ユーザー フォームは、短くして以前のバージョンの Excel よりも幅の狭い

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3156159
現象
プログラムからユーザー フォームの高さプロパティを設定して、このユーザー フォームを表示するのには Microsoft Excel の 2016年を使用することを想定しています。このような場合は、表示の高さと幅が短く、幅の狭い (それぞれ) よりも Excel の以前のバージョンです。内側の高さと内側の幅も短く、幅を狭くするは、右側にあると、ユーザー フォームが途切れる、または切り捨て、ウィンドウの下端にあります。ユーザー フォームのメイン領域にコントロールのレイアウトは、Excel の以前のバージョンと同じに見えます。したがって、フォームやコントロールの一部が切り詰められます。
原因
2016 の Excel と Excel の以前のバージョンとの間の境界線のサイズの計算に違いがあるためこの問題が発生します。
回避策
この問題を回避するには、使用している Excel のバージョンに基づいて、ユーザー フォームの特定の高さと幅の値を設定します。これは、Excel の 2016年のサイズの高さと幅のプロパティを指定することを意味します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されている マイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この問題を再現するには、以下の手順を実行します。
  1. 2016 前の Excel のバージョンの Excel 2013 などの Excel で新しいブックを開きます。
  2. [ファイル] タブで、名前を付けて保存] をクリックして、[参照] をクリックします。ファイルの種類] ボックスにExcel Macro-Enabled ブック (*.xlsm) ] をクリックして、[ファイル名] ボックスで、ファイル名を入力し、[保存] をクリックします。
  3. [開発] タブをクリックします。[開発] タブが表示されない場合は、これらの手順に従います。
    1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。
    2. リボンをカスタマイズする] をクリックします。
    3. メイン タブ] 領域で、[開発] チェック ボックスを選択します。
    4. Excel のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  4. Visual Basic Visual Basic エディターを起動するコードグループをクリックします。
  5. プロジェクト - VBAProjectのウィンドウで、ショートカット メニューを開き、挿入] をクリックし、[ユーザー フォーム] をクリックを右クリックします。
  6. [ツールボックス] ウィンドウでコントロールを選択し、ユーザー フォームの右と下の境界線の近くに貼り付けます。
  7. ユーザー フォームのオブジェクトをクリックを選択してユーザー フォームのサイズを拡張するのには、角のマークをドラッグします。
  8. プロジェクト - VBAProjectのウィンドウでは、 UserForm1を右クリックし、[コードの表示] をクリックします。
  9. これらの手順に従います。
    1. [オブジェクト] ボックスで、ユーザー フォームをクリックします。
    2. [プロシージャ] ボックスで、[フォーマット] をクリックします。
    3. 初期化イベントに次のマクロ コードを追加します。
      UserForm1.Height = 180UserForm1.Width = 240
    4. プロジェクト - VBAProjectのウィンドウで、ショートカット メニューを開き、挿入] をクリックし、[モジュール] をクリックを右クリックします。
    5. Module1 という名前で次のマクロ コードを入力します。

      Public Sub Test()        UserForm1.ShowEnd Sub
  10. [開発] タブには、コードグループでマクロをクリックします。
  11. テストマクロをクリックし、[実行] をクリックします。手順 6 で貼り付けられているコントロールが正しく表示されているを確認できます。後で比較するのにはウィンドウのサイズを確認してください。
  12. ブックで、[ファイル] タブをクリックし、[保存] をクリックします。
  13. このブックを Excel 2016 がインストールされているコンピューターにコピーします。
  14. このブックを開きます。
  15. [開発] タブには、コードグループでマクロをクリックします。
  16. テストマクロをクリックし、[実行] をクリックします。
結果:

手順 6 で貼り付けられているコントロールの一部が切り捨てられることを確認できます。また、ウィンドウのサイズは、幅を狭くし、手順 11 でのサイズよりも短いです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3156159 - 最終更新日: 05/09/2016 17:01:00 - リビジョン: 1.0

  • kbtshoot kbbug kbexpertiseadvanced kbmt KB3156159 KbMtja
フィードバック