは、SharePoint コネクタのインスタンスを選択します。
  3. [アクション] メニューの [プロパティ] をクリックします。
  4. SharePoint コネクタのプロパティを更新し、結果を保存します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 各プロパティ ページを順にクリックします。[接続プロパティ] ページで、コネクタのアカウントのパスワードを入力するように求め可能性があります。
    2. すべてのページ間をクリックした後は、変更を保存するのには[ok]をクリックします。

コネクタの既定の動作を変更します。
  1. SharePoint コネクタ インスタンスのプロパティページを再度開きます。
  2. [接続] タブをクリックします。
  3. 、一番下までスクロールし、自動的に更新される属性のインポート] チェック ボックスを選択し、。
    プロパティ
  4. [OK] をクリックします。コネクタのアカウントのパスワードを入力するように求め可能性があります。パーティションの構成と階層のプロパティ] ページが表示されている場合 [更新] をクリックします。
    プロパティ
  5. コネクタ インスタンスのスキーマを更新します。[アクション] メニューで、[スキーマの更新] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。
    スキーマを更新します。

    [接続] ダイアログ ボックスで資格情報を入力し、し、[OK] をクリックします。
    接続

    ログ画面が表示されます、スキーマの更新に関する情報を提供するには、[閉じる] クリックします。
    スキーマの更新
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3156030 - 最終更新日: 04/29/2016 20:17:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Identity Manager 2016, Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbbug atdownload kbmt KB3156030 KbMtja
フィードバック