Skype for Business Online voicemail users can’t set up a custom greeting or view voicemails in Skype for Business

現象
シナリオ説明
  • Skype for Business Online、クラウド PBX または PSTN 通話用のライセンスは割り当てられているが、Exchange Online (プラン 2) またはこれより上位のライセンスが付与されていない。
  • エンタープライズ VoIP または Skype for Business の電話番号からの通話は着信できる。
  • 既定により、着信から 20 秒経過しても応答がなければ、Azure ボイス メールが通話を受ける。
この場合、Skype for Business クライアントでボイスメールを取得することができません。また、案内応答の作成などのボイスメールの設定ができません。
回避策
ボイスメールおよびボイスメールの案内応答は、クラウド PBX に含まれており、Exchange Online のメールボックスに保存されているため、Exchange Online (プラン 2) またはこれより上位のライセンスが必要となります。

この問題を回避するには、携帯電話など、ボイスメールが利用可能な電話番号へも通話が着信するよう同時呼び出しを設定してください。同時呼び出しを設定すると、Skype for Business の電話番号へ着信した場合、設定した電話番号にも同時に着信するようになります。通話に応答しないままでいると、Skype for Business の電話番号に設定した待機時間に基づいて、ボイスメールが通話を受けます。同時呼び出しの詳細については、「着信の転送と同時呼び出し」を参照してください。
追加情報
詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3162329 - 最終更新日: 06/03/2016 08:43:00 - リビジョン: 1.0

Skype for Business Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB3162329
フィードバック