TLS 1.2 を使用している場合、web ブラウザーでドキュメントが表示されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3160699
現象
Microsoft Office オンラインのサーバーで web アプリケーションを使用すると、ドキュメントが期待どおりに web ブラウザーで表示されません。代わりに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

申し訳ありませんが、要求の終了に問題が発生しました.

また、TLS 1.0 が次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されているレジストリ エントリで SharePoint の web フロント エンド サーバーを無効にされたことを学習します。

https://support.microsoft.com/en-us/kb/187498
原因
TLS 1.2 現在サポートされていませんので、Office オンラインのサーバー (および Office Web Apps) は、.NET Framework 4 を使用しています。xネットワーク接続を確立します。既定では、.NET Framework 4 です。x TLS 1.2 をサポートしていません。
解決方法
マイクロソフトでは、次のオプションのセキュリティ セル.NET Framework 4 がリリースしました。x、既定の暗号化プロトコルを変更します。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2960358

この更新プログラムは、 SSL 3.0 または TLS 1.0から既定の暗号化プロトコルを次に変更: TLS 1.0 または TLS 1.1 または TLS 1.2

Windows Server 2016 またはそれ以降、このセキュリティ更新プログラムをリリースはありません。オプションのセキュリティの updateautomatically を設定するレジストリ キーは Windows 2016 から始めて、Office オンラインのサーバーの各コンピューターで手動で構成する必要があります。これらのレジストリ キーと設定は次のとおりです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\。NETFramework\v4.0.30319]
"SchUseStrongCrypto"= dword:00000001

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432N ode\Microsoft\。NETFramework\v4.0.30319]
"SchUseStrongCrypto"= dword:00000001
OOS TLS1.2


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3160699 - 最終更新日: 05/04/2016 01:46:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office Online Server, Microsoft Office Web Apps Server 2013

  • kbmt KB3160699 KbMtja
フィードバック