現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOWTO] Internet Explorer で Java のセキュリティを設定する方法

概要
この資料では、Internet Explorer で Java のセキュリティを設定する方法について手順を追って説明します。Internet Explorer 4.0 以降では、デフォルトの設定またはカスタム設定を使用してセキュリティを構成することができます。セキュリティのカスタム設定では、署名済みまたは未署名のアプレットに対する Java の権限を明示的に定義します。Java の権限のカスタム設定を構成するには、Microsoft Java 仮想マシンがインストールされている必要があります。

先頭に戻る

各セキュリティ ゾーンの Java のカスタム設定の表示と変更を行う

Internet Explorer で Java のセキュリティを構成するには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動し、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。Internet Explorer 4.x では、[表示] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [セキュリティ] タブでは、次の 4 つのセキュリティ ゾーンが表示されます。

    • インターネット
    • イントラネット
    • 信頼済みサイト
    • 制限付きサイト

    Java のセキュリティ設定を変更するゾーンをクリックします。
  4. [このゾーンのセキュリティのレベル] で、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。Internet Explorer 4.x では、[カスタム] をクリックし、[設定] をクリックします。
  5. "Microsoft VM" セクションに移動します (Internet Explorer 4.x では、"Java" セクションに移動します)。
  6. [Java の許可] の [カスタム] をクリックします。
  7. [Java カスタム設定] をクリックします。
  8. [権限の表示] タブをクリックし、現在の Java の権限を表示します。この Java の権限は、次の 3 つの主要なカテゴリに分けられています。

    • 未署名のコンテンツに与えられた権限
      実行を確認するメッセージをユーザーに表示せずに、これらの権限が必要となる未署名 Java アプレットを実行できます。
    • 署名済みコンテンツに許可された権限
      実行を確認するメッセージをユーザーに表示せずに、これらの権限が必要となる署名済み Java アプレットを実行できます。
    • 署名済みコンテンツに拒否された権限
      署名済み Java アプレットでは、これらの権限が拒否されます。
  9. [権限の編集] タブをクリックします。該当するゾーンでそれぞれの権限をより的確に制御するために必要なオプションをクリックします。これまでの設定内容を維持しない場合は、[Java の権限のリセット] ボックスの一覧で次のいずれかをクリックし、[リセット] ボタンをクリックして、各項目に対応する設定にリセットできます。

    • 保存された権限
    • 高 - セキュリティ
    • 中 - セキュリティ
    • 低 - セキュリティ
  10. [OK] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックします。
先頭に戻る

注意事項

Java の権限の調整には注意が必要です。Java ベースのプログラムによっては、権限を変更すると正常に動作しなくなる場合があります。Java の権限の変更内容によっては、ハッカーによるセキュリティ違反を受けやすくなる場合があります。マイクロソフトでは、特定の目的がない限り、デフォルトの権限を変更しないことをお勧めします。

先頭に戻る

関連情報

Java の権限の詳細については、Microsoft Internet Explorer 5 Resource Kit または Microsoft Internet Explorer 6 Resource Kit を参照してください。

: Microsoft Internet Explorer 5 Resource Kit の日本語版は、『Microsoft Windows 2000 Server リソースキット 8 Microsoft Internet Explorer 5 リソースキット』 (日経 BP ソフトプレス) として発行されています。

先頭に戻る
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 315674 (最終更新日 2003-12-05) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:315674 - 最終更新日: 01/28/2005 07:13:00 - リビジョン: 3.1

Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1, Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2, Microsoft Internet Explorer 5.01, Microsoft Internet Explorer 5.01, Microsoft Internet Explorer 5.0, Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 1, Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 2, Microsoft Internet Explorer 4.0 128 ビット版, Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1, Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2, Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1, Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2, Microsoft Internet Explorer 5.01, Microsoft Internet Explorer 5.01, Microsoft Internet Explorer 5.0, Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 1, Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 2, Microsoft Internet Explorer 4.0 128 ビット版, Microsoft Internet Explorer 4.0 128 ビット版, Microsoft Internet Explorer 4.0 128 ビット版, Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1, Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2, Microsoft Internet Explorer 5.01, Microsoft Internet Explorer 5.01, Microsoft Internet Explorer 5.0, Microsoft Internet Explorer 5.0 for Macintosh, Microsoft Internet Explorer 4.5 for Macintosh, Microsoft Internet Explorer 4.01 for Macintosh, Microsoft Internet Explorer 4.0 for Macintosh, Microsoft Internet Explorer 6.0

  • kbhowtomaster kbenv KB315674
フィードバック