Azure のバックアップの更新: 月 2016年

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3162327

この資料では、強化された機能を説明し、Microsoft Azure のバックアップの月 2016年のアップデートで修正します。
機能強化と修正
ステータスおよびエラー報告の強化

Microsoft Azure バックアップのこの更新プログラムより詳細なバックアップしより実践的なエラー メッセージのステージに関する情報を提供する機能強化が含まれています。これのいくつかの例には、キャッシュ フォルダーを正しく指定されている場所に関するエラーを報告し、リカバリ対象の場所に書き込みアクセス許可を提供することが含まれます。さらに、Azure のバックアップ今すぐを検出し、サポートされていない構成をすべてのユーザーを apprise、バックアップ ・ エラーが関連付けられていることを防止します。

アップグレードの通知機能の強化

このアップデートにより、検出の容易さと、Microsoft Azure 回復サービス (MARS) のエージェントの今後のリリースのインストールを有効にします。

修正される問題
  • 最適化されていない特定のシナリオでインクリメンタル ・ バックアップにつながる問題を修正します。
  • 修正動作を妨げる MARS エージェント Windows テクニカル プレビューに問題を作成します。
  • により、正確で大規模なデータ ・ ソース内のファイルのカタログ化、バックアップ ・ オペレーションを停止する問題を修正します。
  • 安定性との両方のバックアップおよびリカバリ、MARS のエージェントを使用する信頼性を向上させるために、問題を修正します。
既知の問題
中に オフライン ・ バックアップ、1 TB 以上のデータ ソースに対して、Microsoft Azure のインポート/エクスポート ツールを使用して起動ディスクにステージングの場所からデータの転送が失敗します。

適用対象

オフライン バックアップは MARS のエージェントのこの更新プログラムを使用して実行します。

現象

ステージング先の場所にディスクからバックアップ ・ データを転送するため、Microsoft Azure のインポート/エクスポート ツールを実行するのには、ツールによって出力ログの一部として、次のいずれかのようなテキストが表示されます。
[Date][Info] Excluding file <Staging Location>\<BlobID>_SpanningDataBlob as its size (1099668288000) exceeds the maximum (1099511627776) allowed for Page Blob.
または
[Date][Info] Excluding file <Staging Location>\<BlobID>_BaseBlob as its size (1099668288000) exceeds the maximum (1099511627776) allowed for Page Blob.

解決策

問題を修正には、これらの手順に従います。

重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。
  1. レジストリ エディターを見つけてし、次のレジストリ サブキーを選択します。
    Azure Backup\DbgSettings\OnlineBackup
  2. キーを押しますと (または右クリック)の構成[新規作成] をクリックしDWORD (32 ビット) の値
  3. として新しいレジストリ エントリの名前を付ける TimeBetweenCheckpoints.
  4. TimeBetweenCheckpointsレジストリ エントリをダブルクリックします。
  5. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで [値のデータフィールドに、 0を入力し、 [ok]を選択し、します。
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. MARS のエージェントを開きます。
  8. MARS のエージェントから、関連付けられているバックアップ ・ ポリシーを削除します。
  9. ステージングの場所の内容を削除します。
  10. MARS のエージェントでは、バックアップのスケジュールを選択します。
  11. オフライン バックアップのオプションを使用して、新しいバックアップ ・ ポリシーを作成します。
  12. 通常どおりのオフライン ・ バックアップに関連する手順を実行します。
更新プログラムの情報
この更新プログラムを適用するには、Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンをインストールします。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

注: <b>Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンは、 2.0.9037.0です。

マイクロソフト サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられます。 3146941.

必要条件

システム センター 2012 R2 Data Protection Manager (DPM) を使用する場合に適用します。 更新プログラムのロールアップ 10 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager またはそれ以降のバージョンを後に、Azure のバックアップ ・ エージェントは、この更新プログラムをインストールします。

関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3162327 - 最終更新日: 06/14/2016 15:28:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2

  • kbqfe kbsurveynew kbexpertiseadvanced atdownload kbfix kbmt KB3162327 KbMtja
フィードバック