ユーザーが断続的に「この操作を完了できません」を受け取る FBA の 3000 以上の役割は、SharePoint グループに割り当てられたときにフォーム ベース認証を使用して SharePoint サーバーの web サイトでサーバー エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3162762
現象
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 の web サイトまたは SharePoint グループに、新しいフォーム ベース認証または windows セキュリティ グループを追加した後 web サイトにアクセスするには次のようなエラー メッセージが表示されます。

この操作を完了できません。
もう一度やり直してください。

IISReset 操作を実行する場合は、新しいロールまたは windows グループは、SharePoint グループまたは web サイトに追加されるまで、現象は発生しません。さらに、サーバーのログを theULS のようなエントリを確認できます。

0x2844 Windows SharePoint Services の日付と時刻の w3wp.exe (0x26E0)
一般的な 8kh7 高
この操作を完了できません。もう一度やり直してください。

日付と時刻の w3wp.exe (0x26E0) 8nca 詳細なアプリケーション エラーの Windows SharePoint Services の一般的な 0x2844/_layouts/checkout.aspx、エラーにアクセスしたとき = この操作を完了できません。もう一度やり直してください。Microsoft.SharePoint.Library.SPRequest.OpenWebInternal で、Microsoft.SharePoint.Library.SPRequestInternalClass.OpenWebInternal (bstrUrl の文字列、Guid & pguidID、文字列 & pbstrRequestAccessEmail、UInt32 & pwebVersion、文字列 & pbstrServerRelativeUrl、UInt32 & pnLanguage、UInt32 & pnLocale、文字列 & pbstrDefaultTheme、文字列 & pbstrDefaultThemeCSSUrl、文字列 & pbstrAlternateCSSUrl、文字列 & pbstrCustomizedCssFileList、文字列 & pbstrCustomJSUrl、文字列 & pbstrAlternateHeaderUrl、文字列 & pbstrMasterUrl、文字列 & pbstrCustomMasterUrl、文字列 & pbstrSiteLogoUrl、文字列 & pbstrSiteLogoDescription、オブジェクト & pvarUser、ブール値 & pvarIsAuditor、Int32 & plSiteFlags) にある (bstrUrl、Guid & pguidID、文字列 & p の文字列です..。
原因
キャッシュ ・ メモリ内のセキュリティ マネージャーは、空き領域が不足します。既定では外部のグループ id およびグループ メンバーシップの確認をスピードアップするための SharePoint グループのメンバーシップ情報を格納する 204800 のバイト数の最大があります。約 3000 のキャッシュされた情報を超えるサイト コレクションで使用される FBA の役割と windows のグループの合計数を上回った場合、割り当てられたメモリ、セキュリティ マネージャーは、すべて SharePoint 関連の操作です。
解決方法
Important にはこのセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法についての手順が含まれています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

322756 バックアップし、Windows のレジストリを復元する方法です。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリックしてください、 「regedit」と入力し、 OKをクリックしてください
  2. レジストリ エディターを見つけてし、次のレジストリ キーをクリックします。

    WSS 3.0 と MOSS 2007。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Shared Tools\Web Server Extensions\12.0\

    SharePoint 2010。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Shared Tools\Web Server Extensions\14.0\

    SharePoint 2013。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Shared Tools\Web Server Extensions\15.0\
  3. 12.0 を右クリックし、新規作成] をポイントし、[キー ] をクリックしてください
  4. SecurityCacheOptionsを入力し、 ENTERキーを押します
  5. SecurityCacheOptionsを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD値] をクリックしてください
  6. SecurityCacheMemoryAllowedを入力し、 ENTERキーを押します
  7. SecurityCacheMemoryAllowedを右クリックし、[変更] をクリックしてください
  8. [データ] ボックス、ベース10 進数に変更する値の2と入力し、[ OK ] をクリックしてください
  9. レジストリ エディターを終了し、IIS 管理サービスを再起動
注: SecurityCacheMemoryAllowed の推奨値は、SharePoint 2010 と SharePoint 2013 の 20 です。状況に基づく値を調整する必要があるために、この値は環境によって異なる場合があります。
詳細
SecurityCacheMemoryAllowedの設定には、サーバーのローカルの設定が、ある場合は上で実行する SharePoint ロールして、ファーム内のすべてのサーバー上のレジストリ キーの設定をもう一度実行するのには、する必要はありません、専用の SQL サーバーでこのキーを追加します。ワーカー プロセスの実行時にこの値を変更するための web アプリケーションごとに 1 つのメモリ内のセキュリティ キャッシュでは大量のメモリ使用量の増加は発生しません。値 2 は 2 メガバイトであり、約 20000 FBA の役割には十分であるまたは windows グループ、各 FBA ロールまたは windows グループの約 100 バイトのキャッシュを使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3162762 - 最終更新日: 05/18/2016 09:21:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SharePoint Server 2013, Microsoft SharePoint Server 2010, Microsoft Office SharePoint Server 2007, Microsoft Windows SharePoint Services 3.0

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3162762 KbMtja
フィードバック