10 バージョン 1511 の Windows を実行しているコンピューターを以前の日付と時刻を元に戻します

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3160312
現象
Windows 10 バージョン 1511 (ビルド 10586 を実行しているシステムの日付と時刻、コンピューターの設定。xx) は、少なくとも 1 日、過去の日時に正しく戻されます。この問題は、次のシナリオで発生する可能性があります。

  • コンピューターがインターネットに接続していた。
  • コンピューターがオフになっているし、終了したプライベート ネットワークに接続中に再起動します。
  • プライベート ネットワークには、SSL サーバーがない、したがって、クライアントを持たない、SSL トラフィックを送信) します。
この問題が発生した場合、コンピューター システムの日付と時刻の設定にリセットされます、以前の値では、この変更は、管理者が行った変更をオーバーライドする場合でも。コンピューター上で Windows タイム サービスの that'srunning では、レジストリから古い時間のシード処理をセキュリティで保護された情報を使用して、この現象が発生します。このシナリオで、任意のネットワーク タイム プロトコル (NTP) サーバーまたは Active Directory 階層から取得されている時間を使用してを Windows タイム サービスは効果的に停止します。

その他の現象が含まれますが、次に。
  • 過去の値に時間の設定がリセットされている systemlogindicates でカーネルの一般的なイベント 1 です。
  • イベント ログに記録されるイベントは、過去に含まれる無効なタイムスタンプを持っています。
  • Kerberos 認証は失敗します。
原因
この問題は、10 バージョン 1511 の Windows で Windows タイム サービスの一部である時間のシード処理をセキュリティで保護された機能で問題が発生したために発生します。この機能では、おおよその現在の時刻と日付の値を決定する、コンピューターからの送信の SSL 接続からメタデータを使用し、レジストリにこのデータを格納します。コンピューターが再起動したら、以前のレジストリ データはクリアまたは、何らかの理由で SSL トラフィックの送信がない場合、起動後に更新もできません。「現象」に記載されている問題が発生することができます。
回避策
重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に復元レジストリのバックアップを作成します。

この問題を回避するには、ネットワーク環境によって、方法 1 または方法 2 をしてみてください。

方法 1: チェック ボックスをオフ、W32time レジストリ値と強制時刻を同期させる NTP 経由で

W32time をオフにすることを強制するレジストリの状態は、内部/NT5DS の NTP サーバーとコンピューターの時刻を同期します。これを行うには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンド シーケンスを実行します。

Net stop w32timeW32tm.exe /unregisterW32tm.exe /registernet start w32timeW32tm.exe /resync /force
方法 2: は、インターネットに接続し直します

インターネットにコンピューターを接続し直します。コンピューターがインターネット上の SSLservers へのアクセスがあるし、SSL トラフィックの送信後、この問題は修正されています。

省略可能な方法 3: セキュリティで保護された時間がシード処理を無効にします。

重要: お勧めの回避策の 1 または 2 時間のシード処理をセキュリティで保護された機能を無効にする前にします。機能を無効にすると問題が修正されている Windows の新しいバージョンにアップグレードした後であっても無効になっていることを保持します。

時間のシード処理をセキュリティで保護された機能を無効にするには、0 (ゼロ) に UtilizeSslTimeData の DWORD 値を設定します。

レジストリ サブキー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\w32time\Config


値の名前:
UtilizeSslTimeData
値のデータ: 0
型の値:DWORD

これを行うには、昇格したコマンド プロンプトで、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動します。

reg add  HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config /v UtilizeSslTimeData /t REG_DWORD /d 0 /f
コンピューターが再起動したら、強制は、管理者特権でコマンド プロンプトを次の commandsat を実行して、NTP 経由でシステム時刻を同期します。

Net start w32timeW32tm.exe /resync /force
注: <b>時間のシード処理をセキュリティで保護された機能を再度有効にするには、UtilizeSslTimeData の値のデータを1に変更します。これを行うには、昇格したコマンド プロンプトで、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動します。

reg add  HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config /v UtilizeSslTimeData /t REG_DWORD /d 1 /f

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3160312 - 最終更新日: 06/09/2016 18:04:00 - リビジョン: 3.0

Windows 10 Version 1511

  • kbexpertiseinter kbprb kbsurveynew kbmt KB3160312 KbMtja
フィードバック