OneDrive for Business の [問題の報告] 機能を無効化する方法

はじめに

本資料には、OneDrive for Business 次世代同期クライアント (onedrive.exe) を使用する場合に適用される情報が含まれています。

注: 使用している OneDrive 同期クライアントを特定するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
OneDrive for Business には、ユーザーがアプリケーション内から Microsoft へ直接連絡するための機能が含まれています。OneDrive for Business に関して Microsoft 向けのサポート チケットを作成する場合は、通知領域で OneDrive for Business を示すクラウド アイコンを右クリックし、次に [問題の報告] をクリックしてください。


追加情報
管理者として、ユーザーが Microsoft へ直接連絡する機能の無効化を希望する場合は、以下の手順に従ってこの機能を無効化します。

重要: このセクションの手順には慎重に従ってください。レジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に、レジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。

  1. レジストリ エディターで以下のレジストリ キーを検索します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\OneDrive
  2. [OneDrive] を右クリックして [新規] をポイントし、[DWORD ] をクリックします。
  3. [名前の変更] を選択して「DisableReportProblemDialog」と入力します。
  4. 新しいレジストリ キーを右クリックして [修正] をクリックし、[値のデータ] に「1」と入力して [OK] をクリックします。

注: [問題の報告] ダイアログ ボックスを無効化すると、Microsoft へ問題を報告する OneDrive for Business の機能が無効化されます。ただし、ユーザーが OneDrive のコンシューマー同期クライアントを使用している場合、レジストリを変更しても [問題の報告] を選択する機能は無効化されません。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3158694 - 最終更新日: 04/27/2016 05:16:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office SharePoint Online, OneDrive for Business

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 kbgraphxlink kbgraphxlinkcritical KB3158694
フィードバック