送信または電子メールを受信できません、Outlook 2016 の「接続の警告を計測する」が発生

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3161084
現象
Microsoft Outlook 2016 のバージョン 16.0.6769.2017 またはそれ以降のクイック実行のインストール、次の現象が発生します。

  • Outlook で新しい電子メール メッセージが受信されません。
  • 電子メール メッセージを送信する場合は送信されませんし、送信トレイに残ります。
  • IMAP アカウントを使用して新しい Outlook プロファイルを構成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    MAPI の内部エラー: 要求されたサービスが、プロファイルに含まれていません。管理者に問い合わせてください。

  • Outlook でファイルをクリックすると、次の警告メッセージが表示されます。
    • メータリングされた接続の警告
      メータリングされた接続には追加料金があり、オンラインのコンテンツにアクセスする可能性がありますこの Office プログラムことが分かりました。ことができます。
      -] をタップまたはネットワーク アイコンをクリックし、オフラインにするには航空機モードを有効にします。
      -計測されていない WiFi または LAN ネットワークに接続します。
      -、携帯電話事業者とデータ プランのステータスを確認します。
    • アップグレードが進行中
      メールボックスは現在 2016 の Outlook へのアップグレードの一部として最適化されています。この 1 回限りのプロセスは 15 分以上かかる場合があり、最適化の実行中にパフォーマンスに影響する可能性があります。

      アカウント情報

回避策
この問題を回避するのには、16.0.6741.2021 に 2016年クイック実行の Office のインストールを元に戻すバージョンです。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. すべての Office アプリケーションを終了します。
  2. 管理者特権でコマンド プロンプトを開きます。これを行うには、次のようにクリックします。開始、種類 cmd で、 検索を開始します。ボックスで、コマンド プロンプトを右クリックして、または cmd.exe、] をクリックし、 管理者として実行します。.
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun

  4. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.6741.2021

  5. 修復] ダイアログ ボックスが表示されたら、[オンラインの修復] をクリックします。
  6. [修復] をクリックし、修復 もう一度。
  7. 修復が完了した後、Outlook を起動します。
  8. ファイルをクリックし、 Office のアカウント] をクリックします。
  9. の製品情報 ] 列で、更新オプション] をクリックし、更新プログラムを無効にする] をクリックします。

    重要な注意事項 この手順は非常に重要です。修復プロセスは、自動更新を再度有効にします。自動的に再インストールしている Office のクイック実行の最新バージョンを防ぐため、持ち逃げを実行するこの手順です。
  10. このサポート技術情報資料 (3161084) この問題の解決策を確認するのには未来の日付の予定表でアラームを設定します。この問題が解決した後もう一度 Office の [自動更新を有効にします。自動更新を再度有効にすると今後の更新プログラムをお見逃しなくことを確認します。

状況
マイクロソフトはこの問題について調査中であり、準備が出来次第、本資料に詳細情報を掲載します。


詳細
Office 365 クライアントの更新チャンネルの詳細については、次を参照してください。Office 365 クライアント用更新プログラムのチャネルのバージョン番号.

Office クイック実行の以前のバージョンへの復帰の詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
2770432 Office 2013 または 2016年クイック実行の Office の以前のバージョンに戻す方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3161084 - 最終更新日: 05/24/2016 17:18:00 - リビジョン: 2.0

Outlook 2016

  • kbmt KB3161084 KbMtja
フィードバック