[XIMS] IMAP4 サービスまたは POP3 サービスが応答を停止する

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Exchange 2000 Service Pack 2 (SP2) で、IMAP4 (Internet Message Access Protocol, Version 4rev1) または POP3 (Post Office Protocol version 3) アクセスを使用してメッセージを送受信した場合に、Exchange 2000 の IMAP4 サービスまたは POP3 サービスがメッセージの処理を停止することがあります。コントロール パネルの [サービス] ツールを使用して IMAP4 サービスや POP3 サービスを停止できない場合もあります。
原因
この問題は、Exchange 2000 サーバーがフロントエンド サーバーとバックエンド サーバーのトポロジ用に構成されている場合に発生することがあります。IMAP4 サービスまたは POP3 サービスが原因でデッドロックが発生する場合があります。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
301378 [XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
この修正プログラムの属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。

コンポーネント : Internet mail

ファイル名バージョン
Iisproto.dll6.0.5770.28
Imap4fe.dll6.0.5770.28
Imap4svc.dll6.0.5770.28
Pop3fe.dll6.0.5770.28
Pop3svc.dll6.0.5770.28

状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 3 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 315908 (最終更新日 2002-07-17) をもとに作成したものです。
IMAP4 POP3 Dead lock
プロパティ

文書番号:315908 - 最終更新日: 01/28/2014 23:50:17 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange2000presp3fix kbexchange2000sp3fix KB315908
フィードバック