Outlook において、上司のチームの予定表が表示されない

現象
Microsoft Outlook において、上司のチームの予定表がナビゲーション ウィンドウの予定表モジュールに表示されません。
原因
この問題は、以下のいずれかの理由が原因で発生する可能性があります。
  • Outlook で [上司のチームの予定表を表示] 設定が有効化されていない。
  • 上司のチームの予定表を無効化するようレジストリ設定が構成されている。
  • Active Directory で上司の属性が設定されていない。
  • 上司に 100 名を上回る直属の部下がいる。
解決方法
この問題を解決するには、問題の原因に応じて、以下のいずれかの手順を実行します。問題の原因が不明である場合は、記載された順番どおりに手順を実行してください。

手順 1: Outlook で [上司のチームの予定表を表示] を有効にする

  1. Outlook で [予定表] を開きます。
  2. リボンの [ホーム] タブで [予定表グループ] をクリックします。
  3. [上司のチームの予定表を表示] を選択します。
注: [上司のチームの予定表を表示] 設定は、その他の理由が原因で表示されない可能性があります。その場合は、以下の手順を実行してください。

手順 2: 上司のチームの予定表を有効にするようレジストリを変更する

重要: 本セクションの手順は慎重に実行してください。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に、レジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。
  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを開きます。レジストリ エディターを開くには、ご利用の Windows バージョンに合わせて以下のいずれかの手順を実行します。
    • Windows 10Windows 8.1、および Windows 8: Windows キーと R キーを同時に押下して [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。「regedit.exe」と入力して [OK] をクリックします。
    • Windows 7: [スタート] をクリックし、[検索] ボックスで「regedit.exe」と入力して Enter キーを押下します。
  3. レジストリ エディターで DisableReportingLineGroupCalendar レジストリ値を特定します。この値は、以下のレジストリ サブキーのいずれかに在所します。
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Options\WunderBar
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Options\WunderBar
    注: 上記の “x.0” プレースホルダーは、ご利用の Office バージョンを示しています (16.0 は Office 2016、15.0 は Office 2013、および 14.0 は Office 2010)。
  4. [DisableReportingLineGroupCalendar] をダブルクリックします。
  5. [値のデータ] ボックスに「0」を入力し、[OK] をクリックします。
  6. レジストリ エディターを終了します。
注: DisableReportingLineGroupCalendar レジストリ値が [Policies] ハイブ下に在所する場合、グループ ポリシーにより作成された可能性があります。この設定を変更するよう管理者がポリシーを修正する必要があります。

手順 3: 上司の属性を設定する

注: この手順を完了するには、管理者である必要があります。

以下の手順に従い、オンプレミス Active Directory サーバーで上司の属性を設定します。
  1. [Active Directory ユーザーとコンピューター] でユーザー アカウントの [プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [組織] タブにおいて、[上司] エリア下の [変更] をクリックします。
  3. ディレクトリを検索してユーザーの上司を検出し、対象の上司を選択します。
  4. [OK] をクリックします。
以下の手順に従い、Exchange Online で上司の属性を設定します。
  1. Office 365 管理センターで [ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順にクリックします。
  2. ユーザーの名前をクリックします。
  3. その他の設定” セクションで、[Exchange のプロパティの編集]、[組織] の順にクリックします。
  4. [上司] ボックスの右にある [参照] をクリックします。
  5. ユーザーの上司を選択し、[OK] をクリックします。
  6. [保存] をクリックします。

手順 4: 上司の直属の部下の人数を 100 名未満まで削減する

注: この手順を完了するには、管理者である必要があります。

上司の直属の部下が Active Directory に 100 名以上存在する場合、Outlook には上司のチームの予定表が表示されません。これは想定される動作です。可能であれば、Active Directory に記載される直属の部下の人数を上司ごとに 100 名未満まで削減します。
outlook 2010, outlook 2013, outlook 2016, team calendar, calendar groups, direct reports, team mates
プロパティ

文書番号:3163350 - 最終更新日: 06/03/2016 08:42:00 - リビジョン: 2.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Exchange Online

  • o365 KB3163350
フィードバック