クラウド プラットフォーム システム プレミアムの 1605年を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3156500
概要
クラウド プラットフォーム システム (CPS) のプレミアムには、Windows サーバーが含まれていて、SQL Server の更新の 1605年を更新します。この更新プログラムには、次のコンポーネントが含まれています。
  • Dell のアクティブなファブリック ・ マネージャー (AFM) P7 リリース(未リリースの P5 と P6 をより優先されます。)
  • Virtual Machine Manager (VMM) HYPER-V ネットワーク仮想化ポリシーの修正プログラムです。
  • 1605年-0 更新します。1 回の更新であること (これは、します。3138615) を Windows Update エージェントです。これを個別にインストールする必要があります (および前に) 本体のパッケージです。
  • 1605年-1 を更新します。これは、メイン パッケージです。111 の更新プログラムが含まれています。

System Center または Windows のドライバーの更新プログラムはありません。

Dell AFM P7 のパッケージには、スイッチのファームウェアのアップデートが含まれます。

注: <b>大規模な更新プログラムのペイロードの配置は、Windows Update エージェントの更新プログラムに依存するためは、次のメジャー リリース (1607) からのすべての更新プログラムの前提条件になります。
詳細
CPS のプレミアムの 1605年を更新プログラムをインストールするには、以下の手順を実行します。この更新手順では、1603年の更新プログラムが既にインストールされていると仮定しています。CPS プレミアム管理者ガイドへの参照は、1603年の更新プログラムのバージョンに適用されます。1605 更新の CPS プレミアム管理者ガイド」を改訂することはありません。

注: <b>1604 更新プログラムのリリースはありませんでした。

手順 1: ネットワーク スイッチのファームウェアを更新します。

次の情報と、アカウント ・ チームによって提供されている CPS プレミアム管理者ガイド 』 の「ネットワーク ・ スイッチ ・ ファームウェアの更新」セクションで手順を実行します。
  • 2014 ハードウェアと CPS のプレミアム ・ サポートに、適用性に関する管理者ガイドのコメントを無視します。このスイッチのファームウェアは、CPS のプレミアム ハードウェアのすべてのバージョンに適用されます。
  • 更新 1605年の AFM ファイルのダウンロード場所は次のとおりです。

    スイッチは、更新後に実行する必要がありますが、推奨されるファームウェアのバージョンを次に示します。

    デバイス推奨されるファームウェアのバージョンCPS プレミアム ハードウェアのバージョン
    S40489.9 (0.0P11)2016
    S30489.9 (0.0P11)2016
    S48109.9 (0.0P11)2014
    S558.3.5.62014


手順 2: 前提条件の VMM の修正プログラムをインストールします。

Virtual Machine Manager (VMM) HYPER-V ネットワーク仮想化ポリシーの修正プログラムを適用する方法

可用性の高い VMM がクラスターの役割 (プレフィックスHA の VMM では) 2 つのノードには プレフィックスVMM-01 - と プレフィックスVMM を提供します。、以下の指示には、Node1 と Node2 としてこれらを参照してください。
  1. 指定の場所からは、C:\VMMHotfix など、コンソール、仮想マシン上のフォルダーにシステム センター 2012 R2 VMM UR の修正プログラムの 6095474.exeファイルをコピーします。
  2. システム センター 2012 R2 VMM UR の修正プログラムの 6095474.exeファイルをダブルクリックし、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を確認、 [はい] をクリックします。
  3. C:\VMMHotfix など、展開されたファイルを保存するフォルダーを選択し、[ OK] をクリックします。
  4. VMM のパッシブ ノードを決定します。こうと、[Windows PowerShell ISE セッションを開き、次のスクリプトを実行して、場所は、スタンプのプレフィックスです。
    $prefix = $ENV:COMPUTERNAME.split('-')[0]$VmmServerName = "$prefix-HA-VMM" $vmmServer = Get-SCVMMServer -ComputerName $VmmServerName $activeNode = $vmmServer.ActiveVMMNode $passiveNodes = @() $vmmServer.FailoverVMMNodes | ForEach-Object { if($_.ToLower() -ne $activeNode.ToLower()){ $passiveNodes += $_ } } Write-Host "Active Node: $activeNode" -ForegroundColor GreenWrite-Host "Passive Node: $passiveNodes" -ForegroundColor Green

    このスクリプトでは、VMM のパッシブ ノードのサーバー名を返します。(この例では、最初と仮定 Node2 がパッシブ ノードになっている。)

  5. ファイル エクスプ ローラーでは、パッシブ ノードの次のフォルダーを参照してください。
    \\プレフィックスVMM-0 #> \c$\Program Files\Microsoft システム センター 2012 R2\Virtual マシン Manager\bin
  6. \Binフォルダーには、 ImgLibEngine.dllファイルのバックアップ コピーを作成します。
  7. VMM コンソールでは、VMM のパッシブ ノードが実行されているどの (クラスター内のホストの管理) を決定します。
  8. HYPER-V マネージャーを開き、前の手順で特定した管理クラスター ホストへの接続し、VMM のパッシブ ノードに接続します。
  9. VMM のノードで、次のように入力します。 powershell 、昇格した特権の Windows PowerShell セッションを開き、次のコマンドを実行しています。
    サービスの停止 SCVMMService-サービスの停止の SCVMMAgent
  10. 実行しているサービスが停止したことを確認します。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    Get-SCVMMService Get サービス SCVMMAgent

    状態が停止していることを確認します。システム センター管理サービスのホストプロセスを終了するメッセージが表示されたら、[無視] をクリックします。

  11. コンソールの vm では、パッシブ ノードの次のフォルダーを参照してください。
    \\プレフィックスVMM-0 #\c$\Program Files\Microsoft システム センター 2012 R2\Virtual マシン Manager\bin
  12. \Binフォルダーには、修正プログラム パッケージから抽出したファイルの新しいバージョンのImgLibEngine.dllファイルを交換してください。
  13. VMM のパッシブ ノードには、VMM エージェント サービスを開始するのには次のコマンドを実行します。
    サービスを開始 SCVMMAgent

    注: <b>VMM サーバーのパッシブ ノードがアクティブでない場合、 SCVMMServiceサービスが開始することはできません。SCVMMServiceサービスは、ノードがアクティブ ノードになったときにのみを開始します。これは仕様です。

  14. フェールオーバー クラスター マネージャーでは、フェイル オーバーを開始します。Node1 は、このアクティブ ノードをパッシブ ノードと Node2 (これは既に更新されています) にします。
  15. フェールオーバー クラスター マネージャーを起動しに接続します プレフィックス-CL VMMのクラスターです。
  16. [ロール] をクリックします。ロールウィンドウには、所有者のノード列で、アクティブなノードが表示されます。アクティブ ノードを右クリックしポイントを移動するにして、ノードの選択] をクリックします。他のノードを選択し、新しいアクティブ ノードの状態が変更を実行するかどうかを確認します。数秒をかかります。
  17. 5-13 (この例では、ノード 1) では新しいパッシブ ノード上の VMM ファイルを更新するための手順に従います。

(必要な場合) は、更新プログラムを元に戻す。
  1. VMM のパッシブ ノードで、 SCVMMServiceサービスを停止およびSCVMMAgentサービスを停止します。
  2. Virtual Machine Manager のインストール ディレクトリの下のファイルをバックアップ ファイルに置き換えます。
  3. SCVMMAgentサービスを開始します。
  4. SCVMMServiceサービスを開始します。
  5. フェールオーバー クラスター マネージャーでのフェイル オーバーを開始します プレフィックスHA の VMM のクラスター化されたロールです。
  6. 新しいパッシブ ノードに手順 1 ~ 4 を繰り返します。

手順 3: パッケージを準備します。

アカウント ・ チームによって提供されている CPS プレミアム管理者ガイド 』 の「更新プログラムの適用環境を準備する」セクション手順に従います。

1605-0 と 1605年-1 の両方の更新プログラムを今すぐ、抽出し、別のフォルダー内のインフラストラクチャの共有上に配置します。

更新プロセスを開始できません、代わりに次の手順で説明されている稼働状況チェックを実行しないでください。

手順 4: WSUS サーバーをクリーンアップします。

  1. VM では、コンソール、 Windows Server Update Servicesコンソールを開きます。
  2. 更新サービスを右クリックし、サーバーへの接続] をクリックし、WSUS の VM (に接続し、プレフィックス-SUS - 01)。
  3. ナビゲーション ・ ペインで更新プログラムのサービスを展開WSUS_Server更新プログラムを展開し、すべての更新] をクリックします。
  4. すべての更新] ウィンドウの [承認] ボックスの一覧で、辞退を除くすべてをクリックします。状態] ボックスの一覧ですべて] をクリックし、[更新] をクリックします。
  5. すべての更新プログラムを選択します。
  6. 、選択範囲を右クリックし、[辞退] をクリックします。
  7. ナビゲーション ウィンドウでサーバー名を展開しし、オプション] をクリックします。
  8. [オプション] ウィンドウで、サーバー クリーンアップ ウィザード]をクリックします。
  9. サーバーに接続していないコンピューター以外のすべてのチェック ボックスをオンにします。
  10. [次へ] をクリックします。

手順 5: パッチ & 更新稼働状況チェックを実行し、検出された問題に対処

CPS プレミアム管理者ガイド 』 の「コンピューターの更新」セクションで完了」手順 1: 稼働状態チェックを実行し、、検出された問題を解決します」。これを確認し、実行中のバックアップ ジョブを無効にする機能が含まれます。

重要: 更新プロセスを開始ですが、代わりに稼働状況チェックを実行、検出された問題を修正されず、実行されているバックアップ ・ ジョブを停止します。

P & U 更新プログラムを実行の手順 6: パッケージ 1605年-0

CPS 管理者ガイド 』 の「コンピューターの更新」セクション次の「手順 2: P & U の更新プログラム パッケージを適用」1605-01 の更新プログラムを適用します。

更新プロセスの一部として稼働状態チェックを実行 1603 の更新、P & U で自動的に起動するに注意する必要があります。– ScomAlertActionパラメーターの値を変更することによって重要な Operations Manager アラートが検出された場合の動作を制御することができます。詳細については管理者ガイドを参照してください。

このパッケージのサイズ、配置の推定値の 12-18 時間

1605-1 をすぐに適用する予定がない場合は、DPM エージェントを無効にした場合、以前 (『 管理者ガイド 』 で説明します) を有効にすることに注意してください。

すぐに 1605年-1 を適用する予定がない場合の手順"ステップ 3: クリーンアップ更新後「管理者ガイド」を更新した後の。

P & U 手順 7: 実行するパッケージ 1605年-1 を更新します。

1605-1 パッケージをインストールするための同じ手順に従います。これをスケジュールできます 1605年-0 パッケージでは、直後に、または、将来、保守期間の要件に応じて。

このパッケージのサイズ、配置の推定値の (ラック マウント型) ごとの 36-48 時間

更新が完了すると後、は、DPM エージェントを無効にした場合、以前 (『 管理者ガイド 』 で説明します) を有効にするのに注意してください。手順に従って、また、"手順 3: クリーンアップ更新後「管理者ガイド」を更新した後の。

オプション対応スキャンを実行する手順 8。

対応スキャンを実行するには、次のフラグを渡します。
\\SU1_InfrastructureShare1CPSPU_Folder_Name\Framework\PatchingUpgrade\Invoke-PURun.ps1 PUCredential $cred - ComplianceScanOnly

コンプライアンスのスキャンの出力は、更新プログラム パッケージの解凍、たとえば次の場所:"PURoot"\MissingUpdates.json

1605-0 の更新プログラムのペイロード

Windows Server 2012 R2 の更新プログラム
KB 資料説明
3138615Windows Server 2012 の更新プログラムの R2 (KB3138615)

1605-1 の更新プログラムのペイロード

Windows Server 2012 R2 の更新プログラム

KB 資料説明
3156059Windows シェル用のセキュリティ更新プログラムの MS16-057: 説明: 2016 5 月 10 日
3156019グラフィックス コンポーネントの Microsoft セキュリティ更新プログラム MS16-055: 説明: 2016 5 月 10 日
3156017Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-062: 説明: 2016 5 月 10 日
3156016グラフィックス コンポーネントの Microsoft セキュリティ更新プログラム MS16-055: 説明: 2016 5 月 10 日
3156013グラフィックス コンポーネントの Microsoft セキュリティ更新プログラム MS16-055: 説明: 2016 5 月 10 日
3155784MS16-067: セキュリティ更新プログラムのボリューム ・ マネージャー ・ ドライバー: 2016 5 月 10 日
3154070MS16-051: Internet Explorer のセキュリティ更新プログラム: 2016 5 月 10 日
3153704RPC 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-061: 説明: 2016 5 月 10 日
3153199Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム MS16-062: 説明: 2016 5 月 10 日
3153171MS16 060、MS16 061: RPC および Windows カーネルのセキュリティ更新プログラムの説明: 2016 5 月 10 日
3151058Schannel のセキュリティ更新プログラム MS16-064: 説明: 2016 5 月 10 日
3149090SAM と LSAD のリモート プロトコルのセキュリティ更新プログラム MS16-047: 説明: 2016 年 4 月 12 日
3146963Microsoft XML コア サービス用のセキュリティ更新プログラムの MS16-040: 説明: 2016 年 4 月 12 日
3146723CSRSS のセキュリティ更新プログラム MS16-048: 説明: 2016 年 4 月 12 日
3146706MS16-044: セキュリティ更新プログラム Windows OLE: 2016 年 4 月 12 日
3142045Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-039: 説明: 2016 年 4 月 12 日
3142036.NET Framework の 4.6 と Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の 4.6.1 セキュリティ更新プログラム MS16-065: 説明: 2016 5 月 10 日
3142030セキュリティ更新プログラムの Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 MS16-065: 説明: 2016 5 月 10 日
3142026Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-065: 説明: 2016 5 月 10 日
3135998.NET Framework の 4.6 と Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の 4.6.1 セキュリティ更新プログラム MS16-035: 説明: 2016 年 3 月 8 日
3135994セキュリティ更新プログラムの Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 MS16-035: 説明: 2016 年 3 月 8 日
3135991Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-035: 説明: 2016 年 3 月 8 日
3135985Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-035: 説明: 2016 年 3 月 8 日
31354562016 年 4 月 12 日のセキュリティ更新プログラムの Windows ハイパー-v: MS16-045: 説明
31309442016年 3 月をいくつかの問題を解決するのには Windows Server 2012 R2 のクラスターの更新します。
3127231.NET Framework の 4.6 と Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の 4.6.1 セキュリティ更新プログラム MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日
3127226セキュリティ更新プログラムの Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日
3127222Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日
3123479マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Microsoft ルート証明書プログラムのための sha-1 ハッシュ アルゴリズムの廃止: 2016 年 1 月 12 日
3122660.NET Framework の 4.6 と Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の 4.6.1 セキュリティ更新プログラム MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日
3122654セキュリティ更新プログラムの Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日
3122651Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS16-019: 説明: 2016 年 2 月 9 日
3121918Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日
3121461Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日
3110329Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日
3109560Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS16-007: 説明: 2016 年 1 月 12 日
3109094MS15 128 と MS15 135: Windows カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 12 月 8 日
3108604マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: セキュリティ更新プログラムの Windows ハイパー-v: の説明であり、2015 年 11 月 10 日
3102939MS15-120: セキュリティ更新プログラム IPsec サービスが、アドレス拒否: 2015 年 11 月 10 日
3101246Windows Kerberos セキュリティ更新プログラムの MS15-122: 説明: 2015 年 11 月 10 日
3098785.NET Framework の 4.6 と Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の 4.6.1 セキュリティ更新プログラムの MS15-118: 説明: 2015 年 11 月 10 日
30987794.5.1 と 4.5.2 Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 には、.NET Framework のセキュリティ更新プログラムの MS15-118: 説明: 2015 年 11 月 10 日
3098000Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.6 および 4.6 RC 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-118: 説明: 2015 年 11 月 10 日
30979974.5.1 と 4.5.2 Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 には、.NET Framework のセキュリティ更新プログラムの MS15-118: 説明: 2015 年 11 月 10 日
3097992Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの MS15-118: 説明: 2015 年 11 月 10 日
3097966マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: デジタル証明書により、なりすましを誤って開示: 2015 年 10 月 13 日
3092601Winsock の Windows セキュリティ更新プログラムの MS15-119: 説明: 2015 年 11 月 10 日
3081320MS15-121: セキュリティ更新プログラム Schannel のアドレスのなりすまし: 2015 年 11 月 10 日
3080446Windows シェル用のセキュリティ更新プログラムの MS15-109: 説明: 2015 年 10 月 13 日
3078601Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-080: 説明: 2015 年 8 月 11 日
3076895Windows XML コア サービスのセキュリティ更新プログラムの MS15-084: 説明: 2015 年 8 月 11 日
3075220RDP は Windows のセキュリティ更新プログラムの MS15-082: 説明: 2015 年 8 月 11 日
3074553Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.6 および 4.6 RC 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-101: 説明: 2015 年 9 月 8 日
30745484.5.1 と 4.5.2 Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 には、.NET Framework のセキュリティ更新プログラムの MS15-101: 説明: 2015 年 9 月 8 日
3074545Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの MS15-101: 説明: 2015 年 9 月 8 日
3074232Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.6 および 4.6 RC 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-101: 説明: 2015 年 9 月 8 日
30742284.5.1 と 4.5.2 Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 には、.NET Framework のセキュリティ更新プログラムの MS15-101: 説明: 2015 年 9 月 8 日
3072630MS15-074: Windows インストーラー サービスの脆弱性により、特権の昇格: 2015 年 7 月 14 日
3072307Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの MS15-080: 説明: 2015 年 8 月 11 日
3071756マウント マネージャーの Windows のセキュリティ更新プログラムの MS15-085: 説明: 2015 年 8 月 11 日
3068457MS15-071: Netlogon の脆弱性により、特権の昇格: 2015 年 7 月 14 日
3060716MS15-090: Windows の脆弱性により、特権の昇格: 2015 年 8 月 11 日
3059317MS15-060: Microsoft コモン コントロールの脆弱性によりリモートでコードが実行: 2015 年 6 月 9 日
3055642MS15-050: サービス コントロール マネージャーの脆弱性により、特権の昇格: 2015 5 月 12 日
3048072Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの MS15-044: 説明: 2015 5 月 12 日
3046017Windows、Internet Explorer、Office のセキュリティ更新プログラムの説明を MS15 088: 2015 年 8 月 11 日
3045755PKU2U 認証を向上させるためにマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3045755: 更新
3045685Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-038: 説明: 2015 年 4 月 14 日
3042553MS15-034: HTTP.sys の脆弱性によりリモートでコードの実行: 2015 年 4 月 14 日
3037576Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム 041-MS15: 説明: 2015 年 4 月 14 日
3035126MS15-029: 写真のデコーダーを Windows コンポーネントの脆弱性により、情報の漏えい: 2015 年 3 月 10 日
3033889Windows のテキスト サービスのセキュリティ更新プログラムの MS15-020: 説明: 2015 年 3 月 10 日
3030377MS15-028: Windows タスク スケジューラの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパス: 2015 年 3 月 10 日
3023266MS15-001: Windows アプリケーションの互換性のキャッシュの脆弱性により、特権の昇格: 2015 年 1 月 13 日
30232224.5.1 と 4.5.2 Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 には、.NET Framework のセキュリティ更新プログラムの MS15-048: 説明: 2015 5 月 12 日
3023219Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの MS15-048: 説明: 2015 5 月 12 日
3022777MS15-005: ネットワーク位置認識サービスの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパス: 2015 年 1 月 13 日
3021674MS15-003: Windows のユーザー プロファイル サービスの脆弱性により、特権の昇格: 2015 年 1 月 13 日
3019978Windows 用のセキュリティ更新プログラムの MS15-004: 説明: 2015 年 1 月 13 日
3010788セキュリティ更新プログラム Windows OLE MS14-064: 説明: 2014 年 11 月 11 日
3006226セキュリティ更新プログラム Windows OLE MS14-064: 説明: 2014 年 11 月 11 日
3004365MS15-006: Windows エラー報告の脆弱性により、セキュリティ機能のバイパス: 2015 年 1 月 13 日
3004361MS15-014: グループ ポリシーの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパス: 2015 年 2 月 10 日
3000483MS15-011: グループ ポリシーの脆弱性によりリモートでコードが実行: 2015 年 2 月 10 日
2994397ASP.NET MVC の 5.1 のセキュリティ更新プログラム MS14-059: 説明: 2014 年 10 月 14 日
2993939ASP.NET MVC 2.0 用のセキュリティ更新プログラムの MS14-059: 説明: 2014 年 10 月 14 日
2993937ASP.NET MVC 3.0 セキュリティ更新プログラム MS14-059: 説明: 2014 年 10 月 14 日
2993928ASP.NET MVC 4.0 用セキュリティ更新プログラム MS14-059: 説明: 2014 年 10 月 14 日
2992080ASP.NET MVC 5.0 のセキュリティ更新プログラム MS14-059: 説明: 2014 年 10 月 14 日
29795764.5.1 の.NET Framework と.NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラム Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の MS14-057: 説明: 2014 年 10 月 14 日
2979573Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-057: 説明: 2014 年 10 月 14 日
29781264.5.1 と 4.5.2 Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 には、.NET Framework のセキュリティ更新プログラム MS14-072: 説明: 2014 年 11 月 11 日
2978122Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-072: 説明: 2014 年 11 月 11 日
29777654.5.1 の.NET Framework と.NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラム Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の MS14-053: 説明: 2014 年 9 月 9 日
2977292マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: TLS の使用を有効にする Microsoft の EAP 実装の更新: 2014 年 10 月 14 日
2973114Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-053: 説明: 2014 年 9 月 9 日
2972213Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-053: 説明: 2014 年 9 月 9 日
2972103Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-057: 説明: 2014 年 10 月 14 日
2968296Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-057: 説明: 2014 年 10 月 14 日
2966828Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-046: 説明: 2014 年 8 月 12 日
2966826Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラム MS14-046: 説明: 2014 年 8 月 12 日
2934520Windows 8.1、Windows RT 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の Microsoft .NET Framework 4.5.2
28988504.5.1 の.NET Framework と Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 4.5.2 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 5 月 13 日
2898847Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の.NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムの説明: 5 月 13 日
2565063Visual C++ の 2010 Service Pack 1 用のセキュリティ更新プログラム MS11-025: 説明: 2011 年 8 月 9 日
2565057Visual Studio 2010年の Service Pack 1 用のセキュリティ更新プログラム MS11-025: 説明: 2011 年 8 月 9 日
2542054Visual Studio 2010年のセキュリティ更新プログラム MS11-025: 説明: 2011 年 6 月 14 日
2538243Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージのセキュリティ更新プログラム MS11-025: 説明: 2011 年 6 月 14 日
2538241Visual Studio 2008 SP1 用セキュリティ更新プログラム MS11-025: 説明: 2011 年 6 月 14 日
2467173Visual C++ 2010年の再頒布可能パッケージのセキュリティ更新プログラム MS11-025: 説明: 2011 年 4 月 12 日

SQL Server 2012年の更新

KB 資料説明
3072779SQL Server 2012 Service Pack 3 のリリース情報

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3156500 - 最終更新日: 05/27/2016 19:19:00 - リビジョン: 2.0

Cloud Platform System

  • kbexpertiseinter kbsurveynew kbhowto kbmt KB3156500 KbMtja
フィードバック