Outlook を Office 365 専用/ITAR (vNext) で別のフォレスト内の会議室またはリソース メールボックスを追加できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3161713
現象
Outlook でフォレスト間の会議室またはリソース メールボックスを追加しようとすると、フル アクセスのアクセス許可にかかわらず、次のエラー メッセージが表示されます。
名前を解決することはできません。アドレス] ボックスの一覧にある名前に名前を照合できません。
エラー メッセージのスクリーン ショット
フォレスト間の共有とユーザーのメールボックスを表すメール ユーザー オブジェクトは、Outlook で追加のメールボックスとして正常に追加できます。
原因
別のフォレスト内の会議室またはリソース メールボックスを表すメール ユーザー オブジェクトとは見なされないオブジェクトの ACL が Exchange Server によってです。したがって、Outlook の検出はされません。

ACL がのオブジェクトは、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) 内のオブジェクトのアクセス制御リスト (ACL) を追加できるオブジェクトを使用します。
解決方法
この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。
  • 使用してメールボックスを追加します LegacyExchangeDN属性または、X500 電子メール アドレス、表示名または SMTP アドレスを使用する代わりにします。
  • その他の電子メール アカウントとメールボックスを追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. クリックしてファイル ->情報、 、[アカウント設定] をクリックします。
    2. [アカウント設定] をクリックします。

      アカウントの設定ページのスクリーン ショット
    3. [電子メール] タブの [新規を] をクリックします。

      [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスに新しいオプションのスクリーン ショット
    4. [自動アカウント セットアップ] ページで、ルームのメールボックス名、電子メール アドレス、およびアカウントのパスワードを入力します。

      ステップ 4 のスクリーン ショット
    5. [次へ] をクリックします。
    自動検出メールボックスを検索し、アカウントを構成します。
  • 会議室またはリソース メールボックスの予定表を管理するために必要な場合は、メールボックスの予定表を追加できます。詳細については、 予定表を横に並べて、または重ねて表示します。.
  • 管理者は、会議出席依頼の自動管理を有効にする設定を処理する予定表を変更できます。プライベートまたは予約済みのリソースの制限のポリシーを作成することができるさまざまな設定があります。詳細については、 セット CalendarProcessing.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3161713 - 最終更新日: 09/24/2016 01:00:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB3161713 KbMtja
フィードバック