現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ビジネス用の Skype を呼び出すアプリケーションの仮想化を使用しているコンピューター上に障害が発生した「への参加をクリックして」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3159732
この問題は、コンピューターとデバイスを Office クイック実行 (C2R) がインストールされ、アプリケーションの仮想化 (APP-V) が有効になっているで発生します。
原因
(、さらに MeetingJoinAxOC.dll) Interceptor.dll、C2R インターネット Explorervirtualized の Office コンポーネントは、コンピューターに既にインストールされている APP-V サブシステムとの競合は呼び出されません。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

  1. タスク マネージャーを使用してすべてのインターネットの Explorer(iexplore.exe) インスタンスを終了します。
  2. Iexplore.exe のパスを次のレジストリ値から削除します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Client\Virtualization\ProcessesUsingVirtualComponents

方法 2

  1. APP-V の次のバージョンまたはそれ以降に、APP-V クライアントが実行されていることを確認します。
    • APP-V 5.0 SP2 HF6
    • APP-V 5.0 SP3 HF2
    • App-v 5.1
  2. C2R の Office 2013 を Office 2013 C2R (15.0.4797.1002) の 2 月バージョンにアップグレードしていることを確認します。詳細については、Office 2013 または Office 365 を更新します。.
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Software\Microsoft\ClickToRun\OverRideの下の設定、次の DWORD 値を追加します。
    • 値名: AllowJitvInAppvVirtualizedProcess
    • 値: 1
注: <b>Office C2R と APP-V 両方は、Internet Explorer のプロセス内の仮想化のサポートを提供します。Office C2R と、APP-V のインストール先のコンピューターで Internet Explorer のプロセスで、APP-V のバイナリが存在する Office のバイナリ ファイルを確認します。APP-V のバイナリが存在する場合は、Office プラグインの仮想化を無効にし、ユーザー機能の損失が発生したため。レジストリ値が、上記のチェックをオーバーライドし、Office バイナリ ファイルを実行する仮想化を許可します。

方法 3

インストールします APP-V の最新の修正プログラム.

注: Internet Explorer の APP-V のアドインがない場合、方法 1 または方法 2 より安全なルートです。
詳細
動的な仮想化機能とは何ですか。

APP-V 5.0 のサービス パック 2 およびそれ以降のバージョン「動的な仮想化」するシェルの拡張機能、ブラウザー ヘルパー オブジェクトは、サポートを拡張することによって把握し、Active X コントロールの仮想化と仮想アプリケーションを実行します。HKLM\Software\Microsoft\AppV\Client\Virtualizationサブキーの下のレジストリ値は、この機能を制御するために使用されます。


Office C2R と SharePoint の統合時に破損している理由は、APP-V 5.0 SP2 またはそれ以降がシステムにしますか?

ProcessesUsingVirtualComponentsレジストリ値は、(サポートされているシェルの拡張機能、ブラウザー ヘルパー オブジェクト、および ActiveX コントロール) の動的な仮想化を使用しての候補となるプロセスのパスの一覧を指定します。完全なパスでは、これらの項目のいずれかと一致するプロセスだけでは、動的な仮想化を使用できます。

既定では、Explorer.exe および Internet Explorer が表示されます。したがって、iexplore.exe プロセスが実行されると、それは、APPVEntsubsystem32.dllInternet Explorer で読み込まれます。Office C2R では、Internet Explorer に APPVEntsubsystem32.dll が読み込まれたことを検出するとこれはないロード jitv.dll または APPVISVSubsystem32.dll Internet Explorer にします。その結果、レジストリのリダイレクトのサポートはありません。

InInternet、ActiveX を作成する Explorertries を実行している JavaScript オブジェクト C2R の Office パッケージの一部であるときは、その操作は失敗し、Office C2R と SharePoint の統合は、破損しています。Office C2R と、APP-V の動的な仮想化にはなっていません共存します。したがって、Office C2R は inInternet ダブル フックを防ぐためにエクスプ ローラー、AppV クライアントのバイナリ ファイルがロードされているが検出されると、動的な仮想化が無効にします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3159732 - 最終更新日: 05/11/2016 10:05:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office Professional 2013, Microsoft Office Professional Plus 2013, Microsoft Office Home and Business 2013

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3159732 KbMtja
フィードバック
/html>