FIX 予期しないブロックやデッドロックをインストールした後は使用されなくなりました累積的な更新プログラム 6 SQL Server 2014 SP1 の

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3167394
現象
元にリリースされた、現在使用されていない累積的な更新プログラム 6 SQL Server 2014年の Service pack 1 (SP1) (ビルド番号 12.0.4449.0 をインストールすることを想定しています。KB 3144524) を実行している作業負荷のパターンは、選択の並列(...)WITHNOLOCK既定の SQL Server のロック ・ ベースの分離レベルまたは上位レベルの下。このような状況では、ブロッキングが発生するクエリまたはデッドロックが発生する場合があります。

このブロッキングの問題に公開されているパターンは次のとおりです。
  • 並列化された選択の (...) を実行します。テーブルから SourceTable ステートメントでは、[既定の SQL Server のロック ・ ベースの分離レベルまたはそれ以上具体的には、NOLOCK ヒントを使用します。このシナリオでは、SourceTable にアクセスしようとする他のクエリがブロックされます。
  • 別のトランザクションが並列化された選択の (...) を実行する 1 つのトランザクションが (テーブルの継続的な更新など) オブジェクトの排他ロックを保持する間にSourceTable、NOLOCK を使用してから次のようにヒントです。このシナリオでは、SourceTable にアクセスしようとする選択クエリがブロックされます。
インストールされている SQL Server の現在のバージョンを検索するには、次を参照してください。バージョン、エディション、および更新プログラムのレベルの SQL Server とそのコンポーネントを確認する方法.
解決方法
この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。


SQL Server 用の累積的な更新プログラムのバージョン情報
SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

状況
マイクロソフトでは、この問題を対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 マイクロソフトは、ソフトウェアの更新に使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3167394 - 最終更新日: 05/31/2016 15:57:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3167394 KbMtja
フィードバック