現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SharePoint Online におけるユーザー プロファイルの同期に関する情報

はじめに
本資料には、Active Directory (AD) Import と呼ばれる User Profile Active Directory Import タイマー ジョブに関する情報が記載されています。AD Import タイマー ジョブは Office 365 におけるユーザー同期の大規模パイプラインの一部です。
手順

Office 365 ユーザー同期のパイプライン

SharePoint Online では、AD Import を使用してユーザー プロファイル アプリケーションへユーザーおよびグループをインポートしています。AD Import により、SharePoint Online (SPO) ディレクトリ ストアからユーザー プロファイル アプリケーションへの変更が同期されます。このタイマー ジョブは SPO ディレクトリ ストアからの変更を要求し、同期用に構成されたユーザー プロファイル プロパティへ値をコピーします。AD Import では、Azure AD Connect で同期された Azure Active Directory (AAD) 属性の一部が同期されます。AD Import により同期されたプロファイル プロパティは再構成できません。

SPO user profile sync pipeline


本パイプラインにおけるプロセスの概要

Office 365 におけるユーザー同期パイプラインには 4 つのプロセスがあります。
同期プロセス説明
Azure AD ConnectAzure AD Connect では、ご利用のオンプレミス Active Directory から Azure Active Directory へデータを同期します。詳細については、「オンプレミス ID と Azure Active Directory の統合」を参照してください。
AAD から SPO SyncAzure Active Directory では、Azure Active Directory から SPO ディレクトリ ストアへデータを同期します。
AD ImportAD Import では、SPO ディレクトリ ストアからユーザー プロファイル アプリケーションへデータを同期します。
WSS SyncWSS Sync では、ユーザー プロファイル アプリケーションから SPO のサイト コレクションへデータを同期します。

AD Import で同期されるプロファイル プロパティ

AD Import では、以下の Azure Active Directory 属性がユーザー プロファイル アプリケーションへ同期されます。 
Azure Active Directory 属性SPO ユーザー プロファイル プロパティ 説明
UserPrincipalNameDisplayName: User Name
Name:
UserName
このプロパティ内の値は、ユーザーの One Drive for Business におけるサイト コレクションのパスを作成する際に使用します。

例:
gherrera@contoso.com および /gherrera_contoso_com/

WSS Sync により、このプロパティはサイト コレクションへレプリケートされます。
UserPrincipalNameDisplayName: Account name

Name: AccountName
このプロパティには、ユーザーのユーザー プリンシパル名 (UPN) がエンコードされた要求が格納されています。

例: i:0#.f|membership|gherrera@contoso.com

このプロパティはユーザー プロファイルを検索する際に使用します。
UserPrincipalNameDisplayName: Claim User Identifier

Name: SPS-ClaimID
このプロパティには、ユーザーのクレーム ID が格納されています。この ID が UPN となります。

例: gherrera@contoso.com
UserPrincipalNameDisplayName: User Principal Name

Name: SPS-UserPrincipalName
このプロパティには、ユーザーのユーザー プリンシパル名が格納されています。

例: gherrera@contoso.com
GivenNameDisplayName: First name

Name: FirstName
このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。

例: Gabriela
snDisplayName: Last name

Name: LastName
このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。

例: Herrara
ManagerDisplayName: Manager

Name: Manager
この Manager プロパティは同僚を指定する際に使用します。また、ユーザー プロファイルおよび One Drive for Business での削除処理時にも使用します。

詳細については、3042522 「SharePoint Online および OneDrive for Business でのユーザー プロファイルの削除方法」を参照してください。
DisplayNameDisplayName: Name

Name: PreferredName
このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。

例: Gabriela Herrara
telephoneNumberDisplayName: Work phone

Name: WorkPhone
このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。

例: (123) 456-7890
proxyAddressesDisplayName: Work email

Name: WorkEmail
プロファイルへ追加されている場合は以下の処理に従います。
  • SMTP:” が付いている場合、WorkEmail です (必ず大文字にします)。
  • smtp:” が付いている場合、WorkEmail です (必ず小文字にします)。

このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。
例: gherrera@contoso.com
ProxyAddressesDisplayName: SIP Address

Name: SPS-SIPAddress
プロキシ アドレス値の接頭文字として “sip:.” が付いている場合、SPS-SIPAddress です。

このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。
PhysicalDeliveryOfficeNameDisplayName: Office

Name: Office
このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。
TitleDisplayName: Title

Name: Title
このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。
TitleDisplayName: Job Title

Name: SPS-JobTitle
SPS-JobTitle には Title と同じ値が含まれています。SPS-JobTitle は用語セットに接続しています。

このプロパティはサイト コレクションへレプリケートされません。
DepartmentDisplayName: Department

Name: Department
このプロパティは、WSS Sync によりサイト コレクションへレプリケートされます。
DepartmentDisplayName: Department

Name: SPS-Department
SPS-Department には Department と同じ値が含まれます。SPS-Department は用語セットに接続しています。

このプロパティはサイト コレクションへレプリケートされません。
WWWHomePageDisplayName: Public site redirect

Name: PublicSiteRedirect
PreferredLanguageDisplayName: Language Preferences

Name: SPS-MUILanguages
SPS-MUILangauges は、SPO において多言語ユーザー インターフェイス (MUI) が有効となっている場合に、ユーザーに表示するサイトの言語を指定する際に使用します。
msExchHideFromAddressListDisplayName: SPS-HideFromAddressLists

Name: SPS-HideFromAddressLists
msExchRecipientTypeDetailsDisplayName: SPS-RecipientTypeDetails

Name: SPS-RecipientTypeDetails
ObjectGuidDisplayName: Active Directory Id

Name: ADGuid
内部使用。
DistinguishedNameDisplayName: Distinguished Name

Name: SPS-DistinguishedName
内部使用。
ObjectIdDisplayName: msonline-ObjectId

Name: msOnline-ObjectId
内部使用。
UserTypeDisplayName: SPS-UserType

Name: SPS-UserType
内部使用。

追加情報

よく寄せられる質問 (FAQ)

Q1.ユーザー プロファイル アプリケーションにおいて変更が確認できるのはいつからでしょうか?

A1.
 AD Import では SPO ディレクトリからの変更を同期しています。変更はバッチ内で処理され、このタイマー ジョブは、SPO ディレクトリからユーザー プロファイル アプリケーションへの変更が完了するまで実行されます。タイマー ジョブの処理量は、AD Import ジョブの処理により施される変更の数によって異なります。変更が多い場合はタイマー ジョブの処理量も増加し、ユーザー プロファイル アプリケーションに変更が反映されるまでの時間も通常より長くなります。タイマー ジョブの処理量が少ない場合、ユーザー プロファイル アプリケーションにはより早く変更が反映されます。

AD Import はユーザー同期が完了するまでに非常に時間がかかる同期の 1 つです。AD Import タイマー ジョブでは、引き続き SPO ディレクトリからの変更を処理中です。AD Import 処理により、SharePoint Online サーバー ファーム内のテナントが変更されます。

サービス レベル アグリーメント (SLA) によると、SPO ディレクトリに登録されているユーザーにおける変更点は、24 時間以内にユーザー プロファイル アプリケーションへ反映されます。この 24 時間という時間は、一般条件下において、ユーザー プロファイル アプリケーションへ変更を同期する際にかかる時間として、ユーザーが許容範囲として認識する最大時間です。詳細については、「SharePoint 管理センターから SharePoint Online ユーザー プロファイルを管理する」を参照してください。

Q2. AD Import 同期では、SharePoint Online のユーザー プロファイルのプロパティが常に上書きされていますか?

A2.
 AD Import により同期されたプロパティは、Azure Active Directory の値で上書きされていると想定されています。

Q3.  AD Import では、変更されたプロパティのみが更新されるのですか?

A3.
 AD Import はアップストリームで発生する変更により主に実行されますが、この処理にはフル インポートの実行が必要になる場合があります。また、AD Import によりテナントまたはユーザーのすべてのプロパティを同期することが可能です。

Q4.  AD Import に追加プロパティをマッピングし、Azure Active Directory からユーザー プロファイル アプリケーションへ同期できないのはなぜですか?

A4.
 AD Import では、タイマー ジョブの一貫したパフォーマンスを保証するためにプロパティの事前設定が制限されています。


その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3168272 - 最終更新日: 06/09/2016 09:05:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office SharePoint Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB3168272
フィードバック