2014、SQL Server 2012年で SQL Server の AlwaysOn リース タイムアウトのサポート性の向上

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3156304
概要
この更新プログラムには、Microsoft SQL Server の AlwaysOn リース タイムアウトのサポート性の次の改善が含まれています。
  • リース タイムアウト時にシステムのパフォーマンス データが報告されます。

    リース タイムアウトは、頻繁に、リースのタイムアウト期間のリースの更新を防止するシステム規模のイベントが発生する可能性です。応答しないディスク サブシステム、CPU 使用率が 100%、または (仮想化) のリース タイムアウトを発生させることがある問題のすべての例は、ホスト ・ サーバで競合が発生します。リース タイムアウトがある場合は、次のシステム ・ パフォーマンス ・ オブジェクトは、クラスター ログに報告されます。

    プロセッサ時間 (%), 使用可能なメモリ (バイト単位), 平均ディスク読み取り/秒平均ディスク秒/書き込み

    パフォーマンス データの保存管理されている最後の 5 つのセットが報告されたがコレクションの間隔は、間隔によって決まりますsp_server_diagnostics 結果の処理を SQL Server のリソース DLL を (RHS でホストされています。EXE)。既定では、これは、10 秒ごとです。

    次に、データセットの例を示します。10 秒間隔を想定しています。パフォーマンス データは、最後の 50 秒間、これらのオブジェクトを報告します。最初のメッセージには、リースのタイムアウトが報告されます。次のメッセージは、次の 5 つのメッセージ内の次のパフォーマンス データの見出し、テーブルのような出力を読み取ることができます。

    00002968.000019c8:。日付時刻 警告 [RE] SQL Server の可用性は、次のグループ: [hadrag] リース タイムアウト検出されると、これまでに収集されたパフォーマンス カウンターのデータをログ出力
    00002968.000019c8:。日付時刻 [Hadrag] 日付と時刻、プロセッサの time(%)、利用可能な memory(bytes)、平均ディスク read(secs) では、平均ディスク write(secs) のメッセージを表示する [RE] SQL Server の可用性をグループ化します。
    00002968.000019c8:。日付時刻警告 [RE] SQL Server の可用性は、次のグループ: [hadrag] 日付時刻、3.216014、2219802624.000000、0.001333、0.000355
    00002968.000019c8:。日付時刻警告 [RE] SQL Server の可用性は、次のグループ: [hadrag] 日付時刻、3.010540、2219888640.000000、0.001150、0.000963
    00002968.000019c8:。日付時刻警告 [RE] SQL Server の可用性は、次のグループ: [hadrag] 日付時刻、、、5.524332、2224078848.000000、0.000000 0.000697
    00002968.000019c8:。日付時刻警告 [RE] SQL Server の可用性は、次のグループ: [hadrag] 日付時刻、3.334432、2224504832.000000、0.001367、0.000438
    00002968.000019c8:。日付時刻警告 [RE] SQL Server の可用性は、次のグループ: [hadrag] 日付時刻、9.189380、2225078272.000000、0.001367、0.000834

更新プログラムの情報

この機能は、次の Service Pack および SQL Server の累積的な更新プログラムで導入されたフィストでした。

累積的な更新 3 SQL Server 2012年のサービス パック 3 にします。

SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。


SQL Server のサービス パックについて

サービス パックは累積されます。各新しいサービス パックには、すべての新しい修正プログラムと共に、以前の service pack に含まれるすべての修正プログラムが含まれています。推奨では、最新の service pack と service pack の最新バージョンの累積的な更新を適用します。最新の service pack をインストールする前に、以前の service pack をインストールする必要はありません。最新の累積的な更新と service pack の詳細についてを検索するには、次の資料の表 1 を使用します。

バージョン、エディション、および更新プログラムのレベルの SQL Server とそのコンポーネントを確認する方法
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
リース タイムアウトの詳細についてを参照してください、 AlwaysOn 可用性グループのリース タイムアウトの診断の向上 マイクロソフトの開発者 (MSDN) web サイトのトピックです。

について説明します用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3156304 - 最終更新日: 07/12/2016 02:05:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express

  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB3156304 KbMtja
フィードバック