WMI サービスのロックダウン機能のタスクをキャンセルします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3165342
現象
Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスは、利用可能な物理メモリが不足のときにロックダウン機能のタスクをキャンセルします。ロックダウンの機能には、その他のダイアログ ボックスのフィルター、埋め込みのロックダウンのマネージャー、シェルの起動ツール、およびジェスチャのフィルターが含まれます。

さらに、このような状況では、次のエラーが返されます。

(= WBEM_E_QUOTA_VIOLATION) 0X8004106C
原因
WMI の使用可能なメモリの計算は、利用可能な物理メモリとArbSystemHighMaxLimitFactorのレジストリ値によって決定される、乗算の係数に基づいています。ユーザーの構成には、使用可能な物理メモリの量が減りますが、ある可能性がないありますロックダウン タスクを使用しているときに実行する、WMI の物理メモリが十分です。
解決方法
ArbSystemHighMaxLimitFactorの既定値は、0x00000032 (50) では、メモリの 50% を指定します。WMI の使用可能な物理メモリを増やす、次のように、メモリの 75% にArbSystemHighMaxLimitFactorを設定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WBEM\CIMOM
ArbSystemHighMaxLimitFactor (REG_DWORD) 0x0000004b (75)

注: <b>お客様固有の環境の既定の増倍係数の増加は、ソフトウェアの設定とハードウェア リソースによって異なります。
Windows 埋め込まれた 8.1 業界、WE8.1I、ロックダウン機能、WMI、ELM、シェルの起動ツール

プロパティ

文書番号:3165342 - 最終更新日: 06/02/2016 00:21:00 - リビジョン: 3.0

Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise, Windows Embedded 8.1 Industry Pro, Windows Embedded 8 Standard

  • kbmt KB3165342 KbMtja
フィードバック