現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP で使用可能なディスク領域の一部が認識されない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Windows XP で、利用可能なディスク領域の一部が認識されないことがあります。たとえば、30 GB を超える容量のハード ディスクを搭載していても、ディスクの管理ユーティリティまたはエクスプローラには 2 GB のディスク領域容量しか表示されないことがあります。

その結果、十分なハード ディスク領域がある場合でも、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ディスク領域不足。ドライブ <ドライブ文字> のディスクの空き領域が少なくなっています。
解決方法
この問題を解決するには、必要に応じて以下の方法を使用します。先に進む前に資料全体を読んで、状況に最も適した方法を決定してください。

警告 : 以下の方法では、Windows XP の再インストールが必要な場合があります。以下の方法を使用する前に、重要なデータをすべてバックアップすることをお勧めします。

方法 1 : Windows XP セットアップを使用して、ハード ディスク領域がアクセス可能かどうかを調べる

すべてのハード ディスク領域がアクセス可能かどうかを調べるには、Windows XP インストール メディアからセットアップを実行します。
  1. CD-ROM ドライブに Windows XP インストール CD を挿入し、コンピュータを再起動します。CD からの起動を確認するメッセージが表示されたら、任意のキーを押します。

    : この手順を実行するためには、最初に CD-ROM から起動するように BIOS を構成することが必要になる場合があります。
  2. Windows セットアップ画面が表示されたら Enter キーを押します。
  3. F8 キーを押し、使用許諾契約書 (EULA) に同意します。
  4. Windows XP セットアップ画面に、コンピュータ上にある現在の Windows XP インストールの一覧が表示されたら、Esc キーを押して修復せずに新しい Windows XP のインストールを継続します。
  5. Windows XP セットアップ画面にパーティション情報が表示されます。パーティションおよび未使用の領域が一覧表示されます。使用可能な領域のすべてが表示されているかどうかを確認し、以下の方法のいずれかを実行します。
    1. ハード ディスク領域の一部が一覧表示されていない場合、BIOS の問題が原因でコンピュータがハード ディスクを正しく認識できていない可能性があります。この場合は、方法 2 に進みます。

      または
    2. すべてのハード ディスク領域が一覧表示されている場合は、以下のオプションのいずれかに進みます。

      • 既存の Windows XP パーティションを選択し、D キーを押してパーティションを削除します。

        : この操作では、パーティション上のデータがすべて失われます。このオプションは、使用可能なすべての領域を結合して新しいパーティションを作成するために、パーティションを完全に削除したい場合にのみ使用してください。
      • 未使用の領域を選択し、C キーを押して新しいパーティションを作成します。

        : このオプションは、既存の Windows XP パーティションを削除しなくても使用できます。既存のパーティションのデータを消去せずに、未使用の領域に 2 つ目の Windows XP をインストールしたい場合に、このオプションを使用してください。

        : Windows XP では、サイズが 32 GB より大きいボリュームを、FAT32 ファイル システムを使用して作成することはできません。Windows 2000 FastFAT ドライバでは、FAT32 ファイル システムを使用した 32 GB より大きいボリュームをマウントおよびサポートできますが (他の制限があります)、フォーマット ツールを使用してそのボリュームを作成することはできません。この動作は仕様によるものです (この問題に関する詳細については、この資料の方法 3 を参照してください)。

方法 2 : システム BIOS を更新する、またはブート マネージャを使用する

前の方法で、BIOS の問題が原因で、コンピュータがハード ディスクを正しく認識できていないことが判明した場合、以下のいずれかを実行します。
  • システム BIOS を更新します。更新方法の詳細については、マザーボードまたはコンピュータの製造元に問い合わせてください。
  • サード パーティ製のブート マネージャを使用して、ハード ディスクの付加的な領域にアクセスします。この操作を行うユーティリティは、多くのハード ディスク製造元から提供されています。ブート マネージャの詳細については、ハード ディスクの製造元に問い合わせてください。 コンピュータ ハードウェアの製造元の問い合わせ先についての情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    65416 Hardware and Software Third-Party Vendor Contact List, A-K

    60781 Hardware and Software Third-Party Vendor Contact List, L-P

    60782 Hardware and Software Third-Party Vendor Contact List, Q-Z

方法 3: Fdisk またはサードパーティ製のパーティション ユーティリティを使用する

32 GB を超える FAT32 ボリュームをフォーマットする必要がある場合、サード パーティ製のパーティション ユーティリティを使用して現在の Windows XP インストール パーティションのサイズを増やすか、Microsoft Windows Millennium Edition (Me) 起動ディスクまたは Microsoft Windows 98 起動ディスクを使用して、ハード ディスクを完全に再フォーマットすることができます。 これを行う方法に関する情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
255867 How to Use Fdisk and Format to Partition/Repartition a Hard Disk
255867 Fdisk および Format ツールを使ったハードディスクにおけるパーティションの作成/再作成方法
必要なパーティションの作成後、Windows XP インストール メディアのセットアップ プログラムを使用して、Windows XP の再インストールを継続します。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314463 Limitations of the FAT32 File System in Windows XP
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 316505 (最終更新日 2002-03-14) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:316505 - 最終更新日: 09/03/2003 19:05:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbprb KB316505
フィードバック