CTRL キーを押しながら P キーを押すのブラウザーの既定のアクションを防止することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3167077
概要
以降の Internet Explorer 9 では、Ctrl キーを押しながら P キーを押すキーの組み合わせをブラウザーの既定の動作を防ぐためにpreventDefault()またはstopPropagation()メソッドを使用できません。既定のアクションでは、[印刷] ダイアログ ボックスを開くです。

<b>このアクションは、標準モードでページが表示される場合にのみ適用されます。

このキーの組み合わせに異なるアクションをアタッチしようとすると、失敗し、既定のアクションが続きます。
詳細
次の例では、この動作を示します。

Internet Explorer を標準モードで実行する場合、次のコードでも、既定のアクション。

function handleKeyDown (oEvent) {  if (oEvent.keyCode == 80 && oEvent.ctrlKey ) {     if (oEvent.preventDefault)  oEvent.preventDefault();     if (oEvent.stopPropagation) oEvent.stopPropagation();    }}

ただし、IE5.5 の互換モードで Internet Explorer を実行する場合、次のコードを代わりに使用できます。

function handleKeyDown (oEvent) {  if (oEvent.keyCode == 80 && oEvent.ctrlKey ) {     // IE Quirks     oEvent.returnValue = false;     oEvent.keyCode = 0;     }}

注意事項:ブラウザーのドキュメント モードを変更すると、ページ レイアウトが悪影響を及ぼす影響を受けます。
状況
これは仕様による動作です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3167077 - 最終更新日: 09/28/2016 04:54:00 - リビジョン: 1.0

Internet Explorer 11, Windows Internet Explorer 10, Windows Internet Explorer 9

  • kbmt KB3167077 KbMtja
フィードバック