Windows NT 4.0 サーバー上に格納されている、マニフェスト ファイルを使用してプログラムを起動することはできません。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:316625
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows XP visual スタイルを使用して、Microsoft Windows NT 4.0 ベースのサーバー上の共有に保存されているプログラムを起動しようとした場合、エラー メッセージが表示されます可能性があります。外部マニフェスト ファイル (.manifest 拡張子を持つファイルは、) を使用するプログラムがこの問題に発生します。グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を使用して、プログラムを起動しようとした場合、次のエラー メッセージが表示されます。
パラメーターが間違っています。
コマンド プロンプトからプログラムを起動しようとした場合、次のエラー メッセージが表示されます。
システムは、指定したプログラムを実行できません。
この問題は、汎用名前付け規則 (UNC) パスまたはマップされたネットワーク ドライブを使用して、プログラムを起動しようとするかどうかに発生します。Microsoft Windows 2000 ベースまたは Windows XP ベースのコンピューター上でファイルが保存されている場合、問題は発生しません。
原因
Windows XP が、外部のマニフェスト ファイルに関する情報を確認するのには Windows NT 4.0 (またはそれ以前のバージョン) がサポートされていない関数を使用するために発生します。
解決方法
この問題を解決するには、Windows XP 用の最新の service pack を入手します。詳細については、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
322389 Windows XP Service Pack の入手方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムは、次のファイル属性があります以降。
   Date         Time   Version      Size     File name   ------------------------------------------------------   11-Feb-2002  11:43  5.1.2600.28  898,048  Kernel32.dll				

回避策
この問題を回避するには、開発者が、マニフェストをリソースとして追加するのには、プログラム ファイルを再構築できます。マニフェストが、プログラム ファイル内のリソースとして含まれている場合、問題は発生しません。
状況
Microsoft では、これ問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は Windows XP Service Pack 1 で修正されました。
詳細
テーマの外観はウィンドウやコモン コントロールを使用するには、プログラムで Comctl32.dll バージョン 6 を使用する必要があります。これは、プログラムのマニフェストを使用して Microsoft プラットフォーム sdk で「を使用して Windows XP の視覚スタイル」トピックに記載されているとおり行われます。マニフェストは、プログラム ファイル内のリソースまたは外部ファイルが、拡張子は .manifest ですです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:316625 - 最終更新日: 01/12/2015 19:38:57 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbautohotfix kbhotfixserver kbqfe kbappcompatibility kbbug kbfix kbwinxpsp1fix kbmt KB316625 KbMtja
フィードバック